現行Mac miniのあれこれ、その後。押さない、やはりダメSD、冷夏、弁当箱などなど。

1年のうちに空気のような存在へと昇華したトビのMac mini(Late 2014)。初期レビューで突っ込んだ点などを以下に振り返ってみます。

○「背面の電源ボタンは、押さないことで解決

負け惜しみでもネタでもなく、本当に電源ボタンなんて数ヶ月に一度しか使わないんですよっ。信じる者が救われるか掬われるかはともかく、スリープ時の低消費電力をアテにし続けております。ポータブル一筋でやってきた私にとって、バッテリーの健康状態を考えなくていいことも気分的に楽チンで助かりますね。少し期待していた新キーボードことMagic Keyboardに電源ボタンが搭載されず、残念。

○「SDXCカードスロットの配置は1年経ってもアホの極み

近ごろUSB接続のカードリーダが認識不良を頻発するもんだから、余計に悪態をつきたくなります。前面にあれば、それこそ壊れるまで酷使するっちゅーねん! 繰り返しますが、背面に隠すのはどこのメーカーでもできる、Appleなればこそ使いやすい場所に美しく配する優れたデザインを求めてしまうのです。異論があればことごとく却下ザマス。

○「熱暴走は、今年が冷夏っぽいために再発なし

これもネタではなく、7月の集中的猛暑に8月を案ずれど肩透かしを食らったカタチです。ダイソー卓上扇風機がまた価格に見合わぬ活躍ぶりで、今に至るまで熱暴走の再発はナッシング。ちなみに、扇風機が反動で後退する間抜け仕様については、脚の裏のくぼみに針金を何本も埋め込んで重量を稼ぐことで解決。本当は散弾・・・じゃねぇ鉛粒を詰めるのがベストですけれど。

○「自作Fusion Driveは総じて満足なり

先日悩み中と書いたとおり、HDDオンリーと比すれば劇的な速度アップに十分満足しています。保証切れを機にストレージの配置入れ替えすなわち、USB接続しているSSDを本体へ内蔵し(TRIMも効くはず)HDDを外付けにすれば、よりすっきりしそうですけれど、さーてどうするか・・・ですねぇ。

○「弁当箱デザインに、ハードを愛でる楽しみは希薄

個人的にMac mini最大の短所と感じます。しかも、触れるどころか筐体正面のみちらっと覗くに留まる我が環境においては、心理的距離の遠いこと遠いこと。ただのアルミ板とぼやきつつ、手に持たねば使えないiPad 4thのほうがまだマシでしょう。「OS Xの動く実用機」以上を求めづらい製品だと痛感する次第です、ハイ。

*****

以上、なんだかんだいってもメイン機として不動の地位を確立していますからねぇ〜。一方でかわいそうなほどMacBook Airの利用頻度が減ってしまい、自分の薄情っぷりに呆れる始末です、ナハハハ。


APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A
アップル
2014-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


関連記事 関連記事:

Mac mini(Late 2014)購入から1年。ポートの空きは2つを残すのみ。例の入れ替えは…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/10/28)

これではMacBook黒とMac miniが「熱暴走」しても不思議ではない図。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/05/30)

Mac mini Late 2014をFusion Drive化。安価なSSDとケースを入手。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2015/05/27)

「Mac mini(Late 2014)」レビュー全13回のまとめ。あと、シリコーンシートで騒音減。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/11/27)

"現行Mac miniのあれこれ、その後。押さない、やはりダメSD、冷夏、弁当箱などなど。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント