税別19,800円の「Apple Watch Series 3」が入門用に最適……とは言い切れないSeries 5の破壊力。

増税後でも税込価格が21,780円〜ですよ、奥さんっ。普及モデルとしてラインナップに残ったApple Watch Series 3」の値下げは相当なインパクトがありますねー。

aw_s3_pd01.jpg

昨年末に2万円台でSeries 3を買った私も、もはや大阪のオバチャン流安値自慢ができなくなりました。それはともかく、基本的な機能を有し、普及価格の後押しまで加わった本モデルは「初Apple Watch」に最適だぜベイベーと絶賛したいところなんですが……どうしてもある一点で悩んでしまうのです。

ほかでもない、Apple Watch Series 5の常時点灯ですよ。ディスプレイの常時点灯は、Apple Watchのいわゆる「ユーザ・エクスペリエンス」を激変させるほどの破壊力があると確信しています。逆に考えると、もしSeries 5で常時点灯が実現されなければSeries 3一押しの立場を取っていたことでしょうねぇ。

まぁ、他人に見られたくない通知が常に表示される事故とは無縁だったり、Series 5のバッテリー駆動時間が意外に厳しかったりする可能性もありますので、安価なSeries 3で自身との相性を確かめ、気に入ればより完成度が高まっているだろうSeries 6を狙うといった算段もアリだと思います。

本来ならユーザとして手放しで持ち上げたいところではあるものの、すでに使っているからこそ常時点灯のありがたみを痛感する次第です、ハイ。

Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)- 38mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)- 38mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

Amazonではセルラーモデルの価格改定が先行している模様。

関連記事 関連記事:

ついにディスプレイが常時点灯っ。「Apple Watch Series 5」で最大の躍進を遂げる。(2019/09/11)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント