阪神淡路大震災より四半世紀を経る。あの突き上げるような揺れは忘れようがない。

やはり関西人としては、東日本大震災以上に忘れがたい阪神淡路大震災。あれから25年が経ちました。泉州地域は震度こそ大したことがなかったものの、下から突き上げるような揺れは後にも先にも経験していません。

個人的な印象ですが、東日本大震災が最悪の場合本州の半分を失ったかもしれない未曾有の国難なら、阪神淡路大震災は被害範囲こそ限られるものの日本人(特に戦後生まれ)の人生観に重大な影響を及ぼした出来事ではなかろうかと。あるいは、古来より刷り込まれてきた民族規模の諸行無常的諦観を深層から呼び起こしたのかもしれません。ともあれ……合掌。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2020年01月19日 00:07
お早うございます。

当時は岡山転勤中で、飛び起きましたね。流しの上にあった食器を押さえ、入り口ドアを開けました。
出勤して随分時間が経ってから被害の全容が分かってきて、唖然としたのを覚えています。
トビフシコ
2020年01月19日 09:21
shigechanさんこんにちは。

岡山もそうとう揺れたでしょう。当時私はベッドで寝ていて、揺り起こされた形です。経験したことのない揺れだったのに、すぐ地震だと直感したことが今となっては不思議に思ったりもします。