Apple Watch「スポーツループ風互換バンド」を試す。装着感は期待通り、質感が落ちる。

シリコーンゴム製のバンドを付けたApple Watch、やはり暑い季節は鬱陶しくなりますね。例のNikeスポーツ風バンドも、気温が上がってさらにベタつき感が増しました。ただ、穴の空いていない純正スポーツバンドに戻したところ余計に暑苦しくなったため、もっと涼しそうな製品を物色。

画像

見つけたのは『AIGENIU コンパチブル アップルウォッチ バンド、快適で通気性の高いナイロン織りApple Watch スポーツループ バンド 38mm 40mm、Apple Watch Series 4/3/2/1に対応 (38mm/40mm, ダークオリーブ)』、Amazonの商品名をそのままコピペしました。要するにスポーツループ風バンド 38/40mm ダークオリーブカラーっつーことです。Nike風よりずっとシンプルなパッケージで、互換バンドならこれで十分でしょう↑

画像

Apple純正を持っておらず比較できませんが、近ごろの中国製品らしく全体的にそつなく仕上げられています↑ 重箱の隅をつつくなら、生地や縫製に目立つ乱れは見受けられないものの、パイルの目が揃いきっていません。また、複数色の繊維が編み込まれているらしい純正に対し一色のみで深みがないですね。プラ部分も、ループの先端だけサンドブラストなしのツヤありとなっています。おそらく、純正と並べれば明らかに安っぽく感じられそうですが、機能面は互角に近いのではないでしょうか。

画像

面ファスナー(ベルクロ)周りに不安を覚える点はありません

画像

Series 3 アルミ38mmに装着↑ 反射のせいでバンドの縁が赤っぽく見えますけれど、実際はちゃんとオリーブグリーン色です。なお、色の選択はこれが一番安かったから……えぇ〜〜。

画像

環付きラグを上(外)側に持ってくると装着感も変わります↑ 私の場合ケースが外へ傾きやすいので、こちらのほうが好都合ですね。

肝心の付け心地は上々でしょう。通気性はもちろん程よい生地の柔らかさで、締める位置もフリーダム。ただし不慣れも手伝ってか、スムースとは言い難い脱着が目下の難点です。

スポーツループタイプで懸念すべきは耐久性ですねぇ。特に面ファスナーの劣化やファブリック素材の汚れ蓄積は避けようがなく、個人的に高価なApple純正へ手を伸ばすのをためらってしまう最大要因となります。むろん、質感を重視するなら遠回りせず、純正一択ということでどうぞ。




純正も3,800円くらいなら十分選択肢に入るのですが……。

関連記事 関連記事:

Apple Watchの安価な互換「Nikeスポーツ風バンド」のビフォーアフター。購入直後は大満足。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/04/29)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック