「Adobe Flash Player 終了」のお知らせダイアログが表示される。ローカルコンテンツの再生はどうなる?

Flash PlayerをインストールしているMojaveのMac miniも、Safari 14へのアップデートは済ませています。つまり、私の環境では「お前はもう死んでいる」状態だったわけですが、

adobe_flash_eol01.jpg
先日『Flash Playerに対するアドビのサポートは、2020年13月31日で終了します』と表示されました↑ 「後で通知」と「アンインストール」の二択しかない無慈悲なダイアログですね。

終了に関する情報ページによれば、2021年以降はFlash Playerのダウンロードページが削除され、Playerでの実行もブロックされるとのこと。自分のコンピュータに保存しているコンテンツの再生については明記されておらず、挙動が不明ですねぇ。

もし大切なローカルコンテンツを抱えている方は、今のうちに(できれば古いバージョンも含めた)Flash Playerのインストーラを確保したり、完全なオフライン環境を整えておくべきかもしれません。いずれにせよセキュリティリスクを伴う運用であることは変わらないため、その点よくよくご留意くださいませ。

古墳ギャルのコフィーBOX ザ・フロッグマンショー 【初回生産限定】 [DVD] - 製作:FROGMAN
古墳ギャルのコフィーBOX ザ・フロッグマンショー 【初回生産限定】 [DVD] - 製作:FROGMAN
直近バージョンのFlash Playerは時限信管を内蔵している可能性もありますので、システム時計を巻き戻せるレベルのオフライン環境がベストでしょう。ま……そこまでして維持したいコンテンツがあれば、の話ですが。

関連記事 関連記事:

Big Surに先行して「Safari 14」配布。プライバシーレポート、タブプレビューなど。: パワーリンゴ(2020/09/19)