Apple Watchで睡眠ログを取り始めるも、連日巻いて眠ることができない……。

Apple Watchで試したかった事柄のひとつに睡眠のログ取りがあります。すでに何種類もの睡眠ログ(トラッキング)アプリがリリースされていて、

画像

トビは遠回りせず、定番らしい「AutoSleep」を選択しました↑ 360円です。

いかんせん意識外で使用する代物ゆえに、どの程度信頼できるのか自分ではわかりません。ただまぁ、就寝・起床時間がそれっぽいですし、途中で目覚めた記録もしっかり残っていて、私が期待するぶんには不足のない精度かなと思います。

なにより、インストール後の初期設定を済ませた後は一切なにもしなくていい点が最高ですね。ログを見たいときにアプリを起ち上げると、きっちり取得されたデータがいろいろ分析されていて気持ち悪いほどです。

こんな具合にApple Watchとアプリの機能になんの不満もないのですが、悲しいことに私は三日坊主……というか連日Watchを巻いて寝ることができず、着けたり着けなかったりを繰り返しているのが現状です。

やはり腕に時計を装着したまま眠るのが気持ち悪いんですよ。元来「直接肌に触れるモノが苦手」な性分ですから尚更。柔らかいスポーツバンドのおかげで従来の時計より着け心地がずいぶん良く感じるものの、寝るときまで快適……には至りませんでした。

おそらく金属ベルトの時計をしたまま平気で寝られる方なら、問題にならないと思います。実際、Apple Watch + ステンレス製ミラネーゼループの組み合わせで睡眠ログを取っている方も少なからずいらしゃることでしょう、羨ましい。せめてスポーツバンドがもう少し薄ければありがたいのですけれどねぇ〜。




安価な互換バンドには「純正より薄い」とのレビューがある製品もあって気になります。

関連記事 関連記事:

Apple Watchの安価な互換「Nikeスポーツ風バンド」のビフォーアフター。購入直後は大満足。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/04/29)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック