テーマ:MacBook Pro

短いコマンド一つでMacの起動音が復活っ。ただし完全なものとは程遠い?

MacBook Pro(2019)を入手し、いの一番に表明した不満がよもや解消されるとは思いもよりませんでしたよ。『Macの起動音を簡単に復活させる方法 - iPhone Mania』とのことで、Macの起動音を復活させるターミナルコマンドが発見されたそうです。 起動音を鳴らすには『sudo nvram StartupMute…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13インチ MacBook Pro(2019)1.4GHz購入から3ヶ月。トラックパッド・バッテリー・Catali…

早いもので、13インチ MacBook Pro(2019)1.4GHz購入から3ヶ月が経ちましたヨ。あらゆる面でMac miniより高速でして、気になる点も少なからずあれど、心地よい使い勝手という尺度においてはノート型コンピュータ中随一の存在に変わりありません。 バタフライキーボードにはすっかり慣れました、そーゆーもんです。前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBook Pro導入を機に「スクロールの方向:ナチュラル」へ。そもそものきっかけはApple Watchだが…

私はこれまでMacにおける旧来のスクロール方向を堅持してきましたが、MacBook Pro(2019)導入を機に、(大袈裟ではなく)一大決心でもって「ナチュラル」に変更したのですよっ。 『スクロールの方向:ナチュラル』すなわち「指を動かす方向にコンテンツが移動」ってヤツ↑ ただ、新しいMacBook Proのトラックパッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Apple Storeの初売りは1月2日限り。13インチMacBook Proエントリーも24,000円分のギフト…

改めて、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。元旦からいきなりパロディネタで恐縮の極みにござりまする。2001年1月1日に開設(途中よりブログに移行)した当サイトも20年目に突入ですか。辺境のMac系サイトを20年も続けるなんて、我ながらよほどバカだと思います。 昨年11月にMacBook Pro…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

43mmから14.9mmへ……改めて初Macから20年の歳月を思い知るも、当時だって「できることなど山ほどあった」。

今年もいろいろありましたね。6月に述べたごとく、私にはMac歴20年の節目となる年でした。 それを特に意識したわけではないものの、11月にポータブルMacを新調することができました。43mmから14.9mmですってよ奥さんっ↑ ほかでもないPowerBook G3 '99 LombardとMacBook Pro(2019)13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

macOS Catalinaで進化したApple Watchによるパスワード承認機能。Touch ID非搭載機もサ…

Apple WatchによるmacOSの自動ロック解除は、macOS CatalinaのMacBook Proでも大活躍ですよ。むろんTouch IDもよく使いますから、管理者パスワードを手入力しなければならない場面はコールドブートや再起動後などの新規ログイン時くらいでしょう。 で、CatalinaではApple Watchに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBook Proの「バタフライキーボード」補足。困った矢印キーと適切な修飾キー刻印。

前回の補足です。 浅い打鍵感の次に気になったのが、矢印キー(方向キー・カーソルキー)↑ これが不評なことは知っていたものの、当事者になるまでは「左右キーの高さが倍増しただけで、むしろ押しやすいんじゃないの?」とテケトーに想像していましたよ。 ところがですねぇ……本当に使いにくいのです。私は矢印キーをブラインドタッチできて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1ヶ月使い続けた「バタフライキーボード」。打ちやすいとはいえないが、良質な造りでクセになるかも。

MacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHz購入から1ヶ月経ち、ハードウェアにはおおかた慣れてきました。つまり……いろいろと悪名高いバタフライキーボードも存外慣れちゃうものなのですっ。 家族のMacBook Air(2018)でバタフライキーボードを数時間体験したときは「世も末だ」と絶望しましたっけ。とにかくキースト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どのキーを押しても起動するMacBook Proのキーボード掃除に「KeyboardCleanTool」を使うも……

2018年以降のポータブルMacは、キーボードの任意のキーやトラックパッドを押すだけでも起動できます。率直なところPowerBook 100以来の暴挙といっても過言ではありません。「どうやってキートップを掃除しろっちゅーねん!」ですよ。電源アダプタとバッテリーを外せば掃除できたであろうPowerBook 100のほうがまだマシかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CatalinaのMacBook Pro(2019)にて、新規導入や乗り換え、アップグレードを施したサードパーティ…

macOS CatalinaとMacBook Pro(2019)、ソフト・ハードともブランニューな環境になりました。したがって、長らくお世話になってきたサードパーティ製アプリケーションソフトの中には乗り換えやアップグレードを実施したものもあります。さらに新規導入したソフトを含め、以下にご紹介しませう。 1. Ampheta…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実測をもとにMacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHzの体感重量を比較する。Airとの差は如何に。

MacBook AirではなくProを選んだ理由のひとつに、重量差が思いのほか少ないことを以前挙げました。今回キッチンスケールにて実測しつつ、体感重量を確認してみます。 まずは家族のMacBook Air(2018)8GB RAM、256GB SSD↑ 公称1.25kg・実測1.230kgなり。 続いて私のMacBo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13インチMacBook Pro(2019)エントリー機が突然シャットダウンする問題、解決法に一部難あり。

コメントにて教えていただきました。『13インチMacBook Pro(2019)エントリーモデルに突然シャットダウンする不具合。公式サポート文書が公開 - Engadget 日本版』とのことで、ズバリ私の機種が該当したざますよ。 Appleのサポート文書はこちら。 バッテリー残量が90%未満の状態で電源アダプタを差し、ス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

MacBook Proの未知のポートに対応するため、Anker製USB-C変換ケーブルとPowerExpand+ハ…

先日触れたように、MacBook Proは私の所有する全デバイスで初のUSB-Cポートを搭載してくれちゃいました。バックアップHDDすら繋げられず「今そこにある機器の危機」的状況ゆえ、マシン本体とほぼ同時に2アイテム購入しましたよ。 小さな箱が「Anker USB-C to USB-A 変換ケーブル(Amazon)」、大きな箱…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Touch BarにDockを表示する「Pock」を試用。Touch Barカスタマイズ入門に最適だが……。

控えめにいってもTouch Barを持て余しつつあるトビですが、遊ばせるのももったいないので無料のユーティリティ「Pock」を試しました。 スクリーンショットが細長いっ。Pockと標準のControl Stripを同居するよう設定↑ Dockにアイコンをたくさん並べない私みたいなタイプに最適かもしれません。最大のメリットは、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBook Pro 13インチ 1.4GHz にたっぷり含まれた極私的「初」を列挙してみる。

今回ゲットしたMacBook Proは、私にとって色々と「初」な事柄が含まれていて新鮮味あふれるマシンです。以下に主だったものを列挙しますね。 ・初めてのMacBook「Pro」。 ・Macでは初となる整備済製品。 ・起動音が鳴らない初めてのMac。 ・Macでは初のRetinaディスプレイ。 ・初対面のUSB-Cポート。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5年ぶりの新Mac、「MacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHz」CTO整備済製品を購入。あいかわ…

MacBook Air(Late 2010)の後継機探しもようやく終わりを迎えました。MacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHz・16GB RAM・256GB SSDの整備済製品をAppleオンラインストアで購入しましたよっ。 整備済専用の白箱↑ 個人的にはボロっちくてもいいから、返品された箱を再利用してくれた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コストパフォーマンスの高いMacBook Pro 16インチ、為替レートが妙にバラついている?

新登場のMacBook Pro 16インチはコストパフォーマンスの高さでも話題になっているようですね。私には大きすぎるんですが、「ノート一台体制に戻るなら16インチもアリか?」などと意味のわからない供述をしたりしなかったり。 むしろ13インチが割高なのですよ。たとえばUSB-C(Thunderbolt 3)4基の13インチモデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷却系改良で本領発揮かっ「MacBook Pro 16インチ」見参。escキーだけ独立のゆううつ。

escから始まり次はF1、F2とインデペンデンスデーイ!……失敬、(買う予定はないがどうも気になっていた)皆さんお待ちかね「MacBook Pro 16インチ」が登場しましたねー。 サイズと重量を先に記しますと、15インチ(2019)が 34.93 x 24.07 x 1.55 cm・1.83kg。16インチが 35.79 x…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ついに8コア、新MacBook Pro登場。対して地味なアップデートの13インチ。

オタクコア……言い古されていますか、すんませんすんません。新MacBook Proが登場し、15インチモデルはとうとう8コアのCore i9プロセッサが選べるようになりました。しかも、いわゆる「吊るし」の上位モデル標準構成なんですね。CTOではさらに高クロックの8コアプロセッサが選択可能です。 一方、13インチモデルはCPUの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヤッタネ、MacBook Pro 2018で13インチ初の4コアを達成。ただ価格とラインナップが…。

トビの記憶が確かならば、このたび発表された13インチMacBook Proは当該サイズ史上初の4コアCPU搭載機ということになるはずです。ヤッタネ13インチ、名実ともにProなんだよっ(過去のCTOで4コアCore i7の選択肢があったらスンマセン)。 まぁ、統合グラフィックスだったり、RAM上限が16GB止まりだったり、SS…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Intel次期CPUのコードネームが3つも…MacBook Retina 12インチの性能底上げは?

AMDのライバル効果がIntelのモバイル向け製品群にまで波及しているかどうかはさておき、『Intelの第8世代Coreプロセッサは開発コードが3種類 | スラド』とのことでややこしいったらありゃしません。ま、トビはIntel Mac以降、CPUの型番をまともに把握できておらず、新たな脅威でもなんでもないのでOKです。 ウィキペデ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

現行MacBook Proが(Late 2016)から(2016)へ? どうせならカッコも省略して。

折に触れAppleのネーミングセンスはひでーもんだとつぶやいているトビフシコです。『Apple、「MacBook Pro (Late 2016)」のモデル名から"Late"を削除 | 気になる、記になる…』ということで、どうせ1年に1回以下のリリース頻度が続くのであればそうするべきでしょう。 リンク先にも記載があるように、まだ表記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

USBレシーバー使用の入力装置とUSB-CオンリーMacの憂鬱。

Mac miniの冬仕様快適環境計画が進行中ですので、MacBook Airから久しぶりの更新となります。 トラックボール導入もその一環ですが、なにもMac mini専用と決めつける必要はなかろうと、ただ今MacBook Airに繋いで使っていますヨ。所詮入力装置の一種ですし、これといった違和感もありません。 そこでふと気づ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

Touch Bar搭載MacBook ProのSSDは換装不可能。しかし大きなデメリットでもないか。

いつもコメントをくださるshigechan2008さん『MacBook Air 2011のSSDを275GB/TLC品へ交換しました』の記事による方法なら、変換アダプタを含めても1万円前後で275GBへストレージを増量できるんですよねー。トビも変換アダプタ(Amazon)が出回り始めて以来、たびたび検討を重ねつつ今に至っております。 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

新MacBook Proの「Touch Bar」に戸惑う。今後のモデルチェンジでサイズアップするか…

さて、hello againな新MacBook Proを象徴するTouch Barですが、様々な意見があるようですね。「ユーザにとってよりよい改善箇所を模索した」結果なのか「新機種の目玉にできそうな箇所を無理やり作った」結果なのか、いちユーザの(MacBook Proに関してはユーザですらない)トビが論じ始めたところで大した意味もありま…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「hello again」の裏でひっそり終了。名機MacBook Air 11インチよありがとう。

「hello again」スペシャルイベントでは全く触れられませんでしたが、ついにMacBook Air 11インチが現行ラインナップから姿を消しました。えぇ、触れなかったからといってフィル・シラーを逆恨みするほど器の小さい人間じゃありませんよ。なに? わざわざ断りの文章を入れるところがどうですって? 13インチAirや13・15…
トラックバック:2
コメント:23

続きを読むread more

SATA 2対応でもSATA 3ドライブを繋ぐとSATA 1の転送速度になるMac、だとっ。

地獄のSATAも金次第、トビフシコです。『VC社長日記:2.5インチ SATA SSDの選び方』とのことで、SATA 2対応でもSATA 3ドライブを繋ぐとSATA 1の転送速度に落ちてしまう機種が存在するそうな。 先日SSDに換装した家族のMacBook Pro(Mid 2009)13インチもバッチリ該当しているじゃないですか。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

家族のMacBook Pro(Mid 2009)13インチをSSDに換装。体感速度が大幅向上なり。

我が家ではトビがMac miniを、最も利用頻度の少ない者がMacBook Pro Retinaを導入したことにより、それまで最速を誇っていた家族のMacBook Pro(Mid 2009)13インチ 2.26GHzが一転して最遅になってしまいました。 購入時、RAMを4GBに増やした以外はノーマル、すなわち2.5インチ160GB…
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more

家族のマシンを刷新、「MacBook Pro Retina 13インチ」が我が家最速の座に。

以前、「Mac miniが我が家最高速の座を早々に譲ってしまった」と書いた釈明をせねばなりませぬー。 RetinaのMacBook Proは額縁の下にモデル名が記載されていないのですか・・・↑ Mac miniの三日天下を打ち破った張本人こそ、家族の「MacBook Pro Retina(mid 2014)13インチ」…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more