「iOS 13.2」「iPadOS 13.2」登場。iPhone 11シリーズのDeep Fusionが利用可能に、AirPods Pro対応も。

完全リニューアルなのに突如サイレントリリースされたAirPods Proが気になって仕方ありませんが、まずはアップデート情報から。Appleが「iOS 13.2」「iPadOS 13.2」を配布しています。OSが分かれると、こういうときに煩雑ですねぇ。

ios132_01.jpg

デバイス単体もしくは母艦Mac・PC経由でどうぞ。iOS 13.2の効能書きは以下。
iOS 13.2では、iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro MaxでA13 Bionic搭載のNeural Engineを使用して、低照度の場所で取り込んだ画像の質感と細部の表現を大幅に向上させ、低ノイズに仕上げる高度な画像処理システムDeep Fusionが加わります。また、絵文字のアップデートと追加、AirPodsでの着信メッセージ読み上げ機能の導入に加え、AirPods Pro、HomeKitセキュアビデオ、HomeKit対応ルーター、および新しい“Siriのプライバシー”設定にも対応しました。このアップデートにはバグ修正と改善も含まれます。

カメラ
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro MaxのDeep Fusionで、A13 Bionic搭載のNeural Engineを使用して、様々な露出の画像を複数取り込み、ピクセル単位で解析を実行し、各画像の良い部分を合成することで、中から低照度の場所で取り込んだ場合でも質感と細部の表現が大幅に向上した低ノイズの写真を生成
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro Maxの“カメラ” Appからビデオの解像度を直接変更することが可能

絵文字
・動物、食べ物、アクティビティ、新しいアクセシビリティの絵文字、性別のない絵文字、カップルの絵文字で肌色の選択など、70種類以上の絵文字を追加またはアップデート

AirPodsのサポート
・“Siriで着信メッセージを読み上げ”により、受け取ったメッセージを読み上げてAirPodsで聞くことが可能
・AirPods Proに対応

“ホーム” App
・HomeKitセキュアビデオを使用して、防犯カメラからのビデオを暗号化して非公開で収録、保存、および表示が可能。人、動物、車両を検知する機能を搭載
・HomeKit対応ルーターを利用して、お使いのHomeKitアクセサリのインターネット上または自宅での通信相手をユーザが制御可能

Siri
・“プライバシー”設定で、Siriおよび音声入力に対する操作の音声をAppleが保存することを許可することにより、Siriおよび音声入力の改善に協力するかどうかを選択することが可能
・“Siri”設定からSiriおよび音声入力の履歴の削除が可能

このアップデートにはバグ修正とその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・他社製Appでパスワードを自動入力できない場合がある問題を修正
・“検索”を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題を解決
・スワイプしてホーム画面に移動する機能がiPhone X以降で動作しない場合がある問題に対処
・“メッセージ”で、通知を繰り返すオプションがオンになっているときに通知が1回しか送信されない問題を修正
・“メッセージ”に連絡先の名前ではなく電話番号が表示される場合がある問題に対処
・“連絡先”で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題を解決
・マークアップした注釈が保存されない場合がある問題を修正
・保存したメモが一時的に消えてしまうことがある問題を解決
・“設定”の“今すぐバックアップを作成”をタップした後で、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題を修正
・AssistiveTouchを使ってAppスイッチャーを有効にするときのパフォーマンスを改善

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

目玉は、なんといってもiPhone 11シリーズのカメラ向け画像処理システム「Deep Fusion」が追加されたことですね。いや、Deep Fusionをあまり理解していないのですけれど、単に低照度時のHDR画質を上げるだけではなさそうです。通常の明るさでも解像が顕著に異なるレビューがあったりしますので、デジタルカメラにおける画像処理エンジンがワンランク上がったのと同じような具合でしょうか。製品リリース後に大規模なソフトウェア・アップデートで対処できるのもスマートフォンの長所ですねぇ。

Mac Fan 2019年12月号
Mac Fan 2019年12月号

今なおデジカメは、その組み込みシステムへ(比較的軽めの?)ファームウェア・アップデートを当てることが精一杯に見えます。スマートフォン並みのリッチなハード・ソフトウェア搭載が厳しそうなのは想像に難くないだけに、ちともどかしく感じますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2019年10月31日 00:19
今晩は。

Deep Fushion の解説を読み下すのは、メチャクチャ大変でした。元記事の元記事に撮影コマ数のミスがあり、なんかおかしいと9TO5MACの記事を確認したので、手間が掛かりました😭

HomePodの文鎮化は驚きましたが、iPhone11シリーズの本領を発揮させるのが、一連のアップデートの主目的ではないかと思います。
トビフシコ
2019年10月31日 08:45
shigechanさんこんにちは。

Deep Fushionを深く解説されても、私には多分チンプンカンプンだと思います、ナハハハ。

このDeep Fusionが利用可能になる前のデジカメWatch記事で、iPhone 11 Proの実写レビューを見たのですが……広角(換算26mm)の画質は小センサーコンデジを凌駕していることに絶句しました。要するにOLYMPUS TG-5を超えちゃっているんですよね。

ズームかつ屈曲光学系の不利はあれど、デジカメ専用機の面目が立たないレベルまでスマホのカメラが進化していたことに驚きました。これにDeep Fusionが加わるのだから、もうねぇ……。
shigechan
2019年10月31日 12:20
今日は。

シャッターを切る直前の画像数コマと、シャッター時に更に数コマ撮影して、動きを固定するデータと暗部のデータを合成していたと思います。

詳細を覚えていられないほど複雑でしたので、よろしければ拙ブログを覗いてみてください