「iOS 13.2」「iPadOS 13.2」登場。iPhone 11シリーズのDeep Fusionが利用可能に、AirPods Pro対応も。

完全リニューアルなのに突如サイレントリリースされたAirPods Proが気になって仕方ありませんが、まずはアップデート情報から。Appleが「iOS 13.2」「iPadOS 13.2」を配布しています。OSが分かれると、こういうときに煩雑ですねぇ。

ios132_01.jpg

デバイス単体もしくは母艦Mac・PC経由でどうぞ。iOS 13.2の効能書きは以下。
iOS 13.2では、iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro MaxでA13 Bionic搭載のNeural Engineを使用して、低照度の場所で取り込んだ画像の質感と細部の表現を大幅に向上させ、低ノイズに仕上げる高度な画像処理システムDeep Fusionが加わります。また、絵文字のアップデートと追加、AirPodsでの着信メッセージ読み上げ機能の導入に加え、AirPods Pro、HomeKitセキュアビデオ、HomeKit対応ルーター、および新しい“Siriのプライバシー”設定にも対応しました。このアップデートにはバグ修正と改善も含まれます。

カメラ
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro MaxのDeep Fusionで、A13 Bionic搭載のNeural Engineを使用して、様々な露出の画像を複数取り込み、ピクセル単位で解析を実行し、各画像の良い部分を合成することで、中から低照度の場所で取り込んだ場合でも質感と細部の表現が大幅に向上した低ノイズの写真を生成
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro Maxの“カメラ” Appからビデオの解像度を直接変更することが可能

絵文字
・動物、食べ物、アクティビティ、新しいアクセシビリティの絵文字、性別のない絵文字、カップルの絵文字で肌色の選択など、70種類以上の絵文字を追加またはアップデート

AirPodsのサポート
・“Siriで着信メッセージを読み上げ”により、受け取ったメッセージを読み上げてAirPodsで聞くことが可能
・AirPods Proに対応

“ホーム” App
・HomeKitセキュアビデオを使用して、防犯カメラからのビデオを暗号化して非公開で収録、保存、および表示が可能。人、動物、車両を検知する機能を搭載
・HomeKit対応ルーターを利用して、お使いのHomeKitアクセサリのインターネット上または自宅での通信相手をユーザが制御可能

Siri
・“プライバシー”設定で、Siriおよび音声入力に対する操作の音声をAppleが保存することを許可することにより、Siriおよび音声入力の改善に協力するかどうかを選択することが可能
・“Siri”設定からSiriおよび音声入力の履歴の削除が可能

このアップデートにはバグ修正とその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・他社製Appでパスワードを自動入力できない場合がある問題を修正
・“検索”を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題を解決
・スワイプしてホーム画面に移動する機能がiPhone X以降で動作しない場合がある問題に対処
・“メッセージ”で、通知を繰り返すオプションがオンになっているときに通知が1回しか送信されない問題を修正
・“メッセージ”に連絡先の名前ではなく電話番号が表示される場合がある問題に対処
・“連絡先”で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題を解決
・マークアップした注釈が保存されない場合がある問題を修正
・保存したメモが一時的に消えてしまうことがある問題を解決
・“設定”の“今すぐバックアップを作成”をタップした後で、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題を修正
・AssistiveTouchを使ってAppスイッチャーを有効にするときのパフォーマンスを改善

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

目玉は、なんといってもiPhone 11シリーズのカメラ向け画像処理システム「Deep Fusion」が追加されたことですね。いや、Deep Fusionをあまり理解していないのですけれど、単に低照度時のHDR画質を上げるだけではなさそうです。通常の明るさでも解像が顕著に異なるレビューがあったりしますので、デジタルカメラにおける画像処理エンジンがワンランク上がったのと同じような具合でしょうか。製品リリース後に大規模なソフトウェア・アップデートで対処できるのもスマートフォンの長所ですねぇ。

Mac Fan 2019年12月号
Mac Fan 2019年12月号

今なおデジカメは、その組み込みシステムへ(比較的軽めの?)ファームウェア・アップデートを当てることが精一杯に見えます。スマートフォン並みのリッチなハード・ソフトウェア搭載が厳しそうなのは想像に難くないだけに、ちともどかしく感じますね。

さすがに重さを感じる今日この頃……「Mac mini(Late 2014)」購入から5年。買った後悔はナシ。

4日早いのですが、Mac mini(Late 2014)」を購入してから丸5年が経ちました

macmini2014_5yrs01.jpg

普段であれば涼しい顔をして「もう5年も経つのか……」と述べたいところなんですけれど、High Sierraの頃より少しもっさりし始め、今使っているMojaveでは結構重いなぁと感じておるのが正直なところですよ、えぇ。

これまで使ってきたポータブルMacも、OSのメジャーアップデートごとに重くなる状況を嫌というほど経験してきました。ただ、Mac miniが個人所有の初デスクトップということもあり、デスクトップ機なら多少は余裕がありそうな錯覚を持っていた点は否定できません。そらハードウェアの仕様が全てだと頭ではわかっているんですけれどネっ。どちらかといえば「ノートは重くなって当然」と早々に諦める癖が染み付いているせいかも。

macmini2014_5yrs02.jpg

ま、いずれにせよ本機を買った後悔はほとんどありません。外部拡張性をフルに活用して、文字どおり机上に根を張ったかのごとく揺るぎない環境を経験できたことはなにより代え難いものです(同時にその欠点も見えました)。のちに起死回生とばかりSO-DIMMスロット復活のうえ6コアも選べる2018年モデルが登場し、完全に過去のマシンと化したものの、裏を返せば4年間も現行機種だなんて精神衛生上たいへんよろしい時期を過ごしたわけですから。

Apple Mac mini (3.0GHz 6コアIntel Core i5プロセッサ, 256GB)
Apple Mac mini (3.0GHz 6コアIntel Core i5プロセッサ, 256GB)
やはり、6コアモデルのコストパフォーマンスが尋常ではありません。

不満らしい不満もなく……「RICOH GR」購入から丸6年。やはりiPhoneの写真とは違う。

もはや新たな話題もありませんが、RICOH GR」購入から丸6年が経ちました

gr6yrs01.jpg
今春は派手に傷を付けてしまい、ケースの縫い目にもその時の土が取れずに残っています↑

タフネス性能が要求される場所(となぜか動画撮影)用にOLYMPUS TG-5を導入したほかは、もうほとんど本機しか持ち出さなくなりました。やはり私が使う程度には、1,600万画素のAPS-Cセンサーで十分すぎますし、各レスポンスもさして不満を覚えませんので。

そりゃ余裕があれば欲しいですよ、GR III。案の定、中身がたっぷり詰まった重量を感じるものの、そのコンパクトさが全ての欠点を打ち消すといっても過言ではありません。いや……ちょっと言い過ぎました、個人的に気になったのがメニュー画面のUI刷新です。タッチ対応とはいえ、あそこまで変える必要があったんですかねぇ。

gr6yrs02.jpg

今やiPhoneをはじめスマートフォンのカメラ性能が向上著しく、そのディスプレイで写真を鑑賞する範囲では明らかな差を見いだすのが難しいレベルに到達しつつあると認めざるをえません。けれど、例えば小さなL判であっても印画紙にプリントしてみると、全体の透明感や(実焦点18.3mmですら!)本物のボケからくる立体感が顕著に現れるのですよ。当たり前っちゃあ当たり前の話ですが、ディスプレイとプリントで見え方が結構変わるのはなかなか面白いですし、そこでニンマリできるというものです。

幸いGR IIIがよく売れているようで、シリーズ存続はまだまだ期待できそうですね。ただ、リトラクタブルレンズのような壊れやすい機構を廃し、全般的な造りも堅実な印象を受ける本機は思いのほか長寿命かもしれません。まだまだ主力の座を務めてもらいますよっ。

RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041
バッテリー駆動時間もネックらしく、こればかりは買ってみないとわかりません。

関連記事 関連記事:

6年目の「RICOH GR」、予期せぬ状況で大きな擦り傷を作ってしまう。: パワーリンゴ(2019/05/05)

「macOS 10.15 追加アップデート」配布、らしい。まだCatalinaを導入する目処立たず。

Apple、インストールと信頼性を改善した「macOS 10.15追加アップデート」を配布開始 | Mac OS X | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)』とのことで、Appleが「macOS 10.15 追加アップデート」を配布しているらしいです。「らしい」などと書かざるをえないのが無念にござりまする、ハイ。

よって、スクリーンショットの類が撮れません。効能書きもお宝さんBlogから転載させていただきます。
macOS Catalina追加アップデートの新機能
・ディスクの空き領域が不足しているMacでのmacOS Catalinaのインストールの信頼性を改善
・一部のインストールで設定アシスタントが完了しない問題を修正
・複数のiCloudアカウントでログインしている場合にiCloud利用規約に同意できない問題を解消
・Apple Arcadeのゲームをオフラインでプレイしている場合のGame Centerのデータ保存の信頼性を改善

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

実際のところ、Catalinaを丸々飛ばしたって特に問題ないのですよ。ただねぇ……初めて使ったMac OS 8.6以降、順当にアップグレードを重ねてきた手前、未使用の欠番を出すことに気が引けるっつーかなんつーか。ま、すでにMac OS X 10.0(とその前のPublic Beta)をスルーしたはずので完璧ではないんですけれどっ。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル
macOS Catalina パーフェクトマニュアル
Macの「iTunes.app」が解体されたのにiOS 13には「iTunes Store」Appが残り、両アプリの一対一の対応は叶っておりません。なかなか揃わないものですねぇ。

関連記事 関連記事:

日本時間10月8日、「macOS 10.15 Catalina」登場。事情によりMac miniへの導入は先送り。(2019/10/08)

「iOS 13.1.3」配布。ひょっとするとApple Watchで通知を受信しない問題に該当していた?

少し間が空きましたけれど、1ヶ月足らずのうちに4度目のアップデートです。Appleが「iOS 13.1.3」を配布しています。

ios1313_01.jpg

iOSデバイス単体もしくはiTunes or Finder経由でアップデートしてください。おぉ、『Finder経由』が加わりましたね〜、私はまだMojaveですが。効能書きは以下。
iOS 13.1.3には、iPhoneのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・着信してもデバイスの音が鳴らなかったり、振動しなかったりする場合がある問題に対処
・“メール”で会議の参加依頼を開けない場合がある問題を修正
・“ヘルスケア” Appのデータがサマータイムの調整後に正しく表示されない場合がある問題を修正
・ボイスメモの録音がiCloudバックアップから復元するときにダウンロードされない場合がある問題を修正
・iCloudバックアップから復元するときにAppがダウンロードされない場合がある問題に対処
・Apple Watchとのペアリングに成功しない場合がある問題を修正
・Apple Watchで通知を受信しない場合がある問題を修正
・Bluetoothが特定の車両で接続解除される場合がある問題を修正
・補聴器とヘッドセットのBluetooth接続の信頼性を向上
・Game Centerを使用するAppの起動パフォーマンスの問題に対処

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

着信してもデバイスの音が鳴らなかったり振動しなかったりって致命的じゃないですか。西洋で13が忌み数だから、わざとやっているのではないかと勘ぐりたくもなります。

冗談はさておき、iOS 13やwatchOS 6に上げて以降Apple Watchの通知が妙に少なく感じていました。ひょっとすると『Apple Watchで通知を受信しない場合がある問題』に該当していた可能性がありますね。本アップデートで改善されるか要チェックです。

iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)
iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)

ある意味順当、「iPhone SE」後継機はiPhone 8がベースとの噂も。個人的にはアリ?

台風19号が過ぎた後のインタビューでも「この辺はこれまで大きな災害が無くて……」との声が紹介されていましたが、去年の21号で地元に電柱銀座が作られるまでは私も全く同じ思いでした。とにかく、日本で安全な場所などどこにもないと改めて痛感した次第です、ハイ。

「iPhone SE」の後継モデルは「iPhone 8」がベース − ストレージは64GB/128GB、カラーは3色展開か | 気になる、記になる…』とのことで、AppleにとってSEが「小型」よりも「廉価(製造コスト削減)」を第一義とするモデルならば当然の仕様ですかねぇ。

iphonese_rumor01.jpg
個人的には利用環境の変化もあり、一回り以上大きくなってしまう防水タフネスケースを常時付けているのが現状↑ 次期SEがiPhone 8ベースなら防水機能を有するでしょうから、もう少し簡易なケースで済むことになってほぼ同じサイズを維持できるのではないかと考えています。

そりゃ理想をいえば、4インチサイズの防水筐体に最新より1世代古いスペックを搭載してiPhone 11無印と同等の価格とくれば迷う余地などありません。ま、小型筐体の新規設計は望むべくもありませんし、出てくるモノをおとなしく受け入れることになりませう……そもそも「SEの後継機」自体、噂止まりですからっ。

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

iOSのUIが大画面向きになりつつあり、4インチディスプレイでは窮屈に感じる場面も増えてきました。

システム要件が厳しいmacOS Catalinaの「Sidecar」、いずれは液タブ機能を試したい。

MojaveではiOSデバイスのカメラをスキャナ代わりに使う「連携カメラ(Continuity Camera)」が実装され、両ハードウェアの直接的な連携がスタート。CatalinaにおいてはiPadを高機能サブディスプレイ化する「Sidecar」で、さらにハード連携が前進しましたね。

catalina_sidecar_sys01.jpg

ただ、鳴り物入りで登場したわりに本機能のレビューが少ないのは気のせいか……いや、ひょっとして『macOS Catalina、「Sidecar」の必要条件が明らかに あなたのiPadは使える? - ITmedia NEWS』というわけで、Sidecarのシステム要件がなかなか厳しいことも影響しているのではないでしょうか。

私の場合、MojaveのMac mini(Late 2014)をCatalinaへアップグレードしたところで利用できませんし、すでにiPadOS 13へ上げたiPad 5thも非対応。こりゃしばらくはお預けですねぇ。

なお、昔ながらのデスクトップ環境たるMac miniでは、単純なサブディスプレイ化にさほど魅力を感じません。私がSidecarで試したいのは、やはり「事実上の液晶タブレット」機能ですよ。対応アプリケーションが限られるものの、Affinity製品群が含まれる点は安心材料といえます。しかしまぁ、自分が対応ハードウェアを揃えられるのはいつになることやら……。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー

コストパフォーマンスに優れた第7世代ですが、Apple Pencilの価格がねぇ……。

関連記事 関連記事:

日本時間10月8日、「macOS 10.15 Catalina」登場。事情によりMac miniへの導入は先送り。(2019/10/08)

劣化した「QuietComfort 3」のイヤーパッド交換、2度目は互換品を試すも……難しい選択だ。

1度目の交換は2013年でしたか。6年経ち、また劣化してしまったのでQuietComfort 3のイヤーパッド交換2回目をお届けします。

qc3earpuds_univarc01.jpg

すでに昨年より劣化が始まっていて、前回を踏まえればイヤーパッドの寿命は概ね5年となりましょう。破れていない箇所も、指でこすると黒い粉が付着します↑

qc3earpuds_univarc02.jpg

そこで今回、TriPortをはじめ他のヘッドホンでなかなかの耐久性を見せているUnivarc製互換品を試すことにしました↑ なぜかカラビナが付属します。純正では別々に用意されていますが、UnivarcはQC3とOE2の共用品となっています。

qc3earpuds_univarc03.jpg

左が純正、右がUnivarc↑ 合皮を絞り込んだシワが目立ちますね。ただ造りに乱れはなく、丁寧な仕事です。

qc3earpuds_univarc04.jpg

裏側も同じく左が純正、右が互換品↑ プラ製固定具の形状が一部異なるものの、取り付けに影響はありません。

qc3earpuds_univarc05.jpg

で、気になる装着感は……はっきりいって別物です! まずスポンジの硬さに驚きましたね。いや、ごく一般的なスポンジなんですが、純正の極端な柔らかさに慣れた身としては違和感ありまくりボンバーですよっ。左が純正、右がUnivarcで、スポンジの目の細かさが明らかに異なります↑ 仕方なくスポンジ(とそれに引っ付いているプラ)を取り出して互換品の革に入れました

qc3earpuds_univarc06.jpg

結局は合皮のみ交換したカタチと相成りました、なんだかなー。パッド側面が張り出して、余計にシワが目立ちます↑ 私は室内専用だから構いませんけれど、見てくれがイマイチですねぇ。

さて、装着感の違いにはもうひとつ、合皮表面の触り心地が純正は新品時からしっとりというかペタペタ、Univarcはサラサラというポイントが挙げられます。なるほど、オンイヤー型かつ重めの本機は、イヤーパッドのペタペタ感で耳とのグリップ力を上げていたことに気づいた次第。要するにサラサラの互換品だとヘッドホンが少々ズレやすく感じるわけですよ。

ただし、この違いこそが耐久性と直結しているように思えてなりません。短寿命で高価だが文句ない付け心地の純正か、長寿命で安価だが付け心地がイマイチの互換品か……本当に悩ましい選択です。

Univarcブランド 取り付け簡単! Bose QuietComfort 3 対応 交換用ヘッドホンパッド イヤーパッド イヤパッド 2個 オリジナルカラビナ メーカー保証書 豪華3点セット! QC3 OE2 OE2I
Univarcブランド 取り付け簡単! Bose QuietComfort 3 対応 交換用ヘッドホンパッド イヤーパッド イヤパッド 2個 オリジナルカラビナ メーカー保証書 豪華3点セット! QC3 OE2 OE2I

持ち出す機会の多い場合は純正が無難ですね。新品同士を比較できていませんけれど、耳への密着度の差によってノイズキャンセリング効果にも影響があるかもしれません。せめて純正がもう1,000円安ければ。

関連記事 関連記事:

「QuietComfort 3」イヤーパッド交換の一部始終。ノイズキャンセリングの機構もチラリ。: パワーリンゴ(2013/07/11)

Catalina対応の正式版「mi 3.0.4」登場。起動速度向上も。

ベータではなく正式版ですよ。テキストエディタ「mi 3.0.4」がリリースされました。

mi304_01.jpg

前回の正式版3.0.3r1からの変更点は以下。
・macOS 10.15(Catalina)対応
・対応する括弧のハイライト表示、タブストップ設定追加、TSVモード追加等の小規模な機能追加
・ファイルを開く処理の処理速度改善
・縦書き表示時の表示不具合等の修正

ベータ版での機能追加や問題修正が全て含まれるはずなので、簡単な記載に留めているのでしょう。3.0.4b3で触れた「ファイルを開く処理の処理速度改善」は効果的ですから、アップデートをお勧めしますよ。

なお、私の環境がまだMojaveでして、macOS Catalinaでの動作は確認できておりません。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル
macOS Catalina パーフェクトマニュアル

関連記事 関連記事:

起動が爆速にっ……テキストエディタ「mi 3.0.4b3」登場。このスピードを維持してほしい。: パワーリンゴ(2019/10/05)

日本時間10月8日、「macOS 10.15 Catalina」登場。事情によりMac miniへの導入は先送り。

最後まで具体的な日付が示されませんでしたが、本日Appleが「macOS 10.15 Catalina」をリリースしました。

catalina_release01.jpg

システム環境設定のソフトウェア・アップデートからどうぞ。なお「詳しい情報…」をクリックすると、Apple公式サイトのCatalinaページへ飛ばされる手抜き仕様となっております。

で、さっそくMac miniへインストール……と言いたいところですけれど、諸般の事情でしばらくはMojaveを使い続ける予定です。いやね、64bit一本化によって想定外のソフトウェアがうまく動かない可能性も出てきたのですよ。ソフト本体は間違いなく64bitに対応しているものの、言語設定などを初期化するサポートソフトが32bitだったというありがちな見落としです、ありがちですよねっ。

再三述べてきたとおり、Catalina以降は32bitが切り捨てとなります。古いソフト(たとえ2017、2018年頃の製品でも!)をお使いの方は、それらが64bitに対応しているかどうかよくチェックしてアップグレードの検討を進めてくださいませっ。

macOS Catalina パーフェクトマニュアル
macOS Catalina パーフェクトマニュアル

上記サポートソフトは、おそらくplistを一括で書き換えるだけのシェルスクリプトと思われますが、私の手に負えるレベルなのか不明。

関連記事 関連記事:

「macOS 10.15 追加アップデート」配布、らしい。まだCatalinaを導入する目処立たず。(2019/10/17)

システム要件が厳しいmacOS Catalinaの「Sidecar」、いずれは液タブ機能を試したい。: パワーリンゴ(2019/10/11)

おおむねブラッシュアップに留まる「macOS Catalina」、32bit切り捨ての効果は徐々に?: パワーリンゴ(2019/06/06)