フェイスのカスタマイズが進化した「watchOS 7」、Apple Watch Series 3の対応はどこまで?

watchOS 7」のアップグレード対象機種はApple Watch Series 3以降で、Series 3ユーザの私も一安心と言いたいところですけれど……

watchos7_s3_01.jpg
Not all features are available on all devices.』なる、ええ加減見慣れてなお戦慄を覚える但し書きが付いていますネっ↑

watchos7_s3_02.jpg
watchOS 7の目玉はフェイス(文字盤)関連の大幅な機能アップです。特に、サードパーティ開発者がひとつのAppから複数の異なる内容のコンプリケーションを配置した独自フェイスをリリースできるようになった点は大きいでしょう。左右スワイプで簡単にフェイスの入れ替えが可能なApple Watchだからこそ、極端な用途特化型フェイスも気軽に作れるというもんです。

さらにユーザ間でフェイスの共有もできる……このあたりから、さすがに疑問が湧いてきましたよ。すでにSeries 3とSeries 4以降では、画面サイズと解像度の差によるフェイスのカスタマイズ自由度が異なるわけです。つまり、Series 4以降のフェイスをSeries 3で再現することはできないはず。

以上を踏まえれば、Series 3がフェイスカスタマイズの恩恵を全く受けられない恐れもありますねぇ。ともあれ、この辺の情報を早く知りたいものです。

Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L
Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント