「4コア MacBook Air(2020)」か「1.4GHz MacBook Pro(2020)」か、それが問題だ。

タイトルどおりです。4コア MacBook Air(2020)と13インチ MacBook Pro 1.4GHz(2020)で悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。現実的なCTO価格を比べても、前者(1.1GHz・16GB RAM・512GB SSD)が154,800円、後者(1.4GHz・16GB RAM・512GB SSD)が164,800円とわずか1万円差

私は「MacBook Air Plus」として昨年末に13インチMacBook Pro 1.4GHzを買った手前、4コア MacBook Air(2020)登場時に結構へこみましたっけ。しかし、その後現れたベンチマークや使用感のレビューを見るにつけ複雑な気分となり、新しい13インチProが発表されるに至って「選択は間違っていなかったかも?」と思い直しつつあります。

それというのも『2万円違いなら「MacBook Pro」を選ぶべき。第10世代のAirじゃなく第8世代のProだと思う理由(本田雅一) - Engadget 日本版』で述べられている内容に概ね賛同できるからです。

mbp19_cinebench01.jpg
要するに、4コア MacBook Airは冷却不足のため短時間しかフルパワーで回せないようですね。iFixitのバラシ記事でも、2コア時代から冷却部材の構成が変わっていません↑ 当初からマルチコアのベンチマークスコアが伸び悩んでいたのは、テスト開始後の早い段階でサーマルスロットリングが頻発していた可能性が考えられます。ちょっと負荷をかけるとファンの回転数が急上昇するといったレビューも、それを裏付けているのではないでしょうか。

mbp19_cinebench02.jpg
我がMacBook ProをCineBench R20(Mac App Store)にて常駐ソフトを落とさずラフに計測したところ、Proはちゃんと4コア分のスコアを出しています↑ さすがにレンダリング中はファンがフル回転するものの、計測終了までにパームレストまで熱が回ってくることはありませんでしたね。

むろん低〜中負荷で長時間使い続ける運用なら、Airでもさほど不利を感じることはないと思われます。まさしくそれが私の想定した使い方であり、自分こそProを選ぶ必然性に乏しいわけですけれど、1万円で余裕ある性能が手に入る点はよくよく検討したいものです、ハイ。

なお、本記事は純粋な処理能力に限定した考察であって、Touch Barの有無や100g強の重量差、デザインの好み等々は棚上げしていますヨ。

最新モデル Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GHzデュアルコア第10世代Intel Core i3プロセッサ, 8GB RAM, 256GB) - ゴールド
最新モデル Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GHzデュアルコア第10世代Intel Core i3プロセッサ, 8GB RAM, 256GB) - ゴールド
MacBook Airを選ぶなら、潔くCore i3の最廉価構成で割り切るのもアリ。これですら2019以前のCore i5を大きく上回ります。

関連記事 関連記事:

新「MacBook Pro 13インチ」登場。IceLake・32GB RAM・4TB SSDに加え物理escキーのMagic Keyboard搭載、そして安いっ。: パワーリンゴ(2020/05/05)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント