OLYMPUS「TG-5」を選んだ理由。タフネス系最高画質・マクロ・操作性などなど。

愛しの「コンパクトデジカメ」がジャンルごと凋落するばかりの昨今、一定の選択肢を保っているのがこの防塵防水耐衝撃すなわちタフネス系ですね。

画像

充電器ではなく電源アダプタ(と並べ忘れたUSBケーブル)が付属↑

私がオリンパス TG-5を選んだ理由は……率直なところ決め打ちです。あえて以下に記しますと、

1. あいかわらず防水コンデジ中最高画質。

2. サイズや質量が使い慣れたRICOH GRとよく似ている。デザインもなんとなく……。

3. 操作系が一般的なコンデジとほぼ同じ。

4. 二重ガラスの耐結露性能。

5. あいかわらずリコー以上のマクロ性能・機能。


こんなところでしょうか。

1.の画質についてはTG-1の衝撃を忘れることができません。なにせ普通の1/2.3型コンデジに勝るとも劣らない高画質を実現していたのですから。防水機は非防水機より明らかに一段劣る、しかも最小クラスのセンサー同士で、ということは(トイデジを除く)全デジタルカメラ中最低画質を甘受せざるをえない状況だったわけです。

画質へのこだわりは代を重ねても続き、TG-4の1,600万画素から1,200万画素へ落として画素ピッチを上げた点も大英断でしょう。

5.のマクロ性能はCX3の後釜を考えてのことでして、望遠端100mm相当でも撮影距離1cm〜のテレマクロはリコーを超えましたねぇ。トドメはTG-3から搭載された深度合成モードですよ。

3.操作系はTG-5で大幅に進化し、シャッターボタン同軸ズームレバーやコントロールダイヤルを装備。さすがに非防水機よりは若干固いかなと感じるものの、日常的な利用でストレスが溜まるほどではありません。

残りの理由についてはまた次に。

なお価格のハードルはまったく無視できない要素で、もしRICOH WG-5 GPSが1万円以上安く販売されていたら、趣味でないデザインを忍んでもそちらを選んだ可能性がありますね。光学系が同じですし、レンズ周囲のLEDを標準装備、もとよりリコーびいきとなれば、極めて有力な選択肢となったはずなんです。素人考えですが、もしGPS無しのWG一桁シリーズをTGよりずっと安価に提供し続けていれば、ギリギリ棲み分けできたかもしれません。




TGシリーズは導光ガイドが別途必要になるのがマイナスポイント。

関連記事 関連記事:

OLYMPUS「TG-5」はサイズ・質量・デザインともRICOH GRに似たフィーリング。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/01/30)

OLYMPUSのタフネスデジカメ「TG-5」購入、即刻実戦投入。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/01/26)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2019年01月31日 16:16
今日は。

新しい機材はいいなぁと思う反面、カメラについては新規購入の意思が全くなく、多分手放すばかりだろうと思っています。

接写の場合はWG-3GPSは広角だと周辺が少し甘いので、望遠寄りを使うことが多いです。お互いよく似た光学系に思えますが、違うんですね~。
それからQi充電では、カメラ内蔵のコイルが片側に寄っているので、変則的な置き方をしないと充電されません。

癖が強いんじゃぁ・・・。
2019年01月31日 19:00
shigechanさんこんにちは。まだまだ、積極的にいっちゃってください、ナハハハ。

光学系は同じじゃないんですかねぇ。コンデジで接写すると、どうしても周辺が甘くなりがちですね。リコーCX3もかなり流れてしまいます。ただコンデジのマクロは、画質云々より「とにかく写すことができる」のを優先していますから、個人的にはさほど問題になりません。

なるほど、Qi充電時は置き方に注意ですか。でもタフネスデジカメでワイヤレス充電は本当に羨ましいですよ。このへん、オリンパスはさっぱり動きがなくて……うーむ。
shigechan
2019年01月31日 20:45
ドモドモ、今晩は。

あー、コンデジのマクロは確かに便利ですね。
パーツを拡大したり、パターンの断裂やショートの有無を見るときは、マクロで撮って拡大した方が分かり易いデス😂

その昔、ペンタックスとオリンパスは、焦点板や接眼レンズに互換性があった筈です。ミノルタもどこかに互換性があったと思いましたが、忘れてしまいました。
2019年02月01日 09:39
shigechanさんどうもです。

そうそう、細かな作業中のチェックや記録に活躍しますよねー。ご存知のとおり、私は最近金属粉の舞う工作に熱中しているため、タフネス機の防塵性能がありがたい状況だったりします、ナハハハ。

なるほど、フィルム時代のそういった細かな部分の互換性は知りませんでした。小型一眼レフに注力していた両社ならではといったところでしょうか。勉強になりますっ。

この記事へのトラックバック