iPhone・iPadで自室に置いた新型「Mac Pro」を体験できるARが楽しい。

今朝の時点ではWWDC19のキーノート録画がまだ視聴できないので、小ネタをば。

画像

iPhoneやiPad(とiPod touch 7thも?)のSafariで新型「Mac Pro」のページを開き、下のほうの『Use AR to see Mac Pro in your workspace.』までスクロールします↑ 「View in AR」をタップすると、

画像

「オブジェクト」はQuickTime VRのようなMac Proの筐体をグリグリ見回すもの↑そして「AR」が、iOSデバイスのカメラによる映像とMac Proの3Dモデルを合成した拡張現実モードとなります。使い方は簡単……というか必要な作業の全てを向こうが誘導してくれます。

画像

指で筐体を移動・回転し、自室の机に載せてみました↑ おぉー、なかなかデカいですねぇ。ただし、最初のキャリブレーションによってはサイズが不正確となる場合もあるため、だいたいの目安に留めておくのが無難です。

ちなみに新Mac Proの筐体寸法は 52.9(H)x 21.8(W)x 45(D)cmで、Mac Pro(Mid 2012以前)の 51.1 x 20.6 x 47.5 cmとほぼ同じになりますね。


四面 チーズ卸器 90×60×H210 小 M2080
SUNNEX(サネックス)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


今度はコレが人気沸騰らしいです。個人的にはMid 2012以前も当てはまるだろうと思っちゃいますが、Late 2013のゴミ箱酷似事件があまりに印象的だったせいでしょうね。

"iPhone・iPadで自室に置いた新型「Mac Pro」を体験できるARが楽しい。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント