H1チップを搭載した新型「AirPods」、昨年末に旧機種を買った私には……。

昨年末に購入し、早くも旧型になってしまった私のAirPods。ほぼ毎日使っているものの、事情によりメインのイヤホンへは昇格できていません。毎日使っているのにメインじゃないとはどーゆーこと?

画像

私が新型AirPodsで気になる点は、Apple H1 ヘッドフォンチップ搭載によるデバイス切り替え速度の向上。iPhone・iPad間で頻繁に切り替え、たまにMacとも繋ぐ運用ゆえ、「切り替え最大2倍高速」の謳い文句に期待しちゃいますねぇ。

逆に、それ以外のスペック向上は旧型でも特に不満がなく、私にはあまり響きませんでした。わざわざ「Wireless Charging Case」のみも売ってくれるようですが、所有するデバイスはiPhone SEだし、Qi規格ながら専用充電器しか受け付けないApple Watch Series 3だし、頼みの綱のAirPowerが開発中止ときたもんだから、手の出しようもありません。

ところで、H1チップの効能で無視できないレイテンシ低減に関しては、気になる方にとって朗報だと思います。ワイヤレスヘッドホンが遅延するのは仕方ないことと割り切っていて、動画視聴に違和感を覚えない自分でも、ゲーム(といってもカジュアルなものばかり)をする際に少々気になる場合があるんですよね。毎回気になるわけではないのが不思議ですけれど、鈍感な私ですら旧型ではこのような状況となっています。

価格に関しては……正直なところコメントしづらいです、ハイ。いかんせん在庫処分特価で旧型を買ったクチですから。そうそう、近ごろMacBook Retina 12インチも量販店各社が一斉に値下げしましたね。Appleがそちらのほうへモデルチェンジの情報を流すようになってきたのか、謎です。


Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)
アップル
2019-03-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


簡易防水対応ともなれば話が変わってくるのに……ま、旧型ユーザに優しい新型といえます。

"H1チップを搭載した新型「AirPods」、昨年末に旧機種を買った私には……。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント