テーマ:Mac mini

遅さを感じるMac mini 2014、First Aidで問題発覚、修復するも……。

所用でバタバタしています。最近というかMojaveに上げて以降、Mac mini(Late 2014)の遅さが気になるレベルになっていました。すでに購入から5年目ですかぁ、まだまだ新しいつもりだったのに……いやだって去年の今ごろは現行機種だったんですよっ。 特にストレージ周り(2.5インチSSD)に関わりそうなFinderの表示や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Apple WatchでMac miniのロックが解除できた。ポイントは……xx共有。

昨日、小一時間ピンバイスを回し続けたらアクティビティのエクササイズリングが完成しました。たしかに指がつりそうになりましたが、Apple Watchはどーゆー運動と勘違いしたのでしょう。 それはさておき、Apple WatchでMacのロックが解除できることを知っていたものの、自分の環境ではうまく機能していなかったんですよ。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Mac mini(2018)のRAM交換はロジックボードの引き出し必須だが、山場は簡単に。

今回はiFixit以外の各所で同様の記事が上がっており、メモリ交換の欲求がいかに高かったかを物語っていますネっ。『Mac mini Late 2018 Memory Replacement - iFixit Repair Guide』ということで、ユーザがMac mini(2018)のメモリを自分で交換する際の手順が詳しく紹介されていま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

シリーズ存続だけでも嬉しいのに、まさかのSO-DIMMを採用した「Mac mini(2018)」。

スペースグレイの筐体をまとった4年越しの新型Mac mini。極私的フィルターを外しても絶賛の声しか聞こえてきませんネっ。そりゃMac miniを愛する方にとっては、シリーズ存続だけでもありがたいニュースなのです、ハイ。 今回私の予測を超越した点が、SO-DIMMスロット2基の復活↑ 要するに、購入後もRAMの増設ができるわけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

未だ現行機種……「Mac mini」発売から4年。現在もHaswellが生産されているのか?

トビも発売後ほどなくして購入しましたから、マイ「Mac mini(Late 2014)」も今月で4年経ちます。『「Mac mini」、モデルチェンジがないまま丸4年が経過 | 気になる、記になる…』とのことで、Mac Proに続く記録を更新し続けておりますよっ。あれの2017年マイナーアップデートを新型と捉えた場合は、完全無欠のワースト…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

macOS Mojaveの「iPhoneから読み込む」が機能しない。そもそもAirDropが……。

昨日の冒頭で触れたように、自分の環境によって使うことができない新機能をご報告します。正確には「機能しない」ものと「使い物にならない」ものがありまして、今回の記事は前者。 iPhoneがスキャナ代わりになる「連携カメラ(Continuity Camera)」は、iOSデバイスとMacのハードウェア同士が直接的に連携して新たな利用場面…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

非RetinaのMacでMojaveのフォントが見辛い。コマンド1行で旧アンチエイリアス処理に戻す。

『macOS 10.14 Mojaveではフォントのサブピクセル・アンチエイリアス処理が変更されカラーフリンジがなくなるため、非RetinaディスプレイのMacに大きく影響。 | AAPL Ch.』とのことで、目の悪い私でもmacOS Mojaveへアップグレードした直後に気づくくらいです。Mac miniにフルHD解像度のDELL液晶…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

SierraのMac miniを「macOS Mojave」にアップグレード。MASのUIに面食らう

「勇猛果敢」以外の表現はお断りするとして、メインのMac mini(Late 2014)に「macOS Mojave」を入れましたよっ。 アップデート作業と、完了後の初回Time Machineバックアップにえらく時間がかかりました。内蔵2.5インチSSDのフォーマットがHFS+からAPFSに変わっており、これが原因かもしれま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ひとまずご報告。台風21号による停電、今日の0時過ぎに復旧!

Twitterにて現状を細々とお伝えしていましたが、今日の0時10分頃に無事電気が復旧しました、ヤレヤレ。 9月4日の13時40分頃に停電し、Mac miniもその瞬間に落ちて以来の起動です。このへんがディスプレイ一体かつUPSにもなるバッテリー搭載のノート型マシンに劣るポイントなんですよねぇ。 自分の区域はかなり復旧の遅れ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「プロ向け Mac mini」はG4 Cubeの(悪)夢を見るか? 内部拡張性には期待できない……。

タイトルに意味はなく、私が書いてみたかっただけです。『Apple、今秋に低価格の新型「MacBook」に加え、プロユーザー向けの「Mac mini」を発売か | 気になる、記になる…』とのことで、無用な期待をあおるMac miniの噂ネタはあまり扱わないようにしているのですが、プロユーザをターゲットにするとかなんとか言うもんですから。 …
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

ダイソー324円「USBミニスピーカー」でMac miniの音環境を「レベルアップ」する。

こだわるモノとそうでないモノの差が激しいトビですが、後者の典型例といえるMacの音環境を少しレベルアップしましたヨ。ダイソーのスピーカーでレベルアップとは噴飯ものに聞こえるかもしれません。 スピーカーを内蔵しないDellのディスプレイを買ってから、一時しのぎのつもりで今日まで使ってきたJVC SP-A130↑ これもスーパーの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Mac miniはSierraのまま。X230をIPS化。MYSTがiOS 11対応に。

< 多忙により低品質・低画質・低労力モードで絶賛更新中!! > 今秋は近年稀にみる晴れの少なさですねぇ。iPhone Xの予約が始まり、11月3日発売ですか。まだスペシャルイベントの動画を観ていないトビですが(え?)、店頭展示機くらいは触りたいものです。 あいかわらずメインのMac mini(Late 2014)はmacOS…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Mac miniのHDMIポートは「バスパワーHDMI切替器」を正常に動作させられないことが確定。

HDMI入力を標準装備したDell P2417Hディスプレイによる実験の結果、前から悩んでいた珍現象が確定しましたのでご報告。先代の三菱 RDT193WMはHDMIをDVIに変換する不確定要素が挟まっていたため、結論を出すのが時期尚早と思いまして。 2つしかない三菱の入力端子を増やすため、BUFFALOのバスパワーHDMI切替…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

現行Mac mini(Late 2014)が発売されてから1,000日経過とな。もしかしてすでに…。

いやはやトビは現行モデルのユーザなんですよぉ。『「Mac mini」、モデルチェンジがないまま1,000日経過 | 気になる、記になる…』ということで、ここまでくると悲劇ですね。 登場時に失笑を買ったキャッチコピー、今となっては「本当にとてつもなかった」んだと感心しきり↑ 世間的にはMac Proのほうが深刻と思われてい…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

ボタン割り当てに成功したBluetooth接続のExpertMouse ワイヤレス、つづき。

昨日の続きです。 まず、途中からApple Mouseに改名された有線のMighty Mouseでもボタンの割り当て設定ができましたヨ。 すでにワイヤレス Mighty Mouseを繋いでいたトビの環境だから、という可能性は低いと思いますたぶんメイビー。また「マウスの初期設定ファイルを書き換えれば済む話では?」とのコメン…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Bluetooth接続したExpertMouse ワイヤレス、ボタン割り当ての変更に成功。

『Macで「ExpertMouse 7 ワイヤレス」をBluetooth接続。OS標準ドライバだが…』以来、ExpertMouse 7 ワイヤレス(以下EM7w)をBluetooth接続で使い続けてきたトビフシコです。たしかに動作が自然とはいえ大きな差があるわけでもなく、ケンジントン純正ドライバに戻したってかまわないんですよ。ただ、US…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

Anker USB 3.0ハブの筐体裏に銅箔テープを貼って、電磁波のシールドを試みる。

配置を変えたり、ケーブルを変えたりしてノイズ対策に苦労したAnkerの「7ポート USB 3.0 ハブ(Amazon)」。あれ以来、Mac mini冬仕様ではさほど大きな問題ともならず過ごすことができました。どうもMagic Mouseほか一部機器の接続が非常にシビアな様子で、ExpertMouse ワイヤレスのBluetooth接続は…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

Macで「ExpertMouse 7 ワイヤレス」をBluetooth接続。OS標準ドライバだが…

BluetoothとUSBレシーバによる2系統のワイヤレス接続を備えた「ExpertMouse 7 ワイヤレストラックボール」ですが、厄介なことにMacで使う場合はUSBレシーバ接続でのみ純正ドライバが機能するという片手落ちの仕様なのです。よってトビは、購入時よりMac miniにUSBレシーバを挿して使ってきました。 しかし、ひ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

「ExpertMouse 7 ワイヤレス」のスクロールリングは他の操作部材に比べてかなり……微妙。

前の感想から1週間経ち、日常的な操作には十分慣れたつもりのExpertMouse 7 ワイヤレストラックボール。それでも若干のひっかかり(複数の意味で)を残す箇所がありまして、 ボールの縁に配されたスクロールリング↑ どうもトビとは相性がイマイチな感じなのです。 まず、購入直後の操作感は非常にマズい状態でした。個体差が大きい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「USB-Cが数ポートだけ」時代の Mac mini はどーなる?

未だに現行機種となっているトビのMac mini(Late 2014)。精神衛生上はたいへんよろしいものの、そろそろ新型が登場したって心にゆとりを持って受け入れられますよ。 新型ポータブルMacの外部ポートが、ことごとくThunderbolt 3対応USB Type-C(USB-C)ポートのみに集約されました。当然ながらデスクトッ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Logicool M570tを使って3ヶ月あまり。トラックボールのメリット・デメリットを列挙。

トビの初トラックボールとなるロジクール M570tを使い始めて3ヶ月以上が経ちました。ここらでトラックボールのメリット・デメリットをまとめておきますね。あくまで初期段階の感想の記録と捉えていただければ幸いです。また、M570t特有の事柄とトラックボール全般の事柄がごちゃ混ぜになっている点もご了承くださいませ。 まずはメリットから。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

無線LAN子機「GW-450D KATANA」のmacOS Sierra対応版が公開されていた。

無理やり手動でインストールしてからさほど不都合もなく使ってきたPlanexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」。今日になってふと思い出し、macOS Sierra 10.12対応ドライバが配布されていないかPlanexのサイトを確認したところ、 バッチリ出ていますねー↑ とはいえ登録日が、Sierraリリースより3ヶ月…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

M570tのボール回転がすぐに渋くなる。やはり乾燥肌とトラックボールの相性はイマイチなのか?

元旦のIllustratorによる画像はロジクール M570tで線を引きました。マウスと比べてスピードはまだ及ばぬものの、ポイントを置く精度はむしろトラックボールのほうが上回っているのではないでしょうか。「スピードが遅いぶん当然だろ」などと野暮を言っちゃいけませんぜ。 まぁ、それほど気に入っているわけですが、困った点がひとつ。年末…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラックボールM570tのボールを外して清掃。ボール式マウスより簡単で劇的変化。

トビの初トラックボールとなるロジクール M570tを使い始めて40日以上が経過しました。そろそろトラックボールならではのメンテナンスをせねばと思い立ち、裏の穴からボールを押し出して…… ドクロの眼窩ちゃうボール受けの清掃を行います。3つある支持球の付近にゴミが固まって付着しているのがよくわかりますね↑ なお、支持球の質感を見…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

AmazonベーシックのUSB 3.0ケーブルで電波干渉の低減を図るも……。

Mac mini冬仕様快適環境計画にて、とある問題が再燃しました。Ankerの「7ポート USB 3.0 ハブ(Amazon)」とMac mini本体をどう頑張っても5cm以上離すことができず、Bluetoothが電波干渉によって著しく影響を受けることとなったのです。 本件は計画初期段階から危惧していて、「5cm」もなんとか頑張っ…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

macOS SierraでApple Remoteを使おうとするとSiriのダイアログが必ず現れる。

先日、Mac miniをmacOS Sierraにアップグレードして以来初めてApple Remoteを使おうとしたトビフシコです。 持っているのは、MacBook黒(Late 2007)付属のプラスチック製↑ 初期のモデルですね。 El Capitanまでは普通に利用することができました。主にDVDビデオの視聴に用いており…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

親指トラックボールと利き手の罠。M570tはトラックパッドと同じく指先の繊細さが要。

前回わずかに触れた悲しいお知らせの詳細です。 ウィキペディアによればまさしくクロスドミナンスに該当するトビ。他人に見られやすい箸や筆記などは矯正されて右手を使い続けています。えぇ、魚を食べるのに時間がかかりますし、いくら練習してもわりと実直なミミズののたくった字以上には上達しません。 Windows 95のPC9821でパソ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Logicool純正ドライバがイマイチなので大昔の傑作ユーティリティソフトを久しぶりに導入。

本題に入る前に悲しいお知らせです。このままM570tを使い続けるのが難しいほど、気付くべきではないことに気づいてしまったトビフシコです。もうね、Windows 10と並ぶ2016年の極私的大失敗に終わる予感しかせずショックですよ。もちっと冷静に見極めたいところですが、まぁ現時点で挙げられるヒントはApple Watchの記事ですかね。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Logicoolのトラックボール「M570t」を選んだ理由。未知への一歩は定番品で。

親指で青い玉を転がしながら悦に入っているトビフシコです。わりと真面目な話、トラックボールの魅力ってそこですよね、ねっ? 即席のパームレストを装着した図↑ 最近エレコムがトラックボールの新製品を積極的に投入してにわかに活気づいている感があり、本機の購入に至る後押しとなったことは確かです。そんな、一時よりは選択肢の増えたトラックボールの…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

禁断の入力デバイス? 無線トラックボール「Logicool M570t」を使い始める。

現在、Mac miniの環境をいろいろ見直しているトビフシコです。まぁ冬仕様に変えたいだけですが、どうせなら一年を通して使えるものをと検討しています。 その一環として、ずっと試したかったLogicoolのトラックボール「M570t」を入手しました↑ Amazonだと、誰でも利用できるクーポンを使えば4,000円ちょいで買うことがで…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more