テーマ:old Mac

2007年まで日々お世話に……老舗メーラー「Eudora」のソースコードが公開されたそうな。

「いや〜懐かしい」と言いたいところですが、少なくとも2007年までは某所で毎日使っていたため、それほど古い話に聞こえないトビです。 『インターネット黎明期の人気メールソフト「Eudora」のソースコードが公開される - GIGAZINE』とのことで、対象のコードはMac、Winそれぞれの最終バージョンだそうな。元記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢字Talk 6.0.7の「あけおめ」。2016年はスムースに起動しちゃったよ。

久しぶりにMacintosh IIciを起動してみましたヨ。 「あけましておめでとうございます Apple Computer Inc.」の文字↑ 冬場は内蔵3.5インチHDDの(相当劣化しているであろう)グリスが硬くなるせいか、電源ボタンを押してもディスクの回転が始まらないのが常。斜め45度から筐体の角を何度かガンッと殴って始…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「Macの30周年」日本語ページが登場。初代PowerBook G3のアイコンが間違っているヨっ。

Mac生誕30周年の特設ページが日本のAppleにも登場しました。もちろん全て日本語に翻訳されています。 USのページでは気づきませんでしたが、自分のファーストMacを投稿する際に選択する機種のアイコンで誤りを発見。 1997年から2000年まで、全て同一のアイコンにされてしまったPowerBook G3。百歩ゆずっ…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

生誕30周年の機会に・・・Macintosh IIciの底に眠る開発者たちのサイン。

ジョブズ追悼企画に用いる予定だったMacintosh IIciの写真がたくさん残っているのに、普段の話題では取り上げにくく感じるトビフシコです。Mac生誕30周年を好機に、一カ所ご紹介しますね。 IIciのプラスティック筐体の底に刻まれたサイン群↑ 情けないことに引きの写真を撮らなかったため、この2枚がどう配置され…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今ごろ・・・2014年の漢字Talk元旦あいさつ「あけましておめでとうございます」。来年ヤバいので。

我が家で起動可能なMac OSの「元旦あいさつ集」を狙っていたのに、風邪で三ヶ日がお流れとなり来年へ持ち越しのトビフシコです。 でも、とりあえず2つ撮影したうちのひとつであるMacintosh IIciが来年も元気に動く保障がありませんので今年分を掲載してしまいますね。 漢字Talk 6.0.7のあいさつは、ひらがな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

VC取り扱い。PowerBook G4 550MHz-1GHz用のPRAMバッテリーが今ごろ登場。

< トビフシコの肩こり悪化により低品質・低画質・低労力モードで絶賛更新中!! > 記事にするような出来事かと問われるかもしれない。でも、なぜか今まで取り扱う業者のなかった不思議アイテムなのだ。私の索敵能力の低さは脇へ置いておく。 Vintage ComputerさんがPowerBook G4 TitaniumのGig…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPhone 5はPowerBook G4 17インチのベンチマークを軽々超越。そらしかたないがな。

ったく、Macユーザの純真をちくちく刺激するギズですネっ。Gizmodo『iPhone 5のスペックは2005年当時最高のスペックを誇ってたPowerbookを余裕で超える』だそうな。 記事によると、2005年のPowerBook G4 17インチ(1.67GHz 最終世代)とiPhone 5をGeekbenchでテストし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PowerBook G3 PismoにSSDを搭載となっ。そういえば我が家のPismoは・・・。

いつも当サイトへコメントをくださるshigechan2008のブログさん『PB2000(Pismo)へIDE/SSD-128GB載せました』の記事にビビッときたトビフシコです。何年経ってもPowerBook G3への想いは冷めません。え?Kanga?ごっめーん、君だけ持っていないんだ、流線型じゃないし、テヘ。 記事を拝見すると、本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

古いMacintoshのROMからイースターエッグを発掘するとな。 画像などを復元。

古いMacは複数あれど、なーんのスキルもねぇトビフシコです。 スラッシュドット・ジャパン『MacintoshのROMをダンプして隠されたイースターエッグを再考察する』っつーことで、古いMacintoshのロジックボードに貼り付いているMacintosh ROM(システムROM)の中身を掘り起こし、隠されたイースターエッグを探し出そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜しい!Macネタ全開のインベーダーゲーム「MicroWar 2.0」がOS X Lionで起動せず

Macユーザしか喜べない超クールなインベーダーゲーム「MicroWar 2.0」。あまりのクールさに開発も冷えきったようで、2009年を最後にアップデートが止まっております。 当サイトでも『Macネタ満載インベーダーゲーム』にて取り上げており、熱心なユーザであるトビなんかは年に3回ほどプレイしていたんですヨ。突っ込みづらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無事着陸した火星探査機「Curiosity」のCPUはPowerPC G3がベースになっている。

またまた気になる、記になる…さん情報。『NASAの火星探索機「Curiosity」は初代iMac G3と同じCPUを搭載』ということで、昨日無事に火星へ降り立った(ITmedia)NASAの探査機「Curiosity」がたくさんの写真を送ってきて話題になっておりますが、これに搭載されるワンボードコンピュータのCPUがG3プロセッサをベー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小ネタ:Macintosh IIciにはMC68882というコプロセッサが搭載されていた。

パイロットに対するコパイロットと同じく、パソコンにもメインのプロセッサに対して補助的な役割を担うコプロセッサっつうもんがあります。略してコプロと呼ぶ方も多いようで、Mac界のコプロといえばイコール浮動小数点演算用プロセッサとみて差し支えないでしょう。FPUとも呼ばれますが、その場合はメインプロセッサであるCPUをMPUと記述するのが一般…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小ネタ:これがMacintosh IIciのCPU「MC68030」だっ。

なんとなく(!)流れてしまったMacintosh IIciのレビューに用意した写真を活用するため(及び穴埋め記事として)、小ネタとしてちょろちょろ紹介しませう。 Macintosh IIciは1989年に発売された、いわゆる68K Mac。モトローラ製のCPUであるMC68000ファミリーを搭載しているのですね。そのうちIIciに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

PowerBook G3 '99のクリックボタン前にできた亀裂を修理する。後編。

ささ、前回『PowerBook G3 '99のクリックボタン前にできた亀裂を修理する。前編。』の続きですよー。とっとと終わらせっちまいやしょうぜアニキ。 Lombardのクリックボタン前が割れ、真鍮板を橋渡しして修繕することにしました。前回はその真鍮製補強材を切り出しました。 仕上げた補強材を患部に当てがってみます↑…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

PowerBook G3 '99のクリックボタン前にできた亀裂を修理する。前編。

もうね、今年はオールドMac & ジャンクガジェット・イヤーに決定ですよ。ちょっと気は早いけれど今年の総括を始めてもいいトビフシコです。 昨年12月の記事『続々劣化中。PowerBook G3 '99のクリックボタン下にクラックが・・・。』でお伝えした、PowerBook G3 '99「Lombard」のクリックボタン前に発生した…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

PowerBook G3 '98をニコイチ。改造記事のまとめ。

PDQとMain Streetもどきを中心にお届けした、7回にわたる「PowerBook G3 '98をニコイチ」記事のまとめを記しておきます。 ◯ PowerBook G3 '98をニコイチ、その1。Main Streetの266MHzとは。 ◯ PowerBook G3 '98をニコイチ、その2。絶壁頭とモデムやら。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

PowerBook G3 '98をニコイチ、その7。ついに完結、稀代のニコイチ。

『PowerBook G3 '98をニコイチ、その6。13.3インチ液晶の復旧を試みる。』にて、13.3インチ液晶の復旧には成功しましたが、結局PDQの14.1インチディスプレイを使うことになったことをお伝えしました。これで役者が揃いましたので、いそいそと組み立て。その完成した勇姿をとくとご覧あれ。 巨大な14.1インチの…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

PowerBook G3 '98をニコイチ、その6。13.3インチ液晶の復旧を試みる。

今回は少し短めです。『PowerBook G3 '98をニコイチ、その5。部品を取りまくるも・・・撃沈。』にて、PDQの復旧を断念、Main Streetもどきをベースにした再生計画発動をお知らせしました。 例によって画像がありません。想像たくましくしてお読みください(無責任)。 Main Streetもどきは、その…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

PowerBook G3 '98をニコイチ、その5。部品を取りまくるも・・・撃沈。

『PowerBook G3 '98をニコイチ、その4。Main Streetもどきの状態は良好。』に続く第5回は、いよいよMain Streetからの部品取り。移植先は死亡寸前のPDQです。 再三述べましたように、作業途中の写真が泡のごとく・・・全てこの手で消去してしまったため、画像ナッシングです。皆様の脳内で思う存分シミ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

PowerBook G3 '98をニコイチ、その4。Main Streetもどきの状態は良好。

『PowerBook G3 '98をニコイチ、その3。ドータカードの正体が明らかに。』にて、部品取りに購入したMain Streetもどきの素性が明かされました。ま、しょせんはPDQに供される運命、「へんてこな構成だろうがそんなの関係ねー」なのですが・・・部品を取るからには、その部品が正常である必要があります。めっちゃ当たり前だのクラッ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

今年のジャンクお買い初め。CD-ROMドライブ「PCP-PR24W」を入手。

ジャンクは続くよどこまでも~~。今年一発目のジャンクな買い物をやらかしたトビフシコです。 入手したのはパイオニアのポータブルCD-ROMドライブ「PCP-PR24W(マニュアルPDF)」。PCP-PR24「W」なのでWindowsマシン向けのパッケージングなのですが、ドライブそのものはMac用と同じ。PowerBook独特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerBook G3 '98をニコイチ、その3。ドータカードの正体が明らかに。

ジャンク価格1,200円で手に入れた部品取り用のPowerBook G3。『PowerBook G3 '98をニコイチ、その2。絶壁頭とモデムやら。』では中古ショップがのたまうスペックと外観を中心にご紹介しました。続く3回目は、いよいよ「なんじゃこりゃーな構成」の心臓部を覗いてみましょう。 おおかたショップがカタログスペックを書き…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

PowerBook G3 '98をニコイチ、その2。絶壁頭とモデムやら。

『PowerBook G3 '98をニコイチ、その1。Main Streetの266MHzとは。』にて、PowerBook G3 '98の開発コード名をおさらいしたところで、いざ本題。 手に入れた部品取り用のMacは、「Main Street」です↑ つまり前期型の下位モデル。本来のスペックは・・ ・CPU:Powe…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

PowerBook G3 '98をニコイチ、その1。Main Streetの266MHzとは。

新年1発目の大ネタは、約束どおり不思議なPowerBook G3とそれを用いたニコイチ改造物語でございます。 突然で恐縮ながら、トビがまず謝らねばならぬことがございまして・・・ごめんですんだら警察いらんわ!!と大阪府警の募集ポスターみたいなことを言わないでください、私も辛いのです。実は作業途中の写真がすべて・・・消えましてねぇ。え…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

年に一度の通電確認。Power Macintosh G3 MTは今年も元気。

完全に物置部屋の肥やしとなっているPower Macintosh G3 MT 266(PDF)。年に一度の通電確認をしていたトビフシコです。開発コードは「Gossamer(ゴサマー)」。 「年に一度の」ってまぁ年始早々嘘おっしゃい、へいすんません。前に通電させてから2年以上経っていますね、ナハハハー。 ですから「もう…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

部品取りがMainになる。不思議なPowerBook G3の修理は着々と進行ちう。

以前ほんの少しだけ予告しましたアレゲなMacの復元作業を進めているトビフシコです。ジャンクな話題ばっかりでごめんねー。 部品取りに購入したところが、部品を取る側になっちまいそうですヨ。「ミイラ取りがミイラになる」真逆の「ミイラがミイラ取りになる」ようなもんですね。モノ自体はPowerBook G3 13in.の266MHz…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JUNKでアレゲなMacとそのアレゲな仲間たちをおいおいご紹介。

祖母の回復が順調に進み、来週には普通の病院へ転院できる見通しとなりました。手間は増えるものの、気持ちの重さが取れたおかげで今はずいぶん楽ですねぇ。 で、交通事故に遭う前日に注文したアレゲなMacと、昨日久しぶりに覗いたリサイクルショップで衝動買いしたアレゲなアイテムをおいおいご紹介したいと考えております。 アレゲなM…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

PowerBook G3用の電源アダプタ、サンワサプライ「ACA-A11」を購入。

Apple純正の電源アダプタを温存すべく、普段気兼ねなく使用できるPowerBook G3や2400cのサードパーティ製電源アダプタを物色していたトビフシコです。かなり迷った挙げ句、サンワサプライのiBook & PowerBook(G4・G3)ACアダプタ「ACA-A11」をリサイクルショップにて中古で購入しました。2,625円なり。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

続々劣化中。PowerBook G3 '99のクリックボタン下にクラックが・・・。

Lombardよお前もかっ。近ごろPowerBook G3 '99 Lombardをまめに取り出して使っているオールドマッカー、トビフシコです。 私の初Macゆえに思い入れの深さは他のマシンと較べるべくもなく、丁寧に、実に丁寧に扱ってきたつもりです。 んがっ時の流れには逆らえず、とうとう亀裂が入ってしまったですことよ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

2GBのSDカードをHFSでフォーマット・・・できない。なぜじゃ?

市内の家電量販店にて歳末売り出しが始まっており、2GBのSDカードを買ってきたトビフシコです。 TDKの2GB SDカード↑ 製造はイメーションでClass表記はありません。これが特価の382円。Amazonでもさすがにこの価格では無さそうです。 「こんなしょぼいSDカードをどーすんねん?」てなところですが、オールド…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more