またまた……「iOS 13.1.1」配布。バッテリー消耗やリマインダー同期遅延などの問題修正。

iOS 13がリリースされて10日経ったかどうかというのに、せわしないですねー。Appleが「iOS 13.1.1」を配布しています。

効能書きは以下。
iOS 13.1.1には、iPhoneのバグ修正と改善が含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・iPhoneがバックアップから復元できない場合がある問題を修正
・バッテリーの消耗が通常より速い場合がある問題に対処
・“メール”で、Yahooアカウントを追加するときの安定性を改善
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxで、Siriへのリクエストの認識に影響を与える場合がある問題を修正
・Safariで、検索候補をオフにしても有効に戻る場合がある問題に対処
・“リマインダー”で、同期が遅延する問題に対処
・他社製のキーボードAppで発生するセキュリティの問題を修正

Appleソフトウェア‧アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

32bitを切り捨てる抜本的な改良を断行したiOS 11ほどでないにしろ、細かな変更が多岐にわたった故の問題噴出……だと思いたいです。

iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)
iPhone完全マスターガイド iOS13のすべて (英和ムック)

矢継ぎ早に「iOS 13.1」配布。Staccal 2の問題なども解消。

大急ぎのリリースだったようで、Appleが「iOS 13.1」を配布しています。

ios131_01.jpg

デバイス単体もしくはiTunes経由でどうぞ。macOS Catalina登場以降も母艦がMojave以前なら、引き続き「iTunes経由」の記述で間違いじゃないですね。iTunes for Windowsも継続するそうですし。効能書きは以下。
iOS 13.1には、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxで超広帯域無線(UWB)テクノロジーを活用したAirDrop、“ショートカット” App内の提案されたオートメーション、“マップ”で到着予定を共有する機能などの改善とバグ修正が含まれています。

AirDrop
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxでは、空間認識のための超広帯域無線(UWB)テクノロジーを備えた新しいU1チップを使用して、自分のiPhoneを相手のiPhoneに向けることで、AirDropの対象者を選択することが可能

ショートカット
・ギャラリーの提案されたオートメーションであなたの日課をパーソナライズ
・個人用/ホームオートメーションで、トリガで作動するショートカットを自動で実行
・“ホーム” Appの“オートメーション”タブでショートカットを高度なアクションとして対応

マップ
・“到着予定を共有”が追加され、経路の案内中に到着予定時刻を送信可能

バッテリーの状態
・最適化されたバッテリー充電により、iPhoneがフル充電された状態の時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を抑制
・iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max向けに、突然のシャットダウンを防止するパフォーマンス管理機能を追加。予期しないシャットダウンが発生した場合にこの機能を無効にするオプションも追加
・iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS Max以降の“バッテリーの状態”で、新しい正規のApple製バッテリーを確認できないときの通知を追加

このアップデートには、バグ修正やその他の改善も含まれています。このアップデートには以下が含まれます:

・“探す”の“自分”タブにゲストがサインインして紛失したデバイスを探すことができるリンクを追加
・iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro Maxで、お使いのiPhoneのディスプレイが新しい正規のApple製ディスプレイであることを確認できないときの通知を追加
・“メール”で、ダウンロード数の誤り、送信者と件名の欠落、困難なスレッドの選択またはフラグ付け、通知の重複、フィールドの重なりが発生する場合がある問題に対処
・“メール”で、メールメッセージをバックグラウンドでダウンロードできない場合がある問題を修正
・“メッセージ”で、ミー文字が顔の表情を正しく追跡できない場合がある問題に対処
・“メッセージ”で、詳細ビューに写真が表示されない場合がある問題を修正
・“リマインダー”で、一部のユーザがiCloudリストを共有できない問題を修正
・“メモ”で、Exchangeのメモが検索結果に表示されない場合がある問題を解決
・“カレンダー”で、誕生日イベントが複数回表示される場合がある問題に対処
・“ファイル” Appで、他社製のサインイン画面が表示されない場合がある問題に対処
・ロック画面からスワイプして“カメラ”に切り替えるときに、カメラの向きが回転して表示される場合がある問題を修正
・ロック画面上で操作中にディスプレイがスリープ状態になる場合がある問題に対処
・ホーム画面で、Appアイコンが空白または別のAppとして表示される場合がある問題を解決
・ライトモードとダークモードを切り替えるときに、対応する壁紙の外観が切り替わらない場合がある問題を解決
・“設定”の“パスワードとアカウント”で、iCloudからサインアウトするときの安定性の問題に対処
・Apple IDの設定をアップデートするためにサインインするときに繰り返しエラーになる場合がある問題を修正
・充電器に接続するときにデバイスが振動しない場合がある問題を修正
・共有シートで、人やグループがぼやけて表示される場合がある問題に対処
・スペルミスのある単語をタップしたときに代替単語が表示されない場合がある問題を修正
・多言語入力が機能しない場合がある問題を解決
・他社製キーボードを使用した後にQuickTypeキーボードに戻ることができない場合がある問題に対処
・テキストを選択するときに編集メニューが表示されない場合がある問題を修正
・CarPlayで、Siriが“メッセージ”の内容を読み上げない場合がある問題を修正
・CarPlayで、他社製メッセージAppを使用してメッセージを送信できない場合がある問題を解決

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

問題修正だけでなく機能追加も含まれた大型アップデートですねぇ。

前回述べたStaccal 2の問題が解消されており、リマインダーへのアクセスをオンにした状態で起動できることを確認しました。同様に使えなかった別のアプリも起ち上げられましたし、iOS 13で不具合に遭遇した方は本アップデートで挙動を再確認してくださいませ。

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

関連記事 関連記事:

iOS 13で起動しなくなった「Staccal 2」はリマインダーの連携オフで解決。その純正リマインダーについて。: パワーリンゴ(2019/09/24)

iOS 13で起動しなくなった「Staccal 2」はリマインダーの連携オフで解決。その純正リマインダーについて。

iOS 13へアップグレードし、まず直面した問題がカレンダーApp「Staccal 2」の起動不能でした。アポロ13なら2段ロケットのエンジン一基が止まってしまったあたり……ずいぶん不吉なことを言いますネっ。

ios13_staccal2_01.jpg

ありがたいことに『カレンダーアプリ「Staccal 2」をiOS13.0で起動させるには「リマインダーをOFF」にすべし! - カスタム/CUSTOM/でいこう』などなど早くも解決方法を記事にしてくださっているサイトがありまして、「設定 App → Staccal → Staccalにアクセスを許可のリマインダーをオフ」にすれば無事に起動しました↑ やはりユーザ数の多いアプリを選んでおけば非常時に助かります。

ios13_staccal2_02.jpg

ところで、その純正リマインダーが大幅リニューアルしたんですよねぇ。ただし、新機能を全て享受するにはアップグレードが必須でして、私の場合はHigh Sierra止まりのMacBook Air(Late 2010)が対象外となり実行できない状況です↑ それはそうと、消費税UP目前なのに未だ本機の後継を決めかねているとは我ながらいい度胸だと思います。

アップグレードしなくともiOS 12以前のシンプルなリマインダーとして利用できるため、私は当面の間それでしのぐつもりです。

そもそも、カレンダーとリマインダーを別のアプリにすべきかどうかは深淵な課題ですね。リマインダーも時間軸で設定する場合が多く、カレンダーに統合してほしいと思われる方は少なくないはず。他方、純正リマインダーがToDoリスト機能を包含するので別アプリじゃなきゃダメだとの意見もわかります。個人的には、カレンダー・リマインダー・ToDoが(横の連携ではなく)同じデータベースを共有して、ユーザへは見せ方を変えるだけにすれば丸く収まるんじゃないかと思ったり……あれ? そんなのMicrosoftにありましったけ? Outなんとかってヤツぅ?

Mac Fan 2019年11月号
Mac Fan 2019年11月号

Outlookを見ていると、カレンダー・リマインダー・ToDoなどの個人情報管理とメールクライアントは分離すべきか否かといった問題が生じますねぇ。

iPhone SEを「iOS 13」にアップグレード。iPhoneならではの副作用が目立つダークモード(自動)をオンにして様子見。

ひとまずiPhone SEをiOS 13にアップグレードしましたヨ。

ios13_darkmode01.jpg

目玉であるダークモードは、アップグレード直後のセットアップ時に選択できますが、設定 Appの「画面表示と明るさ」にていつでもワンタップで変更可能↑ コントロールセンターへも本機能が追加されています。

macOSにダークモードが搭載されたときと同じく、サードパーティ製Appの対応に時間を要しそうです。それでも、白くて眩しい画面が減るぶんだけ目に優しいかもしれません。

ios13_darkmode02.jpg

また「自動」にすれば、「日の入りから日の出まで」やカスタムスケジュールによって切り替えることもできます。私はこれをオンにしてみました。ダークモードにするとマップ Appもダークモードになり、灯火類連動カーナビと同様の使い勝手になります↑

ただねぇ……実際にダークモードを試すとわかるとおり、画面を触って操作するiPhoneの場合は汚れが目立つんですよ。それが目障りで不快指数が上がったら本末転倒でしょう。上述のマップにしても、「常時ダークモードで使いたいがマップ Appは明るいほうがいい」とのニーズに応える設定は見つけられませんでした。macOSのマップではそれが可能なため、要望が多ければ実現されるかも……。

なお、今のところiPhone SEの動作速度・バッテリーの持ちに顕著な変化は感じません。まぁ、長らく当サイトをご覧くださっている奇特な方なら、遅い環境に対してどんどん鈍感になっていく私をご存知でしょうからあまり当てにしないでください(あかんやんっ)。

OAproda iPhone SE/5/5s 保護フィルム液晶強化ガラス【2枚セット/ ガイド枠付き】4.0inch
OAproda iPhone SE/5/5s 保護フィルム液晶強化ガラス【2枚セット/ ガイド枠付き】4.0inch

当然ながらフィルム類のキズも目立ちます。今は安価なガラスフィルムも増えていますので、貼り替えるいい機会でしょう。

Mojave、High Sierra向け「Safari 13」登場。Catalinaに先んじてメジャーアップデート。

ちとバタバタしているのでiOS 13などの大きいネタは後に回しまして、AppleがmacOS 10.13 High Sierra、10.14 Mojave向け「Safari 13」を配布しています。さふぁりさーてぃーん……あぽろさーてぃーん……大丈夫、「栄光ある」失敗ですから(勝手に失敗作にするなーっ)。

safari13_01.jpg

効能書きは以下。
Safari 13アップデートには、以下の機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

• スタートページがアップデートされ、お気に入り、よく閲覧するWebサイト、および最後に閲覧したWebサイトが表示されます
• Webサイトへのサインインで安全性の低いパスワードが入力されたときに警告を表示し、強力なパスワードへのアップグレードを支援
• タブのオーディオボタンからピクチャ・イン・ピクチャを有効にする機能を追加
• Webサイトのアドレスをスマート検索フィールドに入力したときに、検索結果のリストからすでに開いているタブに直接ジャンプすることが可能になります
• USBセキュリティキーを使用して認証を行うWebサイトに対応

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

先のスペシャルイベントではMac Proの進捗はおろか、10.15 Catalinaのリリース日すら言及されませんでしたが(サイトでは「10月登場」の記述のみ)、Safariが前倒しでメジャーアップデートを果たしたカタチですね。

効能書きを見ていて、そういえばMacでピクチャ・イン・ピクチャを活用していないことに気づきました。タブのオーディオボタンからすぐに切り替えられるとのことで、積極的に使ってみようかと思います。

アポロ13 [DVD]
アポロ13 [DVD]
大好きな作品です。

Lightning端子継続の「iPhone 11」シリーズ、あいかわらずのネーミングセンスだがラインナップ的にはわかりやすい。

さすがに完全スルーはマズいですかそーですか。新型iPhone全てにLightningコネクタが継続搭載されたため、個人的な事情については身動きが取れなくなりました。

Appleの救い難いネーミングセンスネタも私のほうが食傷気味でして、iMac Proの開拓した「 i と Pro の同居」はもはや止められそうにありません。加えて4単語から成る「iPhone 11 Pro Max」ですよっ。Appleはネーミング担当上級副社長を筆頭とする専門組織を作るべきだと本気で提案したいですね。

iphone11series_name01.jpg

ただまぁ、ラインナップ的にはiPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxと整頓されて、昨年の「XSとXRはどっちがどっちだ?」といった混乱は避けられそうです。またMac OS Xと異なり、Xから11へ素直に進んだことも好感が持てます。しかし、そうなると次は「iPhone 11S Pro Max」ですわな……やはりどげんかせんといかんです、ホント。

iPhone 11 Pro Max レザーケース - (PRODUCT)RED
iPhone 11 Pro Max レザーケース - (PRODUCT)RED
Amazonでは純正レザーケースの予約注文が始まっています。

関連記事 関連記事:

2019年秋の「Apple Special Event」が9月10日に開催。LightningなのかUSB-Cなのか、それが問題だ。: パワーリンゴ(2019/08/30)

税別19,800円の「Apple Watch Series 3」が入門用に最適……とは言い切れないSeries 5の破壊力。

増税後でも税込価格が21,780円〜ですよ、奥さんっ。普及モデルとしてラインナップに残ったApple Watch Series 3」の値下げは相当なインパクトがありますねー。

aw_s3_pd01.jpg

昨年末に2万円台でSeries 3を買った私も、もはや大阪のオバチャン流安値自慢ができなくなりました。それはともかく、基本的な機能を有し、普及価格の後押しまで加わった本モデルは「初Apple Watch」に最適だぜベイベーと絶賛したいところなんですが……どうしてもある一点で悩んでしまうのです。

ほかでもない、Apple Watch Series 5の常時点灯ですよ。ディスプレイの常時点灯は、Apple Watchのいわゆる「ユーザ・エクスペリエンス」を激変させるほどの破壊力があると確信しています。逆に考えると、もしSeries 5で常時点灯が実現されなければSeries 3一押しの立場を取っていたことでしょうねぇ。

まぁ、他人に見られたくない通知が常に表示される事故とは無縁だったり、Series 5のバッテリー駆動時間が意外に厳しかったりする可能性もありますので、安価なSeries 3で自身との相性を確かめ、気に入ればより完成度が高まっているだろうSeries 6を狙うといった算段もアリだと思います。

本来ならユーザとして手放しで持ち上げたいところではあるものの、すでに使っているからこそ常時点灯のありがたみを痛感する次第です、ハイ。

Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)- 38mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)- 38mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

Amazonではセルラーモデルの価格改定が先行している模様。

関連記事 関連記事:

ついにディスプレイが常時点灯っ。「Apple Watch Series 5」で最大の躍進を遂げる。(2019/09/11)

ついにディスプレイが常時点灯っ。「Apple Watch Series 5」で最大の躍進を遂げる。

大きな声では言えませんが、無理してSeries 4を買わなくて本当によかったと思ったりぃ〜。

スペシャル弁当で発表された「Apple Watch Series 5」は、文句なくApple Watch史上最大の進化を遂げました。

aw_s5_cl_01.jpg

ディスプレイが常時点灯されるのですっ↑ 率直なところ、初めてのApple WatchであるSeries 3を使い始めてから、普段は消灯していることが普通で、これがApple Watchというモノだと疑問すら抱きませんでした。今までが(時計として)異常だったんですよねぇ〜。

いやもちろん、手首のひねりが足りなくて点灯しなかったり、仰向けに寝っ転がるとモーションセンサーそのものが職務放棄したり、不便を感じる場面は多々ありました。いずれ常時点灯が当たり前になるだろうとも考えていましたけれど、まさかこんなに早く実現されるとは想定外にもほどがあります。

で、もっとも影響を被るバッテリー駆動時間はSeries 3と同じ最大18時間をキープしているんですよ。私が実現時期を見誤ったのはココでして、輝度やリフレッシュレートのこまめな制御など省電力性能の向上が想像を超えて進んでいたわけですね。

ちなみに、Apple Watchのバッテリー仕様は一般的な利用状況より厳しい条件に基づくのか、自分の使い方だと24時間以上持つこともざらにあります。Series 5は3と同じ測定条件でしょうが、実際の利用でどうなるかがちょっと気になります。

EloBeth for Apple Watch Series 4,3,2,1バンド アップルウォッチ シリカゲル (38/40mm 黒&シアン )
EloBeth for Apple Watch Series 4,3,2,1バンド アップルウォッチ シリカゲル (38/40mm 黒&シアン )

バンドの仕様が変更されるとの噂もありましたが、旧モデルとの互換性は維持されました。

関連記事 関連記事:

税別19,800円の「Apple Watch Series 3」が入門用に最適……とは言い切れないSeries 5の破壊力。(2019/09/12)

今「Apple Watch Series 3」を選んだ理由。ライバルは4 Cellular。: パワーリンゴ(2019/01/17)

テキストエディタ「mi 3.0.4b2」登場、早々にCatalina対応。

昨年の同時期に3日半の停電を食らった私としては、台風15号による被害、とりわけ今も続く停電に心を痛めておりますよ。特に気温が関西のときより高いので心配ですねぇ。

さて、毎度お世話になっているテキストエディタ「mi 3.0.4b2」が登場しました。

mi304b2_01.jpg

効能書きは以下。

・macOS 10.15(Catalina)対応
・縦書き表示時の表示不具合等の修正


とシンプルな内容ですが、Catalinaの正式版リリース前に対応してくださるとはありがたい話です。

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 *2019年8月時点 (ブラック)
Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載】 iPhone&Android対応 *2019年8月時点 (ブラック)

モバイルバッテリーは災害時の必需品。ライトや卓上扇などUSB電源で動くグッズも揃えておきたいものです。

関連記事 関連記事:

起動が爆速にっ……テキストエディタ「mi 3.0.4b3」登場。このスピードを維持してほしい。: パワーリンゴ(2019/10/05)

テキストエディタ「mi 3.0.4b1」登場。CSVとTSVの違いを知る。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/06/13)

「お客様のApple Watchに関するアンケート」に協力する。製品への再認識ができる見返り付き。

今年は秋の訪れが早くてサイコーと喜んだのも束の間、真夏が引き分け再試合になっただけでした。今日の地元の最高気温は36度だそうですよ、奥さん。

aw_feedback01.jpg

少し前にAppleより『お客様のApple Watchに関するアンケートにご協力ください』とのメールが届いておりました↑ 近ごろはAppleを語るええ加減サイトちゃうAppleを騙るフィッシングメールが多くて、ヘッダをしっかり確認せねば本物のメールも見落としかねないヤな状況ですね。慎重にチェックしてから回答しましたヨ。

いちおう私は、自分が気に入り、今後の発展を期待する製品のアンケートへはわりと積極的に協力してきました。しかも、長ったらしい質問(今回のも長い!)に答え続けるうち、自分が抱いている製品への愛用度や問題点を再認識できる場合があります。え? Apple Watchはどーだったって? そうですねぇ……深刻な不満点もなく、現状に思いのほか満足しちゃってたんですよねぇ〜。

ところで、入手したApple Watchの機種・仕様が表示され「これで合っとるね?」が最初の質問でした。むろんApple IDの紐付けによるところでしょうが、製品登録なる伝統的メンドク作法すら不要なAppleエコシステムに改めて畏怖の念を感じた次第です。

EloBeth for Apple Watch Series 4,3,2,1バンド アップルウォッチ シリカゲル (38/40mm 黒&グレー)
EloBeth for Apple Watch Series 4,3,2,1バンド アップルウォッチ シリカゲル (38/40mm 黒&グレー)

交換バンドに関する質問も、他社製を使っている旨堂々と答えたほうが参考になるであろうと信じています。

ヤな割れ方……「Apple Watch Series 2、Series 3の画面交換プログラム」が始まる。

久しぶりに自分の所有するApple製品がなんちゃらプログラムに該当して、ちょっぴり嬉しかったりとかぁ〜(相当ダメだな!)。

applewatch23grass_recall01.jpg

Apple Watch Series 2 および Series 3 のアルミニウムモデルの画面交換プログラム」とのことで、症状のイラストを見ると嫌〜な感じの亀裂が入るんですねぇ↑

たしかにガラスや陶磁器は意表を突く割れ方をするらしく、以前、肉薄の来客用コーヒーカップに熱々のコーヒーを注いだんですね。すると側面下部に亀裂が一周入り、持ち上げたら底が綺麗に抜けてたまげたことがあります。

今のところ私のApple Watchは大丈夫ですが、不愉快な爆弾を抱えちまったもんです。なお、『本プログラムは、対象となる Apple Watch Series 2 および Series 3 のアルミニウムモデルに対し、その最初の小売販売日から 3 年間または本プログラムの開始日から 1 年間 (いずれか長い方) 適用されます。』だそうで、つまりSeries 2は2020年8月末、Series 3は2020年9月22日までとなりますね。当該機種をお持ちの方は、ディスプレイに異常がないか時々チェックされることをお勧めします。

Smilelane Apple Watch Series 3 38mm ケース, 柔らかい TPU ウオッチ保護ケース超薄型カバー新しいアップルウォッチシリーズ 3 ケース 38mm (2枚)
Smilelane Apple Watch Series 3 38mm ケース, 柔らかい TPU ウオッチ保護ケース超薄型カバー新しいアップルウォッチシリーズ 3 ケース 38mm (2枚)

傷や汚れの付きやすそうなシチュエーションでは、TPUケースを被せることにしています。