ナローガレージ「歌登の超小型自走客車」レジンキット製作記その4。保護棒をテープで再現し、完成!

< メーカーの作例は塗装も簡易?バージョン = である調 >


WWDCネタは一休みして歌登マイクロレールバスの製作記を続けよう。つーか、こっちを早く終わらせたい。

前回で全工程の山場を越えた。ボディの塗装さえどうにかキマれば、最後の仕上げ作業も気持ちよく進む。え、なに? Hゴムがどうしたって?

画像

ホワイトメタルの台車枠は、いさみやカラープライマー(黒)で下塗りしてクレオス「ジャーマングレー + ウッドブラウン」を吹いた↑ また、ホワイトメタルのカプラーもいさみやプライマー(白)→ クレオス白で塗り、エポキシで接着する。金属パーツの併用は、別途下塗りせねばならない点がかったるいのぅ。

画像

ついでに、はこてつ動力ユニットのグレー成形が窓から見えるとイマイチなので、モーター押さえだけ取り外してつや消し黒に塗装。できれば、初めから黒色成形の鉄コレ用同型品を入手したいもんだ。

画像

本来ならIllustratorで製図する窓セルも、端材から適当に作っちゃったよ↑ 少々悩んだのが窓内側に渡された保護棒である。短く切ったステンレス線の取り付けを考えるも、ディテール濃度がここだけ極端に上がる = リアルすぎてバランスが崩れそうだ。普段とは逆の「もっとチープに……」なる方法を思案したすえ、ご覧のとおり白いテープ(テプラの切れ端)を細くスライスして貼った次第。要するにグリーンマックス板キットに付属する印刷保護棒、そのシール版だな。

画像

各窓セルを両面テープで固定していく↑ 実車は側面両端の台形窓のみ開閉式らしく、ほかはHゴム支持の固定窓。いくら北海道とはいえ夏場の車内は暑苦しく、屋根にベンチレーターを増設するも気休めになったんだかどうだか……この走るサウナ仕様が早々に放棄された理由の一つとも言われるようだ。

画像

最後に少量のゴム系接着剤で台車枠を動力ユニットに取り付け、上回りとネジ止めすれば無事完成、ヤッタネ

画像

おっと書き忘れた、無塗装のヘッドライトはタミヤエナメルのクリアを差してボディに接着し画竜点睛とする↑

塗装の手間がそれなりにかかったものの、総じて手軽に楽しめるキットだ。例によって写真特集号で締めくくる予定だけれど、走りについて先に述べておこう。

完成品動力そのままゆえ当たり前によく走る。ただし自重が17gと、所有するHOナロー動力車中最軽量を更新。単行以外考えていないとはいえ、スローで走らせた際にジョイントの段差で止まってしまうこともある。だからウェイトを少し足してやったほうが安定しそうだな。窓から丸見えでも構わないなら、動力付属のウェイトを載せるのが一番手っ取り早いけれど……黒く塗っても目立つと思うよぉ。


ニトムズ 一般用両面テープS 5mm×20m J0670 30巻入り
ニトムズ(Nitoms)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


現在、私が窓セル貼りに使っている両面テープ。ベストとは言い難いが非常に薄く、粘着面が露出したままだと時間の経過とともに粘着力が落ちるという都合のいい製品である。しかし30巻セットは多すぎだぜっ。

関連記事 関連記事:

ナローガレージ「歌登の超小型自走客車」レジンキット製作記その5。写真特集号、極小パイクに最適っ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/06/10)

ナローガレージ「歌登の超小型自走客車」レジンキット製作記その3。Hゴムを除き、気負わぬ塗装が奏功。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/06/03)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック