「Mac mini(Late 2014)」レビューその3。ディスプレイ関連、砂嵐とteleport。

今回はわりとまじめな報告ゆえ、ですます調でいきますね。

Mac mini(Late 2014)の調子は今のところ上々です。いち早く最新技術が装備される性格のマシンではないし、つくづく実用的だと感じますねぇ。まあ。裏を返せば面白みの少ないコンピュータといえるわけですが。

画像


で、Mac mini(Late 2012以前?と一部MacBook Proも?)とOS X Yosemiteの組み合わせで発生するらしいスリープ復帰時のフリーズ問題も幸いLate 2014は関係ないようですが、一度だけスリープ復帰時に外付けディスプレイがアナログチックな砂嵐に見舞われたのです。5秒ほどで正常な表示に戻り、それ以降は発生していないものの肝を冷やしましたヨ。この事件から芋づる式に上記の問題を知った次第です。

*****

ついでに、昨晩四苦八苦して諦めたのがteleport」の導入。OS X Mavericks(正確にはSnow Leopard!)から順当にアップグレードしたMacBook Air(Late 2010)では正常に動作しているのに、Mac miniでの新規インストールでつまづきました。

画像


フォーラムにあるとおり、teleport.prefPaneのパッケージ内「Contents > Resources > teleportd.app」をデスクトップにコピーすることで「システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > プライバシー > アクセシビリティ」内に現れ、チェックを入れることができます。ところが、マシンを再起動するたびに制御許可が外れるらしく、毎度設定し直さなくてはなりません。さらに、一度設定すればデスクトップにコピーしたteleportd.appを削除してもOKとフォーラムでは書かれているところが、ゴミ箱に入れるとアクセシビリティ内から消えてしまうのです。

どうもトビの環境だと、デスクトップにコピーしたものではうまく誤魔化せていない感じですねぇ。そもそもMacBook Airでは、アクセシビリティにteleportd.appが入っておりません、うーむ。

*****

Mac mini導入にあたっては、外付けディスプレイの入力2系統(DVI-DとVGA)をフル活用することを念頭に入れておりまして、teleportもその一環として重要な役割を担ってほしいだけに手痛い状況です。いやしかし、買った先からいろいろ面倒臭いことをやりすぎて勝手にパニクっているだけですね、トホホホー。


Mac Fan (マックファン) 2014年 12月号 [雑誌]
マイナビ
2014-10-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mac Fan (マックファン) 2014年 12月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


OS X Mavericks以降のセキュリティとアクセシビリティの仕組みがどうにも気持ち悪いです。

関連記事 関連記事:

「Mac mini(Late 2014)」レビューその4。teleportの補足、具体的な症状。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/11/05 12:59)

「Mac mini(Late 2014)」レビューその2。2.6GHzの Iris でCTOなしっ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2014/11/01)

"「Mac mini(Late 2014)」レビューその3。ディスプレイ関連、砂嵐とteleport。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント