テーマ:書籍

エントリーモデルの「Kindle」が薄く軽く。ただし解像度は167ppiのまま。

Amazonの「欲しいものリスト」にKindle Paperwhiteを追加して数ヶ月・・・のトビフシコです。エントリーモデルの「Kindle」がアップデートされてしまいましたよ。7月20日発売予定で予約受付中。 新型は11%薄く、16%軽くなり、現行ラインナップでは泣く子も黙るKindle Oasisの131gに次ぐ161g…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

蔵書の増加抑止に「Kindle Paperwhite」の購入を本気で検討ちう。

家屋の解体だのリフォームだのでバタバタしているトビフシコです。諸事情により倉庫代わりのスペースが生まれたのですが、そこへ運び始めた荷物の中でも本の多さに我ながらゾっとしまして・・・Kindle Paperwhiteを買おうかどうしようか本気で悩んでおります。何度も同じセリフを聞いた気がしますか? それは気のせいです。 時折ぼやいて…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

小松左京「復活の日」を読みたくなる昨今の情勢・・・あれ、買っていなかった?

めっきり時事ネタが減ったのは、あえて避けているわけではなくて著しく疎い状況が続いているからです。 そんなダメすぎるトビの耳にも入るエボラ出血熱の感染拡大で思い出さずにはいられないSF作品こそ「復活の日(ウィキペディア)」ですよ、奥さん。 今調べてぶったまげたことに、小松左京氏が上梓したは1964年ですと! せいぜい70年代だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最も長く購読した「MacPeople」誌が休刊とな。残念と止むなしの気持ちが交錯。

『iPhone+iPad FAN (^_^)v: 「MacPeople」が休刊!! 次号が最終号に...』ほかで報じられていますが、まっぴーことMacPeopleが遂に休刊となるそうです。 まっぴーについては以前希望したとおり、「開発ネタを毎号扱う雑誌」への転換が実現するかと期待した矢先のことですから、あまりに唐突でビック…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ひっそりと、Mac Fan 2014年8月号をもって「Mac不安ちゃん」連載終了。

残念ですねー、MacPeople派だったトビも頻繁に立ち読(以下自主規制)・・・今号のMac Fanをもって「Mac不安ちゃん」の連載が終了するそうな。ついでに最長寿クラスの「Macな人」も終了。 不満パパ最後の無駄遣いがベタすぎて不満なのと、不安ちゃん終了後のMac Fan誌売り上げが超不安ではありますけれど、冬の時代で…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

森山大道写真集「記録」の電子書籍版と紙の本を比較する。やはり迫力が・・・。

先日『ひとまずよくやった!森山大道の薄い写真集「記録」全冊がiBookstoreほかで配信開始。』でお伝えした続きです。トビは「記録14号(Amazon)」の紙の本を持っており、iBookstoreでは同書のサンプルが無料でダウンロードできるので、両者を比較してみました。 なお、掲載する画像について著作権を侵害する意図は毛頭ござい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ひとまずよくやった!森山大道の薄い写真集「記録」全冊がiBookstoreほかで配信開始。

デジカメWatch『森山大道氏の私家版写真誌「記録」全シリーズが電子書籍化』で知りました、写真家・森山大道の薄い写真集「記録」シリーズが電子書籍として流通するそうですよ、奥さん。 iBookstoreではすでに流通しています、早いっ↑ iBookstoreでの価格は、「記録 第1-5号 完全復刻版」が1,600円、6…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

週アス8/6号の付録「超ぷくぷくスマホ防水ポーチ」を実戦投入。おおむね良好で満足じゃ。

< 今年初の目を開けていられない滝の汗に打たれた気分=である調 > ああ、ちゃっかり買っていたとも、スマートフォン向け防水ケース「超ぷくぷくスマホ防水ポーチPLUS」が付録の週刊アスキー 2013年8/6増刊号を。 付録目当てで雑誌を買うなんて超久しぶり。MacPeopleを止めて以来、雑誌を買うのも久しぶり。Ama…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Mac Fan誌の人気連載漫画「Mac不安ちゃん」の電子書籍がiBookstoreに登場だぜぇ。

< トビフシコの肩こり悪化により低品質・低画質・低労力モードで絶賛更新中!! > 表題のとおりじゃ、よきにはからえ。 「Mac不安ちゃん(iBookstore)」がiBookstore降臨。 リアル本が998円なのに対して、iBookstoreの電子書籍は350円。立ち読みのうろ覚えで恐縮だが、最新号の同誌では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

開発者、米谷美久氏の著す「「オリンパス・ペン」の挑戦」を読む。要は「なんだ、ただの天才か」。

今日もPEN Fを片手に隣町へ行ってきたトビフシコです。さすがの異容に老若問わず二度見されることが少なからずあって、こっ恥ずかしいかぎりですヨ。ま、世の中にはバケペンとやらでスナップする人もいるそうだし、アレよりはマシだと思いながら簡単に減らないフィルムと格闘しておりました。 そんなハーフ判の元祖を作った開発者が著書を出していると…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国内の「iBookstore」が本格始動で胸躍るはずなのに・・・iPadで本が読めねぃ。

昨日はAppleの電子書籍ストア「iBookstore」にまとまった数の和書、漫画が追加され、日本国内サービスの本格始動(INTERNET Watch)と相成ったようですねー。 iBookstoreへは「iBooks(App Store)」Appをインストールして、「Store」ボタンをタップします。 音楽や映画など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「超iPadバカ」を読む。充実した内容だがクリエイティブな活用に関する記述がない。

連日iPadの話ばかりで申し訳ありませんことよ。MacBook Airのレビューと見せかけて、その実iPad万歳ストーリーへ落ち着いたことに罪悪感を覚えるトビフシコですことよ。 さて、iPad初心者の私が手に取った一冊をご紹介。 「超iPadバカ 2000種類のアプリをためした男のすごい活用術(Amazon)」↑ タ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

森山大道の伝説本3冊セット復刊「DAIDO BOX」が想像を絶する12万円なり。

森山大道氏のファンであるトビでさえ「バカじゃないですか」と唸ってしまったトンデモ写真集が発売されるそうです。講談社の放つ、その名も「DAIDO BOX」。 今では大変なプレミアが付いてしまった「にっぽん劇場写真帖」、「狩人」、「写真よさようなら」の3冊を、内容や装丁は言うに及ばず当時の紙質や印刷クオリティまで忠実に再現した復刻版。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年ぶりに「MacPeople 2012年9月号」を購入。ロードテストが復活していた。

まっぴーまっぴーまぴまっぴー。OS X Mountain Lionのリリース記念といたしまして、1年ぶりに「MacPeople 2012年9月号」を購入したトビフシコですっ。 MacPeople一冊を買うのにこれほどまで悩んだことはありません。でも、OS X Lion特集以来ですし、Mac OSのメジャーバージョンアップの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の科学、次号は「V型2気筒蒸気エンジン」だっ。

毎度そそられるネタで恐縮しますのトビフシコです。私が恐縮したところで学研さんにただちに影響が出るものではありません。 そんな大人の科学次号(vol.35)は「V型2気筒蒸気エンジン」。7月下旬発売予定でござーい。 もうね、レシプロエンジンは男の浪漫ですヨ。直線運動を回転運動に変換するので効率は悪いはずですが、ロータリ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「超ひも理論への招待」を読む。難しすぎるが面白くて読み返したくなる。

にわかに科学づいているトビフシコです、こんばんは。ブログ用のネタは尽きねど、ある本に取り憑かれて放ったらかし、すんませんすんません。 図書館で借りてきた夏梅誠著「超ひも理論への招待」です↑ 私の名誉のために一言断らせてください。本書を借りたのは、ヒッグス粒子騒ぎの前ですヨ。 9割がた読み終わりましたが、3割ほどしか理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンピュータ誕生の歴史秘話「エニアック」を読む。ものすごく大事なことを理解した・・かも。

昨日は野良仕事で、大した作業でもないのにへばっていたトビフシコです。それだけでは更新しなかった言い訳として弱いので、読書もしておりました。図書館で借りた「エニアック - 世界最初のコンピュータ開発秘話(Amazon)」です。 当ブログに訪れてくださる人の中で、ENIACを知らない方は少ないと思われます。義務教育でも習ったような・・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

池井戸潤「下町ロケット」読了。就職・就活の時期にこそ読んでほしい一冊。

キヨミィズダイアリィ@生きてますのkiyomiさん一押しの池井戸潤著「下町ロケット」をようやく図書館で借りることができ、一気に読み終えました(つーかね、買うべきでしょ)。我ながら情けないことに、途中から目頭を熱くしながら、ついセリフを声に出して読んでしまいましたヨ。 物語ですから、はっきりいって出来すぎた話です。「そんな企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の科学、今度は「卓上ロボット掃除機」。ルンバもどきが2,940円なり。

みんな大好き「大人の科学」、vol.33はなんとあのルンバのような「卓上ロボット掃除機」なりっ。 うおぉぉ、欲しい、欲しいぞっ。どう「科学」なのかといいますと、動力ひとつから様々な動作を派生させる「歯車の力」が科学なんですねー。トビが説明書(PDF)を斜め読みした限りでは、電子的な制御チップが使われていない模様。からくり人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公式ムック「リコー GR DIGITAL IV パーフェクトガイド」が本日発売。

他のコンパクトデジカメとちょっと違うGR DIGITALシリーズの象徴ともいえそうなのが、初代から続くムック本の発刊。その中心的存在である「パーフェクトガイド」シリーズの最新刊「リコー GR DIGITAL IV パーフェクトガイド」が本日発売となりました。 不思議なことに、トビの持っている「GR DIGITAL III …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍オーサリングソフト「iBooks Author」登場。

昨夜のスペシャルイベントをベッドの中で見ていたトビフシコです。テキストと画像のライブカバレッジでしたが、本日iTunes Storeにて「Apple Keynotes」ビデオPodcastが配信されています。 昨日の無責任な予感が当たって、電子書籍(というより教科書?)をオーサリングするツールがMac App Storeで誰でも入…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

また古本、「PowerBook大改造計画VOL.1、2」を購入。マニアックすぎて困る。

オールドMac趣味は勢いがついたら慣性で突き進むのみ、ということで以前紹介した「PowerBook 2400c パーフェクトガイド」に引き続き、「PowerBook大改造計画 VOL.1(Amazon)」と「PowerBook大改造計画 2(同)」の古本を入手しましたヨ。 これらはPowerBookのユーザグループであるP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急転直下、公認伝記下巻「スティーブ・ジョブズ II」を無事入手。店頭在庫も。

昨晩『公認伝記の下巻「スティーブ・ジョブズ II」を買い逃がす。売れすぎて困る。』とぼやいてから急転直下、今日の昼過ぎに地元の書店から入荷連絡を貰いましたヨ。 先ほど図書館からの帰りに書店へ寄り、公認伝記の下巻「スティーブ・ジョブズ II」を無事ゲットしました。 昨日は入荷無しと言われたものの、とりあえず次回入荷の予…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

公認伝記の下巻「スティーブ・ジョブズ II」を買い逃がす。売れすぎて困る。

『ジョブズ公認伝記「スティーブ・ジョブズ 1」を購入。』にて予約ゲットした公認伝記の下巻「スティーブ・ジョブズ II」を見事に買い逃してしまいました、トホホホ。 また書店への入荷日が1日ずれたのでしょうか、地元の小さな書店では予約している方も明日手にされるそうで、その方の分を除いて入荷はナシ。なんてこったい! 市内の大型書店…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジョブズ公認伝記「スティーブ・ジョブズ 1」を購入。

ジョブズ氏公認の伝記、講談社の「スティーブ・ジョブズ 1」を購入しましたヨ。 講談社のサイトでは発売日が10月24日となっているのですが、昨日予約していた書店から発売が1日延びたと聞いたため、本日の入手と相成りました。なお、店頭には並んでいませんでした。 本を予約購入するなんてトビにとっては異例の事態なんですけれど、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Mac Fan臨時増刊号「追悼 スティーブ・ジョブズ」を購入。

手元に残る記念の書籍として「Mac Fan 2011/12臨時増刊号 追悼 スティーブ・ジョブズ」を買ってきました。 同日、アスキーからも「Mac People12月号増刊 CEOスティーブ・ジョブズ」が発売されています。 どちらも緊急出版でして、過去記事の焼き直しがメインとなってしまうため、MacPeopleを読み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーナー必携のバイブル「PowerBook 2400c パーフェクトガイド」を入手。

先の『PowerBook 2400cに似非SSDを搭載、内蔵電池を交換するの巻。まとめ。』でのCF-IDE変換ボードと同時に「PowerBook 2400c パーフェクトガイド」の古本を入手しました。 1998年8月10日初版発行のため、PowerBook 2400c 180MHz(開発コード名:Comet)の後継機である…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

電子書籍「Cheetah3D HandBook Basic編」を購入。70ページの力作。

先日の記事『Cheetah3Dの入門電子書籍「Cheetah3D HandBook Basic編」が登場。』でご紹介しましたimatakeさんの著作「Cheetah3D HandBook Basic編」を遅ればせながら購入しました。 総ページ数70の力作で、わかりやすいスクリーンショットがふんだんに使われています。これから…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more