MacBook Air(Late 2010)購入から8年経過。ついにOS足切りと不具合。

とうの昔に経過レビューが生存報告に変容した感は否めませんが、とにもかくにもMacBook Air(Late 2010)購入より丸8年が過ぎました

画像

7年経過時はmacOS High Sierraへの切り込み隊長再昇格を果たすも、2018年秋ついにmacOS Mojaveの足切りにあって再解任を余儀なくされました。ええ加減名誉除隊させたいところですけれど、後継のポータブルMacの手配が全くつかないまま今に至ります。

画像

上記のとおり、8年目にして最大級のトピックがmacOS足切りなのですよ。購入時のプリインストールOSが10.6 Snow Leopardゆえ、7回ものメジャーアップグレードを乗り越えるとは夢にも思いませんでしたねぇ。本機最終OSがモジョモジョモ〜ジョみたいな変なのでなく、ハイサエナラ〜と清々しい雰囲気の愛称でよかったです(本当にどーでもいい)。

また昨年末に一度、起動ディスクを見失う事件が発生。リカバリーモードでしか起ち上がらず、通り一遍のトラブル対処を行なって無事復旧したものの、フラッシュストレージがいよいよダメかもしれませんね。そういえば、このAppleが名付けた「フラッシュストレージ」なる大層な名前も、知らぬ間に一般的なSSDの表記に変えられてしまって時の流れを痛感します。

ところで、昨日記したApple Watchによるロック解除は、システム要件のうち『Mid 2013 以降の Mac』を満たさないため利用不可です、念のため。




Amazon.co.jpが現行MacBook Air(2018)の取り扱いを始めていますね。

関連記事 関連記事:

ついに現役引退となった「MacBook Air(Late 2010)11インチ」、購入より丸9年を迎える。過去最高のフィット感をもたらした名機よ永遠にっ。: パワーリンゴ(2020/01/08)

MacBook Air(Late 2010)を初期化、新規インストール。macOS復元がダメなら…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2019/06/12)

MacBook Air(Late 2010)購入から7年経過。いよいよ「原子力バッテリー」も…。 パワーリンゴ/ウェブリブログ(2018/01/13)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

shigechan
2019年01月22日 14:20
今日は。

拙宅のMacBook ProもMojaveをインストール出来ずにショックを受けました🤯

HDをSSDへ載せ替えて、SSDは一回お亡くなりになりました。起動ディスクを認識しないのは、ヤバイですね。2010~2012辺りのAirは専用SSDなので汎用品を載せるにはアダプターが必要ですし、どこまでコストを許容するのか?が問題ですね😑
2019年01月22日 20:08
shigechanさんこんにちは。

OSの足切りは幾度となく経験してきたものの、辛いですよねぇ~。

相性問題を除けばアダプターとM.2 SATA SSDで実現できそうですが、やはり今さら本機へ投資すべきかという点ですね。3年前ならバッテリーもSSDも積極的に交換したと思います。まぁ、十二分に頑張ってくれましたし、成り行きに任せることにします。

この記事へのトラックバック