「ポータブックXMC10」のキーボードを、畳んだ状態で入力可能にする方法。内部のスイッチを倒すだけ。

また小ネタです。先日ポータブックをバラした際、スライドアークキーボードを畳むとフィンガーマウス共々オフになる仕組みがわかりました。

porta_keyboard_switch01.jpg
トップケース裏のアームがスライドし、赤丸のスイッチを倒すことでキーボードがオンになります↑ つまり、このスイッチを倒したまま固定すれば、キーボードを畳んだ状態でも入力が可能になるわけですね。

再組み立て時、トップケースを固定する前に動作確認しようとするも、キーボードが効かなくて気づいた次第です。スイッチの上にセロハンテープをベタ貼りして問題なく動くことをチェックしました。ところがテープを剥がし忘れてトップケースをはめ込んでしまい、また分解を余儀なくされるというボケをかましたのは秘密……アレ?

Teenitor 耐熱ポリイミドテープ 幅10mm×長さ33m×厚さ0.06mm カプトン粘着テープ 電気絶縁用テープ ポリミドテープ 耐熱性テープ 絶縁耐熱テープ
Teenitor 耐熱ポリイミドテープ 幅10mm×長さ33m×厚さ0.06mm カプトン粘着テープ 電気絶縁用テープ ポリミドテープ 耐熱性テープ 絶縁耐熱テープ

関連記事 関連記事:

「ポータブック XMC10」の熱問題、アルミ板一枚を挟むだけで約5℃下がってしまったの巻。: パワーリンゴ(2020/05/12)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント