モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その5。ディテール豊かなエンジン回りと、トラス棒のポカミス。

< 戦後、ガソリンからディーゼルエンジンに換装 = である調 >


あれま、塗装前の上回り工作は前回で終了していたって感じぃ〜、テヘ。ではでは、めくるめくハイパーディテールな下回りに突入しよう。

画像

その1で述べた、ヤル気を削ぐほどの戦慄を与えてくれた床下機器の精密ロストワックス群↑ ここまでディテール豊かだと追加工する意欲も消し飛ぶので助かるわぁ……って本当にヤル気を削がれてるじゃん。

画像

基本的にはロストパーツの塊を引っ付けるだけで、組立講座に従えば悩む要素もなく仕上がるはずなのだが……エンジン脇のコンプレッサーを収めるスペースがやたら窮屈↑ 組み間違えたとも思えず、現物あわせで削り削りどうにか取り付けたよ。

画像

床上からエンジンブロックが見えるな↑ その周囲に厚いウェイト台をネジ止めする手順となっているけれど、エンジン回りを組むとこのネジが外せなくなる。鉄製のネジが塗装前の酸洗浄時に溶けては面倒なことになるから、ウェイト台の固定をハンダ付けに変更した。

ちなみに実車の室内は、中央に大きな木製エンジンカバーが突き出していることで有名だ。床の低い軽便ボギー客車に無理やりエンジンを積むとなれば致し方ないところか。おかげで低重心の安定感あるシルエットが拝めるってわけだ。ま、時代も距離も遠く離れたへっぽこモデラーらしい戯れ言と勘弁してくれぃ。当時通勤通学の足だった方にしてみれば、ひたすら邪魔な箱だったに違いない。

画像

ラジエターや付随台車のボルスタを取り付け、床下ディテールの要たるトラス棒を組み立てる↑ トラス棒の工作は今回が初めてで、クイーンポストを立て、棒を架けるまでは順調そのもの。ところが、ターンバックルの入る区間を長めにカットしすぎるポカミスを犯し、そのハンダ付けに悪戦苦闘する始末だっ。

ところで、ボルスタとラジエターの間に2つの穴を新設した。「なにを企んでいるのかねー?」というと、付随台車からの集電を目論んでいるのだよー。ただし、完成後の走行性能によっては不要と判断するかもしれない。あくまで準備工事ってカタチだな。

モーターで走る鉄道模型においても、気動車ならば緻密なエンジンディテールに期待を寄せるのが人情ってもんだ。そこんところを全力で応えてくれる製品を私は手放しで絶賛したい。なに? 模型なんて上から眺める時間のほうがはるかに長いだと? そのようなつまらぬ正論を聞いている余裕はない。次に動力台車の組み立てが待ち構えておるのでなっ。




静鉄駿遠線や尾小屋鉄道などで見られた普通のボギー気動車は、腰高の立派なシルエットを持っている。

関連記事 関連記事:

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その6。メンテナンス性向上と急曲線対応を目論んだ動力の改造。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/11/27)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その4。お顔の縦樋はリアリティとデフォルメの狭間で……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/11/24)

"モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その5。ディテール豊かなエンジン回りと、トラス棒のポカミス。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント