テーマ:ハードウェア

T2チップ搭載ポータブルMacの「SMCリセット」手順がややこしい。

備忘録を兼ねて記事にしておきます。先日、T2チップ搭載Macの起動時ショートカットをチェックしたんですね。NVRAM(旧PRAM)リセット・Apple Diagnostics(旧Apple Hardware Test)・セーフモード・リカバリモード・シングルユーザモードなどは概ね従来と同じようです。 問題は……SMCリセット(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空だった「BUFFALO 3TB HDD」のUSB 3.0ケースに、「IO DATA 2TB HDD」の内蔵ディス…

BUFFALOの4TB HDDを急遽調達して以来、HDD補完計画は一向に進んでおりません。しかし、壊れた3TBのケースを遊ばせるのももったいない話ですから、喫緊の問題に充てることとしました。 バックアップにひどく時間がかかるようになっていた、Time Machine用の「IO DATA 2TB HDD」↑ USB 2.0時代の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

簡単な金具を作り、「ポータブック XMC10」のキーボードを畳んだまま入力可能にする。

先月書いた『「ポータブックXMC10」のキーボードを、畳んだ状態で入力可能にする方法。内部のスイッチを倒すだけ。』の件について、極私的には畳んだ状態でもキー入力できたほうが便利に違いないと確信し(どんな使い方しとんねん)、再度バラして内部スイッチを倒した状態で固定することにしました。 ぴょんと跳ね上がっているスイッチがキーボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購入から半年経ったMacBook Pro(2019)1.4GHz、スリープ運用が習慣化。キーボード周りは……。

買って半年を待たずに旧機種となってしまった13インチMacBook Pro(2019)1.4GHz、そりゃ整備済製品を選んだのだから仕方ないところですネっ。新型についてはこちらやこちらの過去記事で触れたとおりです。 6ヶ月使った感想は3ヶ月経過レビューと大して変わりません。一点追記するなら、極私的ポータブルMac史上初となるスリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Apple Watch「プライドエディションNikeスポーツバンド」が美しい。

Apple Watchのバンドネタを続けてきた手前、もう1本追加します。いやバンドじゃなくて記事をっ。 『Apple、「Apple Watch プライドエディション」の新しいハンドを販売開始 | 気になる、記になる…』とのことで、今年発表されたApple Watch プライドエディションバンド2種のうち、 各穴へレインボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わざわざ高い旧製品のApple純正「スポーツループ ブラック」バンドを探し出す。どこまでいっても自己満足に終始する…

金属アレルギーっぽい発疹もおおかた直りましたが、すっかり消えるまでは右腕にApple Watchを巻くつもりです。 で、買う気満々だったApple純正Nikeスポーツバンドを急遽、純正「スポーツループ ブラック」に切り替えました↑ しかもですねぇ、1,000円値下げされた現行品ではなくお高い旧製品をわざわざ探し出すという……。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ポータブックXMC10」のキーボードを、畳んだ状態で入力可能にする方法。内部のスイッチを倒すだけ。

また小ネタです。先日ポータブックをバラした際、スライドアークキーボードを畳むとフィンガーマウス共々オフになる仕組みがわかりました。 トップケース裏のアームがスライドし、赤丸のスイッチを倒すことでキーボードがオンになります↑ つまり、このスイッチを倒したまま固定すれば、キーボードを畳んだ状態でも入力が可能になるわけですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ポータブック XMC10」の熱問題、アルミ板一枚を挟むだけで約5℃下がってしまったの巻。

ドンキのNANOTEに触発されたわけでもありませんが、夏を前にしてポータブックXMC10の冷却改善を図ってみました。 分解方法は先達のサイトをご覧ください。ゴム足に隠されたネジ4本とヒンジカバーを取ればトップケースが外れます↑ 金属ボディ全盛の今となっては、プラ筐体の電磁波防止メッキに懐かしさすら覚えますね。 トップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッテリーを抜いたMacBook Air 11インチの重さを測る。やはりモバイル特化の小型軽量Macが欲しい……。

小ネタです。バッテリーの抜かれたMacBook Air 11インチを手に取ると、なかなかえぇ感じの軽さなんですね。そこで測ってみました。 832gですってよ↑ Windowsノートなら、より大画面かつ軽量なモデルも存在するため、決して非現実的な数値ではありません。ちなみに最軽量のポータブルMacだったMacBook Retin…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

過放電がとどめを刺したか……MacBook Air(Late 2010)の内蔵バッテリーがお餅のように膨張。

原子力バッテリーなどと調子に乗っていたツケが今ごろ回ってきた気分です。久しぶりにMacBook Air(Late 2010)11インチを取り出したところですね、 「これがホントの現実歪曲空間!」なーんてボケてる余裕など実際にはありません。筐体中央部がずいぶん奇妙なカタチに盛り上がっているではありませんかっ↑ ビックリすると同時…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

壊れかけのBUFFALO外付けHDDを分解。中身は……予想を裏切らぬSeagate。

昨日ようやくHDDの引越しが完了しました。読み出し3〜4MB/sの超低速状態ながら、コピーそのものは確実に行われたはずです、きっとたぶんメイビー。 壊れかけBUFFALO 3TBは、ひょっとすると酷い断片化が原因で読み書きが遅くなっているのかもしれないと初期化してみましたが……全くダメです。というわけで人生諦めが肝心、お約束どおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新「MacBook Pro 13インチ」登場。IceLake・32GB RAM・4TB SSDに加え物理escキー…

概ね順当なアップデートですね。新しい13インチ MacBook Proが発表されました。もう注文できるようです。 上位モデルが第10世代「IceLake」となり(またぞろApple専用品かも)、RAM搭載量が最大32GB、SSDも最大4TBにアップしています。 下位モデルのスペックは基本的に2019年モデルを踏襲しており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ終わらないHDD引越しと、気になって仕方ないドンキの「NANOTE」。

スローリード〜スローライト〜コピーは〜まだ〜終わら〜ない〜。HDDの引越しはまだ続いておりますよっ。いつダメになっても大丈夫なよう数ファイルずつコピーしているため、余計に時間がかかる次第。連続稼働が怖いので夜通しのコピーもやめました。 ところで今、ドン・キホーテの「NANOTE」が世間を騒がせていますね〜↑ 小型ノート大好き人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Western Digitalなどが瓦記録方式(SMR)のHDD製品情報を公開。「A」ではなく「R」ならCMR?

HDDの引越しというか救出作業はまだ続いておりますよっ。大容量ドライブが死にかけると本当に大変です。 で、前回触れたHDD記録方式の件についてWestern Digital BLOGが情報を公開したとのこと↑ 3.5インチでは2TB - 6TBのRed・BlueにSMR(瓦磁気記録方式)製品が混在しているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懲りずに……BUFFALOの外付け4TB HDDを購入。直方体デザインのみが決め手。

外付け3TB HDDが危機的状況に陥った(ことを手遅れに近い段階で気づいた)ため、急遽データの退避先としてBUFFALO 4TB HDDを調達しましたヨ。 学習能力ゼロといわれれば返す言葉もありませんが、ストレージを大幅に整理するいい機会かもしれないと考えての選択です。つまり、これ一台では終わらない可能性があったり……。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気づくの遅すぎ……BUFFALOの外付けUSB 3.0 3TB HDDの読み書き速度がとてつもなく低下。

いや、最近遅いなぁ〜と感じてはいたんですよ。Mac mini(2014)と同時に運用を始めたBUFFALOのUSB 3.0接続3TB HDD。以来、酷使を続けて6年目となりますが、とりあえず読み書きはできるしSSD全盛のご時世にHDDが遅く感じるのは当たり前だろうと楽観しておりました。 で、決定的だったのが500GBのディスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBook Pro・AirのTouch ID ボタンを長押しすると電源が切れてしまうの巻。そもそもシステム終了…

「何を今さら!」ですかそーですか。Touch ID 搭載のMacBook Pro・Airには電源を入れる方法がたくさんあるため、Touch ID ボタンをわざわざ押す機会がほとんど無かったのです。Touch ID を利用するときは、ボタンの上に指を載せるだけでOKですし。 また、使い終わって電源を切る習慣も消えかけています。「ホン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重いiPad Pro用「Magic Keyboard」、存分に活用できるユーザが限られそうな予感。

発売が前倒しされたiPad Pro用の「Magic Keyboard」。iPad本体が宙に浮くようなデザインで注目されましたが、購入者から「重い重い」との声が少なからずあがっていますねぇ。 あいかわらず購入ページには、質量をはじめとする細かな仕様が載っていません↑ ま、Appleのアクセサセリ製品は皆こんな調子ですけれど。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新型iPad Proとトラックパッド付き「Magic Keyboard」を見て、13インチ未満のMacBook登場…

世間的には新型iPad Proのほうに注目が集まっていますかそーですか。超広角カメラやARの精度を高めるLiDARスキャナといった本体の目玉機能もさることながら、Pro用のMagic Keyboardはなかなかインパクトがありますねぇ。 基部の立派なヒンジは相応の機構が組み込まれているだろうと想像できますが、iPad裏面の屈曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

してやられたっ……4コアCPU「MacBook Air」登場。Pro 1.4GHzとの性能差が気になる。

やられましたよぉ〜、ハイパワーなAirとして13インチMacBook Pro 1.4GHz(2019)を選んだ私としては。4コアCPUを選択できるMacBook Air(2020)がついに登場です。 自分の理想的なカスタマイズ、すなわち「1.1GHz 4コアCore i5・16GB RAM・512GB SSD」で税抜154,8…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

壊れた白芝の後継にSanDisk「Extreme PRO 32GB 並行輸入品」を購入。我が家最速。

東芝SDHCカード(白芝)の故障をご報告してからずいぶん経ち、ようやく後継品を見繕いました。 サンディスクの「Extreme PRO UHS-I 32GB SDHC 並行輸入品」です↑ 安価ではあるものの無保証ゆえギャンブル性の高い並行輸入、少しでもリスクを減じるためJoshin webで買いました。ま、気休めにしかなってい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

13インチ MacBook Pro(2019)1.4GHz購入から3ヶ月。トラックパッド・バッテリー・Catali…

早いもので、13インチ MacBook Pro(2019)1.4GHz購入から3ヶ月が経ちましたヨ。あらゆる面でMac miniより高速でして、気になる点も少なからずあれど、心地よい使い勝手という尺度においてはノート型コンピュータ中随一の存在に変わりありません。 バタフライキーボードにはすっかり慣れました、そーゆーもんです。前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちらも寿命、安価な「iPhone SE用防塵防水ケース」の操作性が大幅に落ちる。1年使ったが実際のところ……。

この手の製品では激安クラスかもしれないので贅沢はいえませんが……この1年、中国製の防塵防水耐衝撃ケースをiPhone SEに装着して使い続けました。Amazonで買ったときの価格は2,080円。 本品は当サイトでレビューしておらず、『ある意味順当、「iPhone SE」後継機はiPhone 8がベースとの噂も。個人的にはアリ?』に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年使ったApple Watch用の互換「Nikeスポーツ風バンド」、危惧したとおり……伸びてしまう。

以前、2ヶ月半使用後のレビューをお伝えした「Nikeスポーツ風」Apple Watch互換バンド。購入から約一年経った現状をお伝えします。 誠に遺憾ながら……先日より純正スポーツバンドに戻すことと相成りました、えぇ〜〜。 マットな表面処理がほぼ消失し、ずいぶんくたびれた感はあります↑ しかし、取れる・剥がれる・千切れると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Happy Hacking Keyboard HYBRID」のBluetooth接続は、macOSの動作条件が非…

以前チラッと述べたごとく、有線・無線全部揃った暁には買おうと決めていたHappy Hacking Keyboard。本当に全部入りの「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S」まで登場してくれちゃったわけですが、思いがけぬところに落とし穴がありました。 『日本語配列モデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

以前より不穏な動作を見せていた東芝の白色SDHCカード、DP2xで「カードエラー」表示。

2012年購入なので、もう8年経ちますか。東芝製SDHCカード 16GB(いわゆる白芝)が壊れてしまったようです。純粋な寿命ならまだしも、本品は以前より不穏な空気をまとっておりましたよ。 このカードはRICOH GRとの相性がイマイチでして、当時GR本体にカード絡みの不具合報告が挙がっていたことからカメラ側の問題だろうと判断し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MacBook Pro導入を機に「スクロールの方向:ナチュラル」へ。そもそものきっかけはApple Watchだが…

私はこれまでMacにおける旧来のスクロール方向を堅持してきましたが、MacBook Pro(2019)導入を機に、(大袈裟ではなく)一大決心でもって「ナチュラル」に変更したのですよっ。 『スクロールの方向:ナチュラル』すなわち「指を動かす方向にコンテンツが移動」ってヤツ↑ ただ、新しいMacBook Proのトラックパッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows PCからのスイッチ役でデビューし、今や唯一のコンシューマ向けセパレート型デスクトップ機に。初代「M…

あれから15年っ……てもういいですか。『「Mac mini」が登場から15周年を迎える | 気になる、記になる…』とのことで、初代Mac mini登場から15年が経ったそうです。 あいかわらず私はMac mini(Late 2014)をメインマシンと位置付けています。処理性能はMacBook Pro(2019)にあらゆる面で劣るも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに現役引退となった「MacBook Air(Late 2010)11インチ」、購入より丸9年を迎える。過去最高…

昨年11月に後継機となる13インチMacBook Pro(2019)1.4GHzを導入したことにより、現役引退と相成ったMacBook Air(Late 2010)11インチ。この1月で丸9年が経過しましたよ。 無数に付いた小傷はアルミ筐体がうまく隠してくれて、さほどみすぼらしく見えません↑ OSはHigh Sierra…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more