バッテリー交換劇から2年経った初代iPhone SE、最大容量は見覚えのある「89%」に。

27日間もの待ちぼうけを食らったiPhone SE(初代)のバッテリー交換劇から2年が経ちました。

iphonese_2021battery01.jpg
現在の最大容量は89%↑ 89%……興味深いですねぇ。

それというのも、バッテリー交換に出す直前の容量が89%でして、iPhone SE購入より2年2ヶ月のタイミング。良いのか悪いのかわかりませんけれど、私のiPhoneの使い方は一定しているようです。なお、昨年正月にチェックした際は98%でした。

毎夜就寝前に充電するため、89%でも基本的には困りません。ただ、うっかり忘れると翌日はたいへん厳しくなってしまいます。

しかしまぁ、果てしなく呑気に後継機選定できるのも、現状のiPhone SEがまだそれなりに使えるからですネっ。iPhone 3Gの衝撃は別格として、我がiPhone史上最高の名機と断言できます。だからこそ後釜への過剰な要求に繋がるというジレンマ……厄介な話です。

DIGIFORCE for iphone se バッテリー 互換 LPB-DIGISE PSEマーク 工具付
DIGIFORCE for iphone se バッテリー 互換 LPB-DIGISE PSEマーク 工具付
結局、中華製バッテリーのお世話になることもなく終わりそうです。

関連記事 関連記事:

バッテリー交換の配送修理に出した「iPhone SE」、1年後の最大容量は?: パワーリンゴ(2020/01/03)

27日を経て……バッテリー交換に出したiPhone SEがついに帰還。: パワーリンゴ(2019/01/05)