無線LAN子機「GW-450D KATANA」のmacOS Sierra対応版が公開されていた。

無理やり手動でインストールしてからさほど不都合もなく使ってきたPlanexの無線LAN子機「GW-450D KATANA」。今日になってふと思い出し、macOS Sierra 10.12対応ドライバが配布されていないかPlanexのサイトを確認したところ、
画像

バッチリ出ていますねー↑ とはいえ登録日が、Sierraリリースより3ヶ月弱を経た2016年12月14日……ま、全機種にWi-Fiが標準装備されて久しいMac向けのドライバを提供し続けてくれるだけでもありがたいと思うことにします、えぇ。
画像

さっそく古いドライバを削除してから新しいほうをインストール。Wi-Fiはちゃんと機能しています↑

ところが、Finderとのコンフリクト(?)は残ったまま。ひょっとすると、前の記事で怪しいとにらんだフレームワークがうまく更新されなかった可能性もあります。あるいは全く別のなにかと当たっていて、Finderがとばっちりを食っているのかも……。

なお今後のドライバの供給についてはPlanex次第というよりも、中身のチップ「MT7610U」を出荷しているMediaTekにかかっていると思われます。




関連記事 関連記事:

「GW-450D KATANA」のドライバとmacOS SierraのFinderがコンフリクト? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/07)

macOS Sierraで「GW-450D KATANA」が動作しない時の対処。ドライバを手動で。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/11/06)

"無線LAN子機「GW-450D KATANA」のmacOS Sierra対応版が公開されていた。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント