決断っ、次期macOSで動かなくなる「Aperture 3」のライブラリを写真.appに移行。

覚悟はしていましたが『Apple、「Aperture」が「macOS 10.15」以降では動作しなくなることを案内 | 気になる、記になる…』とのことで、いよいよ次期macOSにて「Aperture 3」終了となるようです。Appleのサポート文書はこちら

すでにいくつか不具合が生じており、ここ数年はだましだまし使ってきた感もあって「本当にお世話になったけれど、もういいだろう」との思いが率直なところですよ。

画像

で、乗り換え先は……「写真.app」しかないでしょう。Aperture 3のライブラリを写真.appへ移行させる方法は、上記サポート文書に従えば簡単です↑

ただし、私のように写真.appも併用していた場合は少々面倒で、ライブラリの統合機能が用意されていません。私はまず、元Aperture 3ライブラリを写真.appのシステムフォトライブラリに指定し、それまでの写真ライブラリから必要な写真を書き出してシステムフォトライブラリに読み込み直しました。これで、それまでの写真ライブラリは廃棄することができます。

なお、option起動によるライブラリ選択を厭わないのなら、それまでの写真ライブラリと元Aperture 3ライブラリを並存させることも可能です。ただし、共有アルバムなど写真.appのフル機能が使えるシステムフォトライブラリに指定できるのは1つゆえ、よく考える必要がありますね。

サブスクリプションに抵抗のない方なら、Apertureとの立ち位置がよく似たLightroomへの移行が無難でしょう。また、管理より現像メインならDxOやSILKYPIX、Capture Oneなど選択肢はまだあります。自分のように管理メインが一番困るパターンで、ひとまず写真.appへライブラリを移すのが無難かなぁ、と。

ともあれ、長い間Apertureにはお世話になりました。


RAW現像の教科書
秀和システム
桐生 彩希

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


画像ファイルをApertureライブラリ外に保存する参照イメージ方式は、他のソフトへ移る際も面倒が少なくてオススメです。今から参照イメージに変更する場合は『「管理されたイメージ」から「参照イメージ」に変更 | Aperture Note』などをご覧ください。

関連記事 関連記事:

Macの写真.appはデフォルト設定だと「マイフォトストリーム」の写真をライブラリにコピーする。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/07/01)

Mac App Storeに「Adobe Lightroom」が登場するも、買い切り版のわけがない。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/06/22)

この記事へのコメント

shigechan
2019年05月04日 22:19
今晩は。

私は数日前にPhotoshop CS3を削除しました。既にGIMPへ移行して結構経つと思います。何でもスイスイ出来るまでになっていませんが。現在の安定版は安定している様です😄

MacBookProやiPhone 7 Plusを下取り?若しくは売却しないといけませんが、モタモタしています😂
2019年05月05日 09:08
shigechanさんこんにちは。

GIMPへの移行が進んでらっしゃるんですね。私は……どうしてもIllustrator CS5から決別できそうになく、旧環境の温存を考えています。Affinity製品でまかなえる分は、そちらを使う予定です。

おー、いろいろ売却されますか。私は一つの例外を除いてApple製品を売ったことがなくて、全く意図せずに私設博物館状態です、ナハハハ。

この記事へのトラックバック