各種アップデート適用。ようやくBoot CampのFusion Drive問題解決。iPhone環境移行の新たな手段も。

< 低品質・低画質・低労力モード >


macOS Mojave 10.14.6」や「iOS 12.4」などを適用しました。

mojave10146_01.jpg


MojaveではFusion Drive搭載のMacにおいてBoot Camp用パーティションが作成できない問題が修正されていますね。Boot Campを利用する前提でFusion Driveを選択(もしくは自分で構成)する場合も多いことを考えると、かなり大きな問題だったと思います。ちと時間がかかりすぎた気もしますが、ひとまず解決して安堵した方も少なくないでしょう。

Mac miniでフルスクリーンビデオが黒く表示される問題の修正は、どのMac miniが対象なのか記載がありません。少なくとも私のLate 2014では一度も発生したことがありません。

iOSでは日本と台湾のHomePod対応や、古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを直接ワイヤレス転送できる機能の搭載が盛り込まれています。後者はこれまで、母艦PCないしはiCloudを経由する手段に限られており、新たな環境移行方法が用意されたカタチですね。母艦PCも自宅Wi-Fiも持っていない事例(古い使い方を続ける身には信じがたいっ)が増えているのかよくわからないものの、シチュエーションに合わせて選べるのはよいことです。

Transcend SSD 1TB 2.5インチ SATA3.0 3D NAND採用 DRAMキャッシュ搭載 5年保証 【PlayStation4 動作確認済】TS1TSSD230S
Transcend SSD 1TB 2.5インチ SATA3.0 3D NAND採用 DRAMキャッシュ搭載 5年保証 【PlayStation4 動作確認済】TS1TSSD230S

以前128GB SSDと1TB HDDでFusion Driveを組みましたが、今なら1TB SSDと8TB HDDのバケモノFusion Driveを組むのも現実的になっています。ただ、SSD側の容量に最適値があったりするかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント