ポータブックを「Windows 10 1903」にアップグレード。内蔵ドライブの空きを増やせばOK。

あいかわらず手持ちのノート型マシン中もっとも稼働時間が長いポータブック。今回のWindows 10 1903(こと19H1ことWindows 10 May 2019 Update)にアップグレードする際、いつになく手を焼いたため簡単にまとめておきます。

画像

Windows Updateの手動更新、Windows 10 更新アシスタント(「今すぐアップデート」のほう)によるアップグレードは、従来同様USBメモリを接続しての作業となりましたが、いずれも『更新プログラムを構成しています 0% PCの電源を切らないでください。処理にしばらくかかります。』から全く進みません↑ そのまま未帰還となるか、運が良ければ1809にロールバックされて再起動します。

メディア作成ツール(Media Creation Tool、「ツールを今すぐダウンロード」のほう)を用いた場合も上記に近い状況でしたが、うまくロールバックされずに残存した1903アップデート関連ファイルを削除し忘れたまま実行すると、「内蔵ストレージの容量が足りないから空けろ」との指示が新登場。不足サイズも明記され、最新の情報に更新するボタンもあるため、不足がなくなるまで空き容量を稼ぎました。結局、11GB弱の空きが確保された時点でアップグレード作業が継続され、途中USBメモリも要求されずに無事完走しましたヨ。

画像

なお、『このPCをWindows 10にアップグレードすることはできません。お使いのPCには、このバージョンのWindows 10で使用する準備ができていないハードウェアが使われています。』と表示されるときは、USBメモリやSDカードなど外部ストレージが繋がっているはずなので取り外します。これはドライブレターが書き換わってしまう既知の問題をインストーラがブロックする仕組みのようですね。

画像

ひょっとすると、内蔵ストレージの空き容量不足によってインストーラが要求したUSBメモリ(USBメモリが要求されるタイミングは「準備ができていないハードウェア云々」より後です)すら、実際は利用できないためにインストールが進まないのではないかとも勘ぐったり……とにかく原因がよくわかりません。

画像

私が成功したポイントは2点、

・内蔵ストレージの空き容量を11GB弱確保。
・メディア作成ツールにてアップグレード。


これだけですねぇ。空き容量が十分あればWindows Updateや更新アシスタントでも問題なく完了した可能性はあります。

ところで1903のシステム要件のうち、最小ストレージ容量が32bit版・64bit版とも32GB以上に引き上げられたと話題になりました。のちにこれが、新しく製造されたPCにのみ適用される要件といった情報もあります。いずれにせよ、eMMC 32GBのポータブックで1809からアップグレードインストールできることは間違いありません。




GPDは攻め続けますねー。

関連記事 関連記事:

April 2018 Update でポータブックの電源インジケーターが正常に。体感速度は変わらず。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/05/14)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック