OLYMPUS「TG-5」はサイズ・質量・デザインともRICOH GRに似たフィーリング。

オリンパス TG-5を選んだ理由の続きです。

もともと決め打ちと記しましたが、スペックのみならず店頭展示機を握った感触がまた腑に落ちたといいますか、しっくりきたのですヨ。

画像

つまり、2.のサイズ・質量がRICOH GRとよく似ているってわけです↑ また、グリップが張り出していてレンズがセンターに有り、正面向かって右上にフラッシュと大まかなデザイン・レイアウトも似ています。こういう個人的な相性を優先したほうがのちのち後悔も少なくて済む場合が多いんですよ、少なくとも私の場合は。

なお、両機種が揃った今持ち比べると、TG-5のほうが少し重く感じます。むろん5gの差がわかるはずもないので、重量バランスやグリップしやすさの違いによるものですかねぇ。本機のグリップ周りや反対側面に配されている梨地部分は、弾力がなく硬いプラ製です。ゴムっぽい素材より経年劣化耐性はあるでしょうが、滑りやすさは否めません。

画像

一方、操作系の共通点は少ないものの、親指の置き場がしっかり確保されていてグリッピング向上に繋がっています↑ 加えて、GRに限らず普通のコンデジでは一般的なモードダイヤルの存在が大きいでしょう。元来タフネス系は、機能が増えがちなのに操作部材を極力減らしたいジレンマを抱えているはずですから、TGシリーズの良き伝統として今後も受け継いでほしいものです。


シリコンジャケット CSCH-126
オリンパス
2017-06-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


タフネス系の定番アクセサリたるシリコンジャケット、TG用は味も素っ気もない見てくれなのが惜しいです。

関連記事 関連記事:

二重ガラスで耐結露を実現したOLYMPUS「TG-5」。RICOH PXの悲劇を避けられるか? パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/02/01)

OLYMPUS「TG-5」を選んだ理由。タフネス系最高画質・マクロ・操作性などなど。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/01/29)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック