家族のマシンを刷新、「MacBook Pro Retina 13インチ」が我が家最速の座に。

以前、「Mac miniが我が家最高速の座を早々に譲ってしまった」と書いた釈明をせねばなりませぬー。

画像

RetinaのMacBook Proは額縁の下にモデル名が記載されていないのですか・・・↑

Mac miniの三日天下を打ち破った張本人こそ、家族の「MacBook Pro Retina(mid 2014)13インチ」。

最も使用頻度の低い当人へ充てがうにはオーバースペックすぎるのですが、いかんせん今まで使ってきたiBook G4がいよいよ満足なネットサーフィンもおぼつかなくなり、ディスプレイも見づらく、加えてMacのセキュリティ情勢が緊迫の度を強めていることが決定要因となった次第です。

ディスプレイについては、最初MacBook Air 13インチで十分だと私も当人も考えていたのですけれど、その現物を目の当たりにして、やはり字が小さいと感じるんですねぇ。つまり、Retinaディスプレイの必要性が大きいというよりも、昔のノートよろしく14.1インチXGAや15インチXGAクラスの低ppiと同じ意味合いで、GUIパーツそのものの大きさが重要なわけです、えぇ。

*****

トビはセットアップする程度しか触っていないものの、その起動たるやHDDのMac miniはいうに及ばずMacBook Air(Late 2010)のディープスリープからの復帰より速いんじゃないかというほど、超速。

しっかし、初Macとして(当人は初Macじゃないけれど!)非常にバランスのとれたオススメしやすいマシンだと感じますね。RAM標準搭載量が8GBに増量されたことも大きいです。Retinaディスプレイにフラッシュストレージと今をときめくMacの華を思う存分楽しめますし。唯一128GBのストレージ容量に不安を覚えるものの、多分にコンピュータを長らく使ってきた者の感覚にすぎないと思いますヨ。


MacBook Pro RetinaディスプレイMGX72J/A 2600/13.3
APPLE(アップル)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MacBook Pro RetinaディスプレイMGX72J/A 2600/13.3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


関連記事 関連記事:

「Mac mini(Late 2014)」レビューその2。2.6GHzの Iris でCTOなしっ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/11/01)

"家族のマシンを刷新、「MacBook Pro Retina 13インチ」が我が家最速の座に。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント