「watchOS 6.1.3」登場。「不規則な心拍の通知」に関する問題修正など。「watchOS 5.3.5」も。

アップデート祭り以外の時期にwatchOSのアップデータが登場するのは珍しいですね。Appleが「watchOS 6.1.3」を配布しています。

watchos613_01.jpg
例によってiPhoneの「Watch」App経由でアップデートします。効能書きは以下。
このアップデートには、アイスランドでApple Watchの“不規則な心拍の通知”が正常に働かない問題の修正を含む、バグの修正および改善が含まれます。

国や地域によっては、一部の機能を利用できない場合があります。詳しくは、以下を参照してください: https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

残念ながら、今のところ「不規則な心拍の通知」は日本で利用できません。

また、iOS 12搭載のiPhoneとペアリングしているApple Watch向けに「watchOS 5.3.5」がリリースされました(watchOS 6はiOS 13必須)。効能書きの内容は同じようですね。

ところで、watchOS 6.1.2の記事にて私のApple Watchのレスポンスが落ちていたことを述べましたが、6.1.2アップデート後は従来どおりの調子を取り戻しておりますよ。
Apple Watch磁気充電ケーブル(0.3m)
Apple Watch磁気充電ケーブル(0.3m)
旧型の充電ケーブルがお安くなっています……って、いつの間にモデルチェンジした?