パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その13。写真特集号第一弾。補重の効果は……。

<<   作成日時 : 2019/03/12 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

< カーブ途中での引き出しもOK = である調 >


例によって写真特集号だが……だ、第一弾だとぉっ。

画像

念を押そう、本車はHOナロー(HOe 1/87 9mm)である。カプラーを含めない全長が5cmに満たず、ともすればNゲージの小型タンク機に間違えられそうだからなっ↑


画像

公式側の真横より↑ まさに地を這うような車高の低さが一番のチャームポイント。ほれ、黒染めしたモーターケースはどこへいった? 私には全然見えないゾ。こいつは裸の王様と正反対、本当は存在しないのに頭の回転がちぃとばかり早い人間には見えてしまう不思議なパーツ。

他方、同じ黒染めのカプラーが目立ち気味なのは否定しない。特異なS字シャンクに加え、屈曲が終わったところからカプラーピンに至るまでが長すぎた。ま、そーゆーこともあるさ。

実物のイメージから果てしなく遠い光沢ブラック仕上げだが、サイドタンクの平らな天面やキャブ裾のカーブも手伝ってグランドピアノを想起したのは私だけか、さよか。

画像

薄いステンレス枠の丸窓も素敵なアクセントである↑ 人によっては、いわゆる「ブサカワイイ」に属するタイプかな。枠を白に塗らず、黒と銀のツートンにまとめて大正解ではないか。異論はことごとく却下だ。

画像

うってかわって無骨なキャブ後妻↑ カプラー直上の四角いモールドは、停車時に開いて火室内へ長い(つーか常識的なサイズの)火かき棒を突っ込むための蓋らしい。

画像

「余分なハンダもウェイトの足しに」とばかりキサゲ作業をサボった裏側、いつも以上に汚いけれど恥を忍んで晒そう↑ カプラー取り付けネジは後で黒く塗っておいたよ。そういえばサイドタンクの後部がかかる床板に穴が開けられていて、結局使わずじまいだった。

画像

頑張った補重の結果は……26g↑ えーと、キット素組み時の質量がわからないので正直なんともいえんのぅ。機関車として絶対的に軽いことは認めるが、平坦線かつR243の小判形エンドレスにおいて、合計重量111gの客貨車を問題なく牽引することができたのだっ。しかも、恐ろしく静音で低速も結構効く。HOナローのトレーラーを総動員したため、残念ながらこれ以上の負荷テストは適わない。私の技量がどーのこーのと自画自賛したい前に、本車のポテンシャルがもとより高いことを思い知ったわ。結論、補重すればM付きキホハなど要らん!




当初は軸受の鳴きがひどかったので、接点グリスをほんの一差しすると劇的な改善を見せた。

関連記事 関連記事:

ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その14。写真特集第2弾。習作のGLも初登場。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/03/15)

ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その12。動力・ロッド組み立てでもって、完成! パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/03/11)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その12。動力・ロッド組み立てでもって、完成!
< 極小パーツは面倒でもピンセット先端に両面テープを貼って飛ばしてしまうのを回避すべし = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2019/03/12 21:10
ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その14。写真特集第2弾。習作のGLも初登場。
< 極小GLで補重のバランスを学んだ = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2019/03/15 20:07
ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その15。オマケの走行動画と、ギヤの浅い噛み合い。
< TOMIXファイントラックの軌間がヤバいことに今ごろ気づく = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2019/03/17 16:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その13。写真特集号第一弾。補重の効果は……。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる