「COCOA 1.1.3」配布、Bluetoothの検出精度向上。通知とアプリの矛盾表示については?

意図せずCOCOAウォッチャーになってしまった感はあるものの、「COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ バージョン1.1.3」がリリースされました。

cocoa113_01.jpg
App Storeの効能書きが用をなさないため、厚労省のプレスリリース本文を以下に引用します。
 厚生労働省は、本日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」(以下「本アプリ」という。)の修正版(iOS版)の配布を開始しました。スマートフォン端末のアプリの自動アップデート機能がOnになっている場合には、ダウンロードが可能な通信環境から自動的に更新されます。アップデートしていただきますようお願いいたします。
 Android版の修正版の配布は、近日中に予定しています。

 本アプリは、スマートフォンのブルートゥース機能を使い、概ね1メートル以内の距離で15分以上の近接した状態にあった場合、接触として検知する可能性が高くなります。ただし、ブルートゥースの性質上、機種の性能や周辺環境等により、計測する距離や時間に差が生じるため、検出精度の向上を図るため、継続的な設定の見直しが必要なものです。
 これまでに多くの方にご利用いただき、また、ご利用者の中で新型コロナウイルス感染症と診断された方には本アプリに陽性者としてご登録いただき、周囲にいた方への通知にご協力いただきました。ご利用者の皆様から様々な情報をお寄せいただく中で、端末の利用環境等により、想定しているよりも広範な接触が検知されているのではないか、あるいは本来検知すべき接触が検知されていないのではないか、という疑いのある事例もあり、改めて接触の検知の仕組みについて見直しを行って参りました。今回の修正版(1.1.3)による修正は、接触の検出精度の適正化を図るため、内部処理の改良を行ったものです。

 厚生労働省は、国民の皆様に広く、安心して本アプリをご利用いただけるよう、利用者からのご意見等を踏まえ、引き続き、本アプリの機能・デザインの改善を行ってまいります。

以上

検出精度の向上が図られたそうです。私自身、特に1mの距離に関しては大いに疑問の残る点でしたから、機種ごとの最適化が進むのはありがたい話ですヨ。ただ、ハードウェアに直結する調整はAppleがすべき領域ではないかと思うのですけれど……それこそ各モデルのBluetooth送受信性能から、主要なタイプのケース類を装着した場合の減衰量に至るまで様々なデータ蓄積も十分行っているでしょうに(むしろアプリ側で調整する余地があったことに驚きっ)。

なお、非常に厄介な問題ゆえ早急な解決を望む通知とアプリの矛盾表示に関する件は、残念ながら本アップデートで触れられていません。ただ、この矛盾表示と検出精度になんらかの機能的関係が存在する可能性もゼロではない気がします。以下は極私的邪推ですが、通知システムとアプリの接触判定閾値に(意図的に設けられたのか否かは別にして)少し差が生じているのではなかろうかと。つまり後者の判定基準が厳しいということですね。いずれにせよ正しくアナウンスされないかぎり混乱は続くので、なんとか決着していただきたいところです。

iFace Reflection iPhone SE 2020 第2世代/8/7 ケース クリア 強化ガラス [ブラック]
iFace Reflection iPhone SE 2020 第2世代/8/7 ケース クリア 強化ガラス [ブラック]
Bluetoothの送受信性能が高いと、集合住宅はおろか戸建てのお隣さんですら「1m・15分」条件が成立する場合があるかもしれません。プライバシー優先でGPSを利用せずBluetooth電波強度のみで測距する仕組みが少々もどかしく感じます。

関連記事 関連記事:

邪推がビンゴっ、「COCOA 1.1.4」配布。通知とアプリの矛盾表示は判定の差異に起因。: パワーリンゴ(2020/09/25)

「COVID-19にさらされた可能性」通知が届く。COCOA バージョン1.1.2の不具合は非常にマズい!: パワーリンゴ(2020/08/26)