接触通知ステップ2となった「iOS 13.7」でも、日本国内で通知を受けるにはCOCOAが必須とのこと。

先日リリースされた「iOS 13.7」は、接触通知システムがOSレベルの実装となるステップ2に移行したことをお伝えしました。

ところがどっこい『「iOS 13.7」でも接触通知を受け取るには「COCOA」が必要 − 厚生労働省 | 気になる、記になる…』とのことで、

ios137_03.gif
厚労省のFAQに『iOS13.7でも、接触確認アプリがなければ新型コロナウイルス感染症に陽性と診断された方との接触について通知を受け取ることはできません。すでに接触確認アプリをご利用の方は、アンインストールせずにご利用ください。』と素晴らしい早さで追記されています↑

普通に読めば、COCOAをインストールしないとコロナアイコンの接触通知も受け取れない(= OSレベルの接触通知システムが機能しない)ということになりますね。接触通知システムとステップ1のAPIを用いたアプリ(日本なら厚労省アイコンのCOCOA)は連携して真価を発揮するわけですが、すでにアプリがリリースされている国だと前者単独で利用できない縛りでも設けているのでしょうか。

ただ、そのほうが通知に関する余計な混乱を招かずにすみそうですね。いずれにせよCOCOA矛盾表示不具合の修正は待ったなしです。しつこくて申し訳ありませんが、解決されるまでは声を上げますよ。

Mac Fan 2020年10月号 [雑誌] - Mac Fan編集部
Mac Fan 2020年10月号 [雑誌] - Mac Fan編集部

関連記事 関連記事:

「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」配布。接触通知システムがOSレベルの実装となる「ステップ2」に。: パワーリンゴ(2020/09/02)