「watchOS 7.1」配布。Macのロックを解除できなかった問題が修正される。心電図はまたお預け。

アップデータリリースの前日に記した不具合があっさり解決されましたヨ。Appleが「watchOS 7.1」を配布しています。

watchos71_01.jpg
効能書きは以下。
watchOS 7.1には、新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれます。

・ヘッドフォンの音量が聴覚に影響を及ぼす可能性がある場合に通知する機能を追加
・韓国とロシアでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応
・韓国とロシアで不規則な心拍の通知に対応
・一部のユーザがApple WatchでMacのロックを解除できなかった問題を解決
・Apple Watch Series 6でユーザが手首を上げたときに画面が暗いことがある問題を修正

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222


watchos71_02.jpg
というわけで、Macのロック解除ができなくなる問題が無事に修正されました。watchOSのアップデート直後にオンにしようとするも、例の『通信できませんでした』が表示されたのでMacBook Proを再起動。すると、自らシステム環境設定を開くまでもなく『Apple WatchでMacのロックを解除』通知が現れ、あっさり有効化できた次第です↑

待望の心電図ですが……韓国とロシアに対応したものの、日本はまたお預けです。認可に向けた動きが噂されていましたけれど、やはり壁は厚いんでしょうかね。

最新 Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
最新 Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
Series 6が現行機種でいるうちに心電図機能が解禁されなければ、SEの存在意義は非常に大きいものとなりましょう。

関連記事 関連記事:

事情により復元したwatchOS 7のApple Watch Series 3で「Macのロック解除」ができなくなる。既知の問題?: パワーリンゴ(2020/11/05)