第10世代(Ice Lake)搭載MacとFinal Cut Pro Xの相性問題について、未だAppleからの告知もなし。

昔のAppleなら許された……などというふざけた話じゃありません。第一Intel Mac以降の、ユーザ層が顕著に広がっている今、過去の横暴が通用しないことなどApple自身がよくわかっているでしょう。私が知ったのは6月半ばか下旬だったでしょうか、Mac系サイトやAppleサポートディスカッションでも議論されているとおり、13インチ MacBook Pro(2020)上位モデルとFinal Cut Pro Xの相性問題が続いているようですね。

13mbp2020_fcpx01.jpg
ざっと調べた限りでは以下の具合でしょうか。

・第10世代(Ice Lake)Intel Core搭載機のみ発生。
・Ice Lake搭載のMacBook Air(2020)でも同様の症例あり。
・10分前後経過すると、レインボーカーソルが現れてしばらく待たされる現象が何度も起こる。
・Final Cut Pro Xに加え、iMovieでの問題報告もあり。
・本件が発生しない個体も存在する。


書き出し速度が2019年モデル(第8世代)とほとんど変わらなかったり、レインボーカーソルが現れるまでの時間に幅がある、また上記以外の動画編集ソフトでの症例報告といったバリエーションも見受けられますね。

13mbp2020_fcpx02.jpg
少なくともIce Lake搭載MacとFinal Cut Pro Xに相性問題が存在することは確実であり、おそらくAppleも把握しているはずです。13インチPro発売から2ヶ月近く、Airの発売日から数えれば3ヶ月以上経つわけで、不具合修正にひどく手間取っているにしても、ええ加減ユーザに対しなんらかの告知が行われてしかるべきだと思いますよ。

しかし症状の再現されない個体があるというのも妙な話ですねぇ。他方、Ice LakeのWindows機と動画編集ソフトで同様の報告は無さそうですから、ソフトウェアの修正で解決できるのではないでしょうか。ともかく、この問題に遭遇した方はAppleサポートへ連絡することを強くお勧めします。

DAVINCI RESOLVE デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル - 阿部 信行
DAVINCI RESOLVE デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル - 阿部 信行
他社製で発生するならまだしも……特にFCPは「それを使いたいからMacを選ぶんだ」というキラーアプリのひとつ。

関連記事 関連記事:

Ice Lake搭載MacBook Pro・AirとFinal Cut Pro Xの相性問題はmacOS Catalina 10.15.6にて解消された模様。: パワーリンゴ(2020/07/24)

「macOS Catalina 10.15.6」配布。バッテリー駆動時のオプション追加。Final Cut Proに関する問題修正は?: パワーリンゴ(2020/07/16)

新「MacBook Pro 13インチ」登場。IceLake・32GB RAM・4TB SSDに加え物理escキーのMagic Keyboard搭載、そして安いっ。: パワーリンゴ(2020/05/05)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント