モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その3。ハンドレールノブの植え込みと平行四辺形と甘い予測。

< 一工程終えるごとに擦り合わせと仮組みを実施 = である調 >


頸城のホジ3は塗り分けの点から、塗装前の上回り工作が意外に少なかったりする。これが例えば乗工社の初期製品だと、塗り分けの手間など考慮しない設計になっていてマスキング地獄をたっぷり味わうことができるってわけだ。したがって、安いからと古いキットに手を出すのは考えものだな。今なら入手性のよいワールド工芸製品が無難だと思うよ。むろん、本キット同様に塗り分けしやすく設計されている。

さてと、お次は小さな小さなハンドレールノブ計12個の植え込み。率直にいってキットを開封した当初より憂鬱な気分を引きずってくれた素敵アイテムだ。

画像

魚の骨みたいなロストパーツ、この一本一本がハンドレールノブである↑ 普通の割ピンで済ませないところにメーカーの本気を感じるものの、ちぃと頭がデカいかなぁ。開口済みの側板に一つずつハンダ付けしていくのだが、後でハンドレール(手すりね)が真っ直ぐ通るように組立講座どおりφ0.3 真鍮線を差し込みながらおっかなびっくり作業を進める。

画像

ところがどっこい案ずるより産むが横山やすし、わりとスムースに完了しちゃったわ↑ というのも、割ピンでは表現しにくいツバのおかげで位置決めがとても楽チンなのよ。さすがメーカー様はわかってらっしゃると感心しきり。とかく引っ掛けやすい部品ゆえ、裏側からハンダを流して表側までにじみ出るよう十分加熱した。これで「ポロッ」の悲劇が起こることは無かろうメイビー。

画像

ついで妻面裾の標識灯ケースを取り付け↑ これは楽勝。また、組立講座では同時に雨樋(の縦樋)も付けているけれど、直後の作業で熱が回って雨樋のハンダが溶ける予感しかしない。よって後回しにする。

画像

いよいよ前半戦の山場、側面一周を合体して蓋と底のない箱状に組み立てる↑ 事前に十分な擦り合わせを行い、屋根と床板を仮組みした状態で妻面と側板を多めのハンダでがっちり固定。妻面がカーブを描くせいで、上から見て正しく長方形に組むのが厄介だが「仮組みしてハンダ付けすればその心配も無用だよねー」って思うだろ? 出来てビックリ、微妙に平行四辺形なんだぜベイベー! いやはや難易度の予測がまだまだ甘っちょろいなぁと痛感するわ。と、ともかく……気を取り直して前進あるのみだっ。


白光 半田ゴテ レッド 60W No.503
白光(Hakko)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


最近はもう、この白光60Wがメインに定着した。コテ先は、好みの形に削ったφ6.0銅丸棒に交換しているけれど、かなりチビてきたのでそろそろ作り直さねば。

関連記事 関連記事:

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その4。お顔の縦樋はリアリティとデフォルメの狭間で……。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/11/24)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その2。地道なパーツ修正と、美しい点対称配置。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/11/22)

"モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その3。ハンドレールノブの植え込みと平行四辺形と甘い予測。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント