ついに日本で心電図機能が解禁っ、「watchOS 7.3」リリース。不規則な心拍の通知機能も。

Apple、「watchOS 7.3」を正式リリース − 日本で「心電図」アプリが利用可能に | 気になる、記になる…』ということで、待ちに待った心電図Appが日本でようやく使えるようになりました、ヤッタネ! Appleが「watchOS 7.3」を配布しています。本件のニュースリリースはこちら

watchos73_01.jpg
効能書きは以下。
watchOS 7.3には、以下の新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれます:

・“ユニティ”の文字盤: パン・アフリカの旗の色から着想を得たもので、1日を通して身体の動きに合わせて形が変わり、自分だけの文字盤を作り出すことが可能
・Apple Fitness+登録者のための“ウォーキングの時間”: “ワークアウト” Appでのウォーキング中にゲストがインスピレーション溢れるストーリーを共有するオーディオ体験
・日本、マヨット、フィリピン、およびタイでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応
・日本、マヨット、フィリピン、台湾、およびタイで不規則な心拍の通知に対応
・ズーム機能を有効にすると、コントロールセンターと通知センターが反応しなくなることがある問題を修正

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

国内の医療機器認可に関する法律が高い壁になり、実現は無理だろうといわれていた時期もありましたからねぇ〜。Apple Watch Series 4以降の方は、思う存分心電図を計測してくださいませ。

なお、私のSeries 3でも「不規則な心拍の通知機能」は利用できるようなので、早めにアップデートするつもりです。しかしまぁ、Series 3のアップデートが毎度大変なわけですが……。

Mac Fan 2021年3月号
Mac Fan 2021年3月号

"ついに日本で心電図機能が解禁っ、「watchOS 7.3」リリース。不規則な心拍の通知機能も。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。