M1 Macのハイパフォーマンスに戸惑いを隠せない自分……クック船長最大の功績となるか?

M1 Macのパフォーマンスに関する情報が集まるにつれ、控えめに言っても困惑を隠せないでいる私です。

「例によってAppleの大言壮語癖でしょ」
「SoCが従来のディクリート型(?)アーキテクチャを超えるなんて、いやいや」
「『Intelサボってる』などと囁かれつつも半導体トップメーカーに敵うわきゃない」
「近ごろのiPhoneやiPadがMacの性能を追い越し始めているって、Macこそがフラグシップだというのに信じられるかっ」


ま、若干の誇張を含むとしてもですね、WWDC20でApple Siliconへの移行が発表された際の本音は上記のとおり。古参ユーザと名乗れるほどではありませんが、それなりにMac歴を重ねてきた手前、こと性能向上の喧伝には裏切られ慣れた自覚はあります。

おかげさまで、従来とは正反対の「嬉しい裏切り」に戸惑っちゃうわけですよ。傍から見れば喜劇そのものでしょうけれどっ。

m1mac_tim01.jpg
他方、Macの処遇が冷たく感じられたApple現体制においては大どんでん返しといっても過言ではない本件、将来振り返ってみればクック船長最大の功績と讃えられるかもしれませんね。というより……AppleもIntelの遅い歩みに業を煮やしていただけ?

そのIntelも、大口顧客を逃したうえSoCに大敗を喫した現状に甘んじるとは思えません。全力で巻き返しを図り、わずか数年で追い越す可能性も十分あるのではないでしょうか。いずれにせよ、AppleがCPUブランドやアーキテクチャへこだわりを持っていないのは明白ゆえ、その時点で手に入る最良の選択をするはずです。

最新 Apple Mac mini Apple M1 Chip (8GB RAM, 512GB SSD)
最新 Apple Mac mini Apple M1 Chip (8GB RAM, 512GB SSD)

関連記事 関連記事:

今般発表されたM1 Macは、RAMのカスタマイズオプションが16GBに限られる。上位M1に期待?: パワーリンゴ(2020/11/12)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント