モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その9。溝を越えられないインレタ、30分硬化型の活躍。

< なぜかグリーンマックスの車番インレタは失敗したことがない不思議 = である調 >


このキットは塗装後の作業がやたら多い。ショートケーキの苺を最後にとっておくタイプ(近ごろは面倒くさくなって好きなタイミングに食べる程度には成長したよ!)の私には少々辛かったりする。

画像

塗装より苦手なもの、それはインレタ貼り。私の下手っぴさたるや尋常ではなく、端から諦めておる。だから余計に失敗するという負のスパイラルへ陥っているのが現状だ。ご覧のとおり頸城ホジ3の腰板は縦羽目表現のエッチング溝が彫られていて、溝を回避できる表記はどうにか成功↑ つーか私には上出来だなっ。

画像

しかし、溝をまたぐマークはご覧の有様↑ ま、まま、マルケーがずたずたに寸断……組立講座では透明デカールに転写したものを貼っているふうでもなし、「越えられない壁」ならぬ「溝」の深淵さを前に立ち尽くすばかりである。もう一つ溝越えの検査表記は、枠内が透明ベースにでもなっているのかぎりぎり途切れずに済んだが、ホント懲り懲りだよ。

気を取り直して、上・下回りとも「クレオス 半光沢クリア」でトップコート。特にインレタがあるので、いつもより厚めに吹いておく。さらに前回触れたウェザリングをやっちゃうゾ。基本方針は「上品な汚し」で、いちおう本車の前に習作をこしらえてテストしたけれど、モデルワーゲン製に施すのは初となる。「クレオス つや消しクリア + GMダークグレー」の薄いマットグレーを下回りおよび車体裾にさっと吹く。作業中、見えにくくて加減を掴めぬまま「色が乗ったかな?」程度に留めておいた。まあまあ、こんなもんだろう……って画像がなく恐縮の至りだが、最後の写真特集でご覧いただければと思う。

屋根はつや消しクリアでトップコートし、上記マットグレーにウッドブラウンを足して薄吹き。なんかぁ、ちっとも変化がわかんないって感じぃ〜。

画像

ここから接着工程に入る。その1で説明した「夏姿」はあちこちの窓が開いていて、窓セル作りに苦しむのは火を見るよりも明らか。したがって、私の「事前にエッチング板をスキャンし、Illustratorでトレースした線をOHPフィルムにプリント」する恒例行事がいつにも増して効果を発揮したっ↑ Illustratorに限らずそれなりのドローソフトなら同じことができるはずなので、もし窓セル製作に悩んでいる方がいればお試しあれ。

画像

普段ピンセットを使って狭い車体内部をガサゴソまさぐらねばならない窓セルは、先に窓枠へ貼れるぶん楽チンで助かる。そのガラス付き窓枠を車体内側へ仮止めし、周囲に30分硬化型エポキシ接着剤を塗って固定した↑ 「30分硬化」がミソで、塗布後余裕を持って位置の微調整ができるのだ。作業テンポが落ちるけれど、確実な位置合わせと綺麗な仕上がりを優先するなら30分も待てないでどーする。ま、すでに秋も深まった時節柄、30分では到底固まらなかったがな、ちくしょーめー。

画像

さらにヘッドライトケースやワイパー、ドアハンドルもエポキシ接着剤で固定↑ じつは、完成後一段落つくまで気づかなかった私も余程だが、実車をよく知る方なら上掲画像にておかしなポイントをすぐさま指摘できるかもしれない。自分の工作や塗装の甘さに起因する類の瑕疵じゃなく、明らかに「あれ?」となる箇所だ。答え合わせは写真特集号で。




エポキシ接着剤はやり直しがきかないというか剥がすのが大変なので、正直なところあまり使いたくない。粘度が高く、糸を引かず、硬化に時間のかかる接着剤が他にあればなぁ。

関連記事 関連記事:

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その10。鬼のハンドレール接着を経て、ついに完成っ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/12/01)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その8。いつになく真剣な塗装で特徴的なカラーリングを再現。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/11/29)

"モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その9。溝を越えられないインレタ、30分硬化型の活躍。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント