ついにディスプレイが常時点灯っ。「Apple Watch Series 5」で最大の躍進を遂げる。

大きな声では言えませんが、無理してSeries 4を買わなくて本当によかったと思ったりぃ〜。

スペシャル弁当で発表された「Apple Watch Series 5」は、文句なくApple Watch史上最大の進化を遂げました。

aw_s5_cl_01.jpg

ディスプレイが常時点灯されるのですっ↑ 率直なところ、初めてのApple WatchであるSeries 3を使い始めてから、普段は消灯していることが普通で、これがApple Watchというモノだと疑問すら抱きませんでした。今までが(時計として)異常だったんですよねぇ〜。

いやもちろん、手首のひねりが足りなくて点灯しなかったり、仰向けに寝っ転がるとモーションセンサーそのものが職務放棄したり、不便を感じる場面は多々ありました。いずれ常時点灯が当たり前になるだろうとも考えていましたけれど、まさかこんなに早く実現されるとは想定外にもほどがあります。

で、もっとも影響を被るバッテリー駆動時間はSeries 3と同じ最大18時間をキープしているんですよ。私が実現時期を見誤ったのはココでして、輝度やリフレッシュレートのこまめな制御など省電力性能の向上が想像を超えて進んでいたわけですね。

ちなみに、Apple Watchのバッテリー仕様は一般的な利用状況より厳しい条件に基づくのか、自分の使い方だと24時間以上持つこともざらにあります。Series 5は3と同じ測定条件でしょうが、実際の利用でどうなるかがちょっと気になります。

EloBeth for Apple Watch Series 4,3,2,1バンド アップルウォッチ シリカゲル (38/40mm 黒&シアン )
EloBeth for Apple Watch Series 4,3,2,1バンド アップルウォッチ シリカゲル (38/40mm 黒&シアン )

バンドの仕様が変更されるとの噂もありましたが、旧モデルとの互換性は維持されました。

関連記事 関連記事:

税別19,800円の「Apple Watch Series 3」が入門用に最適……とは言い切れないSeries 5の破壊力。(2019/09/12)

今「Apple Watch Series 3」を選んだ理由。ライバルは4 Cellular。: パワーリンゴ(2019/01/17)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2019年09月14日 01:19
お早うございます。
転倒検知、不整脈チェック、体温測定、緊急通報と来れば、モーションセンサーを加えてお助け5点セットになるのに、国内で活用できないのは、何とも歯痒いですね。

高層階に居ると停電→ポンプ停止→水出ない。
なので水備蓄は絶対必須❗️
アルコールティシューは、消毒や冷却剤としても利用可能。
いざとなったら何でも有効活用しましょう
トビ
2019年09月14日 08:23
shigechanさんこんにちは。

心電図はなかなかハードルが高いようですねぇ。そういえば、Apple Watchで体温測定もできるといいですね。まぁ、手首で測ると相当不正確になってしまうのかもしれませんが、継続的な測定によって経過が見られると面白いかも。

この暑さでの停電は本当に参ると思います。水は大事ですよねー。そうそう、アルコールティシューも重宝します。とにかく今後は、一週間以上の長期戦も視野に入れた災害対策が必要ですね。