5年ぶりの新Mac、「MacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHz」CTO整備済製品を購入。あいかわらずオーバークオリティな整備済の実態。

MacBook Air(Late 2010)の後継機探しもようやく終わりを迎えました。MacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHz・16GB RAM・256GB SSDの整備済製品をAppleオンラインストアで購入しましたよっ。

mbp2019_14_01.jpg
整備済専用の白箱↑ 個人的にはボロっちくてもいいから、返品された箱を再利用してくれたほうが無駄を意識せず気持ちいいんですけれどね。

mbp2019_14_02.jpg
カラーは「当然」スペースグレイ↑ ポータブルマシンではPowerBook G3以来、選べるなら黒いほうを貫いてきましたからネっ。デスクトップ機は昔ながらのベージュ色が最高に好きですが、今どき望むべくもありませんかそーですか。

mbp2019_14_03.jpg
アラ探しを特技とする私でも(サイテーだね!)、裏蓋の角の小さな傷以外見つけられませんでした↑ このキズの様子は……返品後の整備時に付いたように見えますが、それも含めて整備済製品っつーことです。

mbp2019_14_04.jpg
同梱のUSB-Cケーブルはちょっと黒ずんでいるようで、新品ではなさそうです↑ 白い電源アダプタは代々非常に傷つきやすい厄介者ですけれど、目視の限りでは無傷。いずれにせよ私が1日使えば、より酷い状態になること請け合いです。

mbp2019_14_05.jpg
キートップも人の触れた痕跡は見えず、綺麗なもんです↑

mbp2019_14_06.jpg
フタを開けると同時に起動してビビりますが、プリインストールOSはmacOS 10.14.6 Mojaveでした↑ もし32bit環境から離れられず、でも新しいMacを必要とするならば、整備済製品を狙うのもアリでしょう。今ならまだMojaveに当たる可能性は高そうです。いうまでもなくギャンブルゆえ一切の責任は負えません。ひょっとするとAppleの電話購入なら融通してくれるかも。

以上、Apple整備済製品の高品質はあいかわらずです。これで新品との価格差が税抜29,000円なり。すなわちCTOのオプションを1ランク上げたりAppleCare+に加入できる差額が生じるわけで、なんだか利用しないほうが損をする気分になってしまいそう……ま、望むスペックをゲットするまでの時間が最大の課題ではあります、ハイ。

最新モデル Apple MacBook Pro (13インチPro, Touch Bar, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5, 8GB RAM, 256GB) - スペースグレイ
最新モデル Apple MacBook Pro (13インチPro, Touch Bar, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5, 8GB RAM, 256GB) - スペースグレイ
新品もこの価格でRAM 16GBなら迷わないのですが。

関連記事 関連記事:

MacBook Air(Late 2010)の後継にMacBook Pro(2019)13インチ 1.4GHzを選ぶに至った過程と理由。(2019/11/26)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みやうー
2019年11月24日 03:44
新マックおめでとうございます!
昔のiMacを初期化して使おうとしたのですが、過去にパワーリンゴさんが遭われた被害に私もあっています。
内容は、Command+Rを押した後のOS LIONがインストールできないというものです、、、

下記に記載頂いてますが、どのようにインストールできたのか素人の私にやり方を教えていただけませんでしょうか。

https://powerapple.at.webry.info/201405/article_12.html
トビフシコ
2019年11月24日 09:38
みやうーさんいらっしゃいませ。

ありがとうございますっ。RetinaディスプレイやTouch Barなど、いろいろ初なことがあって戸惑っております。

昔のiMacの件ですが、「 追加コンポーネントをダウンロードできません」で止まるのでしょうか? もう当時の記憶が定かではないのですけれど、DiskMaker Xを使うことで一発解決したのだと思います。

また現在、OS X Lionインストーラは古いものが利用できなくなっているかもしれません。他の機種でもかまいませんのでMac App Storeの購入履歴に残っていれば、そこからダウンロードするなど、なんらかの方法で最新のイントーラを入手する必要があると思います。

もし、そのiMacのプリインストールOSがSnow Leopardでしたら(Snow Leopardは物理インストールメディアのみのはずです)、まずそれをインストールしてご自身のApple IDを登録、Snow Leopard最終バージョンまで上げるとMac App Storeがインストールされますから、その購入履歴をチェックする方法もあります。

場合によっては、Appleの電話サポートにてダウンロードURLを教えてくれることもあるようです。ともかく、無事にインストールできることをお祈りします。
shigechan
2019年11月25日 08:21
お早うございます。

オー、一気に新型ですね〜。おめでとうございます。
普段使いで16GBあればオッケーですね。

話が変わりますけど、Texasの工場で新型MacProの生産がチマチマと始まったようですね。
北米とカナダ向けでしたっけ。他の地域向けには中国生産するとかで、ガキンチョみたいな大統領に付き合うのも大変だと思います。
トビフシコ
2019年11月25日 11:36
shigechanさんこんにちは。

ありがとうございます。結構な浦島太郎ですよ、ナハハ。次期13インチは32GBが選べるようになるかもしれませんね〜。

Mac Proもいよいよですか。工場内の写真に写っていた梱包箱が話題ですね。以前、PowerMac G5を数台セットアップすることがありましたが、あの大きく重い筐体を箱から引き抜くのに少々力を要しました。中央で分割できるなら、ずっとラクかもしれません。

なるほど、出荷先に応じて製造国を変えますか。まぁ、Appleにできることといえばそのくらいですかねぇ。ともあれ、無事世に出ることを祈るばかりです。