ナローガレージ「雨宮甲型三等客車」レジンキット製作記その3。淡々と進む塗装。本体色は結局……。

< 夏休みに台風接近だよド……低品質簡易企画 = である調 >


早くも塗装だが、その前にいわゆる生地完成とやらを↓ やっぱ樹脂モデルの生地は見応えイマイチ〜ってそれはそれとしてだね。

ng_ame_kou3_pc09.jpg

歌登同様、床板や台車はレジンにタップを立てたネジで固定する。トレーラーゆえ分解調整を頻繁に行う機会もなく、問題なかろうて。なお、この段になって思わぬ落とし穴を発見する。詳細はたぶん次回。

ng_ame_kou3_pc10.jpg

まずクレオスのレジン用プライマーサーフェイサー(スプレー缶)で下塗り↑ 今回は本当に下塗りのみで、表面の修正をほとんどしなかった……いや、する必要がなかった。加えて、真鍮線を別途いさみやカラープライマーで塗っておく。

ng_ame_kou3_pc11.jpg

三等車の等級帯にクレオス赤デッキ床&ステップに同ジャーマングレーを吹いてマスク↑デッキを車体と同色にするとメリハリが無くなるだろうと思い、面倒でも塗り分けることにした。

ng_ame_kou3_pc12.jpg

私の大好きなガイアぶどう色1号で車体を塗り、マスキングテープを剥がした図↑ 別の色を塗っても構わんだろうが、軽便客車も鉄道省に準じたであろう官尊民卑時代に配慮して……つーか適当な色が思い浮かばなかっただけだよ文句あるかっ。

ng_ame_kou3_pc13.jpg

他のパーツも並行して塗っていく。デッキ板はぶどう色1号、屋根はGMダークグレー + クレオス半光沢黒床板は半光沢黒にダークグレーをわずかに混ぜたもの

ng_ame_kou3_pc14.jpg

この時点でデッキ板を車体側に接着する↑ エポキシ接着剤が固まる前に、屋根の穴へデッキ棒上端が刺さるよう調整。

ng_ame_kou3_pc15.jpg

最後にクレオスクリア + フラットベースの半光沢クリアでトップコート↑ 屋根のみフラットベースをさらに追加するも、あまり違いがわからない。

やはりお気楽モードのほうが塗装時のミスも顕著に少なくて複雑な気分である。ところでウェザリングを省いたのは外でもない、ピカピカ光沢仕上げのへっついに合わせるためなのだ。どうせ現実離れしたコンビになるんなら車体色も冒険すればいいものを……性格が出ちゃうんだなっ。

KATO Nゲージ オハ32000形 4両セット 特別企画品 10-1344 鉄道模型 客車
KATO Nゲージ オハ32000形 4両セット 特別企画品 10-1344 鉄道模型 客車

ぶどう色1号が塗られたNゲージのプラ量産品はかなり少ないようだ。

関連記事 関連記事:

ナローガレージ「雨宮甲型三等客車」レジンキット製作記その4。仕上げ〜完成。意外な盲点、偏心と塗装治具の跡。: パワーリンゴ(2019/08/15)

ナローガレージ「雨宮甲型三等客車」レジンキット製作記その2。屋根以外は素直に進んだ車体組み立て。: パワーリンゴ(2019/08/13)