Intel次期CPUのコードネームが3つも…MacBook Retina 12インチの性能底上げは?

AMDのライバル効果がIntelのモバイル向け製品群にまで波及しているかどうかはさておき、『Intelの第8世代Coreプロセッサは開発コードが3種類 | スラド』とのことでややこしいったらありゃしません。ま、トビはIntel Mac以降、CPUの型番をまともに把握できておらず、新たな脅威でもなんでもないのでOKです。



そんな現行第7世代Kaby LakeからKaby Lake Refreshへの最大の変更点は、クアッドコア製品の拡充となる模様。ですから本CPUが採用されれば、初めて13インチMacBook Proにも4コアプロセッサが載る快挙となりますね〜。

ただ、個人的に性能の底上げをしてほしいMacBook Retina 12インチは……残念ながら4コア以上になる見込みがほとんどなさそうです。PC Watchの記事を見る限り、次期MacBookが採用するCPUは2コアのCannon Lakeと考えるのが最も自然でしょうか。あるいはさらに遅らせて第9世代Ice Lakeを待つのかもしれません。

Kaby Lake-Yの現行MacBookは思いのほか速いらしいですけれど、それでもMacBook Air 11インチのEarly 2015すなわち最終モデルと同等(か僅かに速い?)というのは、コストパフォーマンス的に……ねぇ。勇んでファンレス設計の極薄筐体にしたもんだから、「高性能でちょっと熱い」CPUを安易に載せるわけにもいかず、MacBook Proとの性能差が今後広がる一方ではなかろうかと危惧しますヨ。ここはひとつ、AMD殿にモバイル向けのテコ入れも……。




むしろAppleがAシリーズへの移行をちらつかせたほうが効く?

"Intel次期CPUのコードネームが3つも…MacBook Retina 12インチの性能底上げは?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント