ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その9。独特のS字シャンクを持つカプラー。

< 実物のシャンクはもう少し複雑な構造 = である調 >


本連載がいつも以上にスローペースなことに気づいた。ま、いいか。その2で挙げた残りの課題も忘れそうだ。

えーと、「2. モデルワーゲン朝顔カプラーシステム対応」だったなっ。「へっつい」の連結器(カプラー)はもともと非常に簡易な形状であり、さらに納入の際は事業者ごとのカスタマイズ(ないしは事後に改造?)を受けてバラエティに富んでいる。

そのような中、本キットオリジナルの「キ21」はどうなっているか? カタチは一般的な朝顔カプラーである。しかし極端に低車高なので、そのまま取り付けるとカプラー位置が下がりすぎてしまう。よって、首の部分である連結器胴(カプラーシャンク)をS字に曲げてカプラー先端の高さを確保しているようなのだ。

この鎌首をもたげた姿はキットに含まれるダミーカプラーで(かなりオーバーに)再現されるほどのチャームポイントゆえ、モデルワーゲンシステムの対応化においてもそれっぽく作りたいではないか。

画像

ついては、t0.5真鍮板より帯を切り出してS字に曲げ、独特のシャンクを表現。これにモデルワーゲンDL用首振りカプラーを適当に削ってハンダ付けした↑ 早い・簡単・質はそこそこ……と我ながら久しぶりの快挙である。

画像

取り付けも、DIY店で見つけたメガネ用段付きネジを用いることで楽に解決したゾ↑ 重ね順は上から、付属ワッシャー・カプラーシャンク・リン青銅線を輪に曲げたスプリングワッシャもどきである。

画像

さて、ひととおり部品を作り終えて少し色気を出したくなった。作業途中の仮り組み時に、何もないスカスカの動輪間が気になっていたから、ロスト製のブレーキシューを車輪押さえにエイヤと引っ付けた↑ このパーツは「根室拓植のちどり号」から切り取った廃品である。当然ながら実車は全動輪の前位置にブレーキシューを備えているけれど、第一動輪用はスペースを確保できないので潔くオミットした。

画像

以上をもって塗装前工作が全て完了したぜベイベー↑ ご覧のようにサイドタンクは塗装後に接着する。本当は先に付けたかったのだが、タンクとボイラーの隙間に塗料をしっかり回す自信が皆無だったのだ。悔しいが……この判断はのちに大正解と判明する、うーむ。


テトラ 真鍮板 0.5×100×182mm 1枚 52064
テトラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


糸のこやヤスリがけが心地いいのは、やっぱり真鍮。

関連記事 関連記事:

ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その10。まさかの光沢ブラックと謎のマスキング。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/03/07)

ワールド工芸「低重心超小型機関車 へっつい」製作記その8。ボイラー内ウェイトは銅板の積層でっ。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/03/04)

この記事へのコメント

メッサーシュミット
2019年03月05日 21:56
トビさん。
このスケールの軽便蒸機のキットのサイドタンク内の錘って、ハンダ付けすると外せない構造が多いんですよね?

イモンの軽便蒸機も、同じ感じですね。
まあ私はイモンの軽便蒸機の場合、サイドタンクの下の板を外して 下からG17系の接着剤で付けて取り外し容易にしてますけど。(笑)
2019年03月06日 09:37
メッサーシュミットさんどうもです。

なるほどー、確かにサイドタンクのウェイトは接着前提が多そうですね。「へっつい」の場合は下からタッピングネジを使う方法もいちおう考えたのですが、実際にウェイトを外す機会が自分には無さそうな気がして引っ付けた次第です。

IMONといえば、以前申しましたように木曽のボールドウィンを待っているのですが、私が遠ざかっていた時期に勃興したメーカー(兼販売店?)ゆえ再販の頻度などよくわかりません。その前にワールド工芸のボールドウィンに手を出そうかとも考えたり……ただ、ワールド工芸は2モーター全軸駆動の凄い構造っぽくて二の足を踏んでしまいます、ナハハハ。

この記事へのトラックバック