Snow Leopardでzip圧縮ファイルの解凍先を変更

 Snow Leopardに限った話ではないでしょうが、OS X標準の圧縮・解凍ユーティリティで解凍先の場所を変更する方法がまっぴーに載っていました。

 システム > ライブラリ > CoreServices内にユーティリティ本体である「アーカイブユーティリティ」が入っているので起動。環境設定を開きます。
画像

 こちらで、解凍先や解凍後の挙動、圧縮の設定を行うことができます。特に、解凍先の場所はデフォルトだとアーカイブと同じディレクトリになっており、「ダウンロード」フォルダに解凍されてしまうため、デスクトップなどに変更すると使いよいと思います。

Mac People (マックピープル) 2009年 11月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


 まっぴーのこういうチップスが非常にありがたいですね。

"Snow Leopardでzip圧縮ファイルの解凍先を変更" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント