テーマ:MacBook Pro

アルミ製フリップスタンドによる机のキズ防止に、カバーテープとスポンジシールを貼る。

アルミ製ゆえ机の天板が傷つく可能性に言及した「Baseus 折りたたみスタンド」ですが、ひとまず手持ちの資材で対策してみました。 まず、短冊に切ったニチバン カバーテープをフリップ部両端の裏から表へぐるっと貼ります↑ 図書館本の表紙保護などで使われているように厚手で強度・透明度が高く、我が工作の必需品でもあります。擦り切れたら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイピングの一助を目論み……「Baseus アルミ製折りたたみスタンド」をMacBook Proの裏面に貼る。

1年経過レビューを含め、13インチMacBook Pro(2019)1.4GHzの話題はバタフライキーボードに終始するといっても過言ではありません。つーかそれ以外に語ることが無いんかい!と怒られそうですが。 で、因縁のキーボードを長時間叩くときはメーカーの推奨する正しい使い方からかけ離れたトンデモ法を編み出して、ごくわずかでも快適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

USB-C to USB-A変換ケーブルでバスパワー機器の動作が不安定なときは、多機能ハブ経由で繋ぐと回避可能な場…

小ネタです。USB-C(Thunderbolt 3)2ポートのMacBook Pro(2019)にA端子のUSB 3.0 外付け2.5インチHDDを接続する際、当初はUSB-C to USB-A 変換ケーブルを使っておりました↓ ところが、勝手にアンマウントされる現象がランダムに発生。調べると似た事象がいくつか見つかります。ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13インチMacBook Pro(2019)1.4GHz購入から1年。キートップのテカりが非常に早く訪れたバタフラ…

先月末で整備済13インチMacBook Pro(2019)1.4GHz購入から1年が経ちました。 この間にApple Siliconへの移行が発表され、M1 Macの販売すら始まってしまい、状況は一変。本機の経過レビューを期待する方など、もはや皆無に近いことでしょう。 とはいえ我が家最新・最速機だけあって、Big Sur…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「macOS Big Sur」リリース、バージョン番号は11.0.1。ひとまず大きな変化を体感できるUI刷新。

本日「macOS Big Sur」がリリースされました。さっそくCatalinaのMacBook Proをアップグレードしましたヨっ。 いきなりバージョン番号が11.0.1となっています↑ 初回リリース時にマイナーバージョンが上がっていた前例があったかどうか、ちょっと覚えていません。インストーラのサイズは12GB強。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいMacBook Air、Mac mini、MacBook Pro 13は全て同じ「Apple M1」搭載、冷…

今秋最後のApple Eventにて、待望のApple Silicon Macが発表されました。 書きたいことが多すぎて困るのですけれど、今回登場したMacBook Air・Mac mini・MacBook Pro 13インチは全て同じスペックのApple M1チップ搭載と相成りました。厳密にいえば、Air下位機種に限りGPU…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

13インチ MacBook Pro(2019)にて「バッテリーは充電できません」の表示。バッテリー温度上昇が原因か?

スクリーンショットを取り損ねましたが、13インチ MacBook Pro 1.4GHz(2019)のバッテリー状況に「バッテリーは充電できません」などというステータスが登場しました。えぇ、こんなの初見です。 純正電源アダプタを繋いだまま、軽負荷で数時間使っていたのですよ。作業を終えて充電ケーブルを外そうとしたときに気付きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13インチ MacBook Pro(2019)のCaps Lockキーをescに変更する。物理キー化したものの……。

私にはバタフライ構造よりも深刻な「Touch Bar内のescキー」問題、消極的ながら他の物理キーと入れ替えてみることにしました。 あいかわらずTouch BarにDockを表示する「Pock」を使い続けており、escキーの位置が右に寄ってしまうのも辛いところです↑ そこで、「システム環境設定 > キーボード …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10世代(Ice Lake)搭載MacとFinal Cut Pro Xの相性問題について、未だAppleからの告…

昔のAppleなら許された……などというふざけた話じゃありません。第一Intel Mac以降の、ユーザ層が顕著に広がっている今、過去の横暴が通用しないことなどApple自身がよくわかっているでしょう。私が知ったのは6月半ばか下旬だったでしょうか、Mac系サイトやAppleサポートディスカッションでも議論されているとおり、13インチ Ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリープ運用が常態化したMacBook Pro(2019)、16日間も再起動すらせず使い続ける……。

10日前の話ですが、ここ数日MacBook Pro(2019)の電源を切った覚えがないことに気づきました。 そこでシステム情報を確認すると……マジっすか↑ 6月4日に電源を入れてから20日に至るまで、シャットダウンはおろか再起動すらしていなかったわけです(電源投入自己テストは再起動でも日付が更新されます)。 まず、自身の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

T2チップ搭載ポータブルMacの「SMCリセット」手順がややこしい。

備忘録を兼ねて記事にしておきます。先日、T2チップ搭載Macの起動時ショートカットをチェックしたんですね。NVRAM(旧PRAM)リセット・Apple Diagnostics(旧Apple Hardware Test)・セーフモード・リカバリモード・シングルユーザモードなどは概ね従来と同じようです。 問題は……SMCリセット(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「macOS Big Sur」のSafariパフォーマンステストは13インチMacBook Pro 1.4GHzが…

タイトルどおりでそれ以上でも以下でもありません。 「macOS Big Sur」紹介ページのSafariに関する箇所で、パフォーマンス向上とエネルギー効率改善の比較があります↑ 頻繁にアクセスするサイトの読み込みがChromeより平均50%速く、一度の充電でChromeやFirefoxよりストリーミング動画なら最大3時間、ブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう値上げ?13インチMacBook Pro(2020)エントリー機の「16GB RAM」オプションが2万円に……。

検討していた方には寝耳に水もいいところでしょう。『Apple、「MacBook Pro 13インチ (2020)」のエントリーモデルのRAMのアップグレード価格を値上げ | 気になる、記になる…』とのことで、8GBから16GB RAMに増量するCTOオプションが1万円から2万円に値上げされました。 16GB RAMにカスタマイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBookシリーズの「バッテリーの状態管理機能」を有効にしても、制限された充電量の上限に達すると「100%・充…

先に昨日の記事を訂正します。ThinkPadのパワーマネージメント(を含むハードウェア総合)ユーティリティはLenovo SettingsからLenovo Vantageに変わっておりました。いっそのことThinkVantageの名を復活してくれりゃよかったのに……。 本題はCatalina 10.15.5に搭載されたバッテリーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「macOS Catalina 10.15.5」配布。MacBookシリーズの「バッテリー状態管理機能」が追加。

Adaptive Chargingとは何だったのか……はさておき、Appleが「macOS Catalina 10.15.5」を配布しています。 システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。効能書きは以下。 macOS Catalina 10.15.5では、ノートブックの“省エネルギー”設定にバッテリーの状態管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購入から半年経ったMacBook Pro(2019)1.4GHz、スリープ運用が習慣化。キーボード周りは……。

買って半年を待たずに旧機種となってしまった13インチMacBook Pro(2019)1.4GHz、そりゃ整備済製品を選んだのだから仕方ないところですネっ。新型についてはこちらやこちらの過去記事で触れたとおりです。 6ヶ月使った感想は3ヶ月経過レビューと大して変わりません。一点追記するなら、極私的ポータブルMac史上初となるスリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新「MacBook Pro 13インチ」登場。IceLake・32GB RAM・4TB SSDに加え物理escキー…

概ね順当なアップデートですね。新しい13インチ MacBook Proが発表されました。もう注文できるようです。 上位モデルが第10世代「IceLake」となり(またぞろApple専用品かも)、RAM搭載量が最大32GB、SSDも最大4TBにアップしています。 下位モデルのスペックは基本的に2019年モデルを踏襲しており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBook Pro・AirのTouch ID ボタンを長押しすると電源が切れてしまうの巻。そもそもシステム終了…

「何を今さら!」ですかそーですか。Touch ID 搭載のMacBook Pro・Airには電源を入れる方法がたくさんあるため、Touch ID ボタンをわざわざ押す機会がほとんど無かったのです。Touch ID を利用するときは、ボタンの上に指を載せるだけでOKですし。 また、使い終わって電源を切る習慣も消えかけています。「ホン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短いコマンド一つでMacの起動音が復活っ。ただし完全なものとは程遠い?

MacBook Pro(2019)を入手し、いの一番に表明した不満がよもや解消されるとは思いもよりませんでしたよ。『Macの起動音を簡単に復活させる方法 - iPhone Mania』とのことで、Macの起動音を復活させるターミナルコマンドが発見されたそうです。 起動音を鳴らすには『sudo nvram StartupMute…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13インチ MacBook Pro(2019)1.4GHz購入から3ヶ月。トラックパッド・バッテリー・Catali…

早いもので、13インチ MacBook Pro(2019)1.4GHz購入から3ヶ月が経ちましたヨ。あらゆる面でMac miniより高速でして、気になる点も少なからずあれど、心地よい使い勝手という尺度においてはノート型コンピュータ中随一の存在に変わりありません。 バタフライキーボードにはすっかり慣れました、そーゆーもんです。前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBook Pro導入を機に「スクロールの方向:ナチュラル」へ。そもそものきっかけはApple Watchだが…

私はこれまでMacにおける旧来のスクロール方向を堅持してきましたが、MacBook Pro(2019)導入を機に、(大袈裟ではなく)一大決心でもって「ナチュラル」に変更したのですよっ。 『スクロールの方向:ナチュラル』すなわち「指を動かす方向にコンテンツが移動」ってヤツ↑ ただ、新しいMacBook Proのトラックパッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Apple Storeの初売りは1月2日限り。13インチMacBook Proエントリーも24,000円分のギフト…

改めて、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。元旦からいきなりパロディネタで恐縮の極みにござりまする。2001年1月1日に開設(途中よりブログに移行)した当サイトも20年目に突入ですか。辺境のMac系サイトを20年も続けるなんて、我ながらよほどバカだと思います。 昨年11月にMacBook Pro…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

43mmから14.9mmへ……改めて初Macから20年の歳月を思い知るも、当時だって「できることなど山ほどあった」。

今年もいろいろありましたね。6月に述べたごとく、私にはMac歴20年の節目となる年でした。 それを特に意識したわけではないものの、11月にポータブルMacを新調することができました。43mmから14.9mmですってよ奥さんっ↑ ほかでもないPowerBook G3 '99 LombardとMacBook Pro(2019)13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

macOS Catalinaで進化したApple Watchによるパスワード承認機能。Touch ID非搭載機もサ…

Apple WatchによるmacOSの自動ロック解除は、macOS CatalinaのMacBook Proでも大活躍ですよ。むろんTouch IDもよく使いますから、管理者パスワードを手入力しなければならない場面はコールドブートや再起動後などの新規ログイン時くらいでしょう。 で、CatalinaではApple Watchに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBook Proの「バタフライキーボード」補足。困った矢印キーと適切な修飾キー刻印。

前回の補足です。 浅い打鍵感の次に気になったのが、矢印キー(方向キー・カーソルキー)↑ これが不評なことは知っていたものの、当事者になるまでは「左右キーの高さが倍増しただけで、むしろ押しやすいんじゃないの?」とテケトーに想像していましたよ。 ところがですねぇ……本当に使いにくいのです。私は矢印キーをブラインドタッチできて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1ヶ月使い続けた「バタフライキーボード」。打ちやすいとはいえないが、良質な造りでクセになるかも。

MacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHz購入から1ヶ月経ち、ハードウェアにはおおかた慣れてきました。つまり……いろいろと悪名高いバタフライキーボードも存外慣れちゃうものなのですっ。 家族のMacBook Air(2018)でバタフライキーボードを数時間体験したときは「世も末だ」と絶望しましたっけ。とにかくキースト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どのキーを押しても起動するMacBook Proのキーボード掃除に「KeyboardCleanTool」を使うも……

2018年以降のポータブルMacは、キーボードの任意のキーやトラックパッドを押すだけでも起動できます。率直なところPowerBook 100以来の暴挙といっても過言ではありません。「どうやってキートップを掃除しろっちゅーねん!」ですよ。電源アダプタとバッテリーを外せば掃除できたであろうPowerBook 100のほうがまだマシかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CatalinaのMacBook Pro(2019)にて、新規導入や乗り換え、アップグレードを施したサードパーティ…

macOS CatalinaとMacBook Pro(2019)、ソフト・ハードともブランニューな環境になりました。したがって、長らくお世話になってきたサードパーティ製アプリケーションソフトの中には乗り換えやアップグレードを実施したものもあります。さらに新規導入したソフトを含め、以下にご紹介しませう。 1. Ampheta…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more