「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」配布。接触通知システムがOSレベルの実装となる「ステップ2」に。

Appleが「iOS 13.7」「iPadOS 13.7」を配布しています。

ios137_01.jpg
デバイス単体もしくは母艦経由でアップデートしてください。iOS 13.7の効能書きは以下。
iOS 13.7では、Appをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができます。システムが利用可能かどうかは、お住まいの地域の公衆衛生当局による対応状況によって異なります。このリリースには、iPhoneで発生していたその他のバグの修正も含まれています。

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

あまり理解できていないのですが、4月のプレスリリースではアプリ開発用のAPI提供が「ステップ1」で、日本のCOCOAもその成果物の一つとなりますね。そして今回はOSレベルの実装となる「ステップ2」……で合っていますでしょうか。

ios137_02.jpg
設定App > 接触通知」が新たに設けられました↑ 接触通知アイコンは、すでに何度かお目にかかっている能天気コロナマークでして、従来の、COCOAをインストールしないと接触通知も組み込まれない点が改善された……だけではないはずですが。いずれにせよ、COCOAアプリの有無に関わらず接触通知は必ず届くようになった(本機能をオフにしないかぎり!)ことが、利用者にとっては大きな相違ですね。

しかし経験上、通知のみ届いた場合はすこぶる厄介なため、COCOAのインストールも強くお勧めします。ただしっ、矛盾表示の不具合を抱えた現状では同じ理由で困っちゃうため、COCOAの早急なアップデートも願うばかりです。

渚にて 人類最後の日 (創元SF文庫) - ネヴィル シュート, 佐藤 龍雄
渚にて 人類最後の日 (創元SF文庫) - ネヴィル シュート, 佐藤 龍雄
これは全然違いますが、じつに美しい終末ものです。

関連記事 関連記事:

接触通知ステップ2となった「iOS 13.7」でも、日本国内で通知を受けるにはCOCOAが必須とのこと。: パワーリンゴ(2020/09/04)

「COVID-19にさらされた可能性」通知が届く。COCOA バージョン1.1.2の不具合は非常にマズい!: パワーリンゴ(2020/08/26)

Apple WatchにCOCOAの通知が届く。ログ記録はコロナウイルス風のアイコン。: パワーリンゴ(2020/08/20)