Mac mini用のSSD「Crucial MX525GB」を入手。ひとまず開封、作業は後ほど。

やっと決まりましたよ・・・一番安いっつーだけですけれどネっ。
画像

前の記事では選択肢の2つ目、「Crucial MX300 525GB CT525MX300SSD1」です↑

いろいろコメントを頂戴して、まず耐久性は気にしないこととしました。よってMLCを除外。で、同じCrucialの750GBモデル(選択肢1つ目)が自分にとってちょうどいい容量と考えていたのですが、2万円の大台に乗ってしまうのとGB単価が少し高くて躊躇。今のMac miniの使用量が200GB前後ゆえ、500GBが埋まる頃にはより安価で大容量のSSDが出回っているだろうとの予測も踏まえて本品に決定した次第です。
画像

近ごろはシンプルな中身の製品を見ると・・・どこか安堵しますね。本体、スペーサー及びAcronis True Image HDのシリアル番号が書かれた紙切れ1枚↑ 現在Fusion Driveに使っているサンディスクがプラスチック製なのに対してアルミ外装となっており、放熱が期待できます。

基本的にMac miniの起動ディスクへ大容量のデータを置くことはせず、外付けの3TB HDDがWindowsでいうところのDドライブに近い存在で常時稼働しています。もし全てのデータを1台に収めて内蔵しようとすると、選択肢4つ目の960GBですら全然足りません。けれど、「3TBのSSDが2万円を超えてしまうのか、うーん」などと悩める未来もそう遠くない気がしますね。

今日は紹介だけで、作業は明日以降です。最初にFusion Driveを組んだときと同じく、Time Machineからの復元で大丈夫でしょう。念のため断っておきますが、メインMacにネタ目的(え?)のトラブルは不要ですから。それはWindowsマシンの担当ですからっ。変な期待をしないでくださいませ。




初めて買ったSSDはCFDの64GBで、9,000円弱でした。
関連記事 関連記事:

Mac miniを自作Fusion DriveからSSD一発に換装。速度向上はほんの僅か・・・。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/10/01)

今度こそ本気で大容量SSDの購入を検討中。選択肢が多すぎる・・・。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2016/09/24)

"Mac mini用のSSD「Crucial MX525GB」を入手。ひとまず開封、作業は後ほど。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント