パワーリンゴ

アクセスカウンタ

zoom RSS モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、全12回のまとめ。

<<   作成日時 : 2018/12/06 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

< 台車中心間距離は実測で約68mm = である調 >


だいぶ端折ったつもりの本連載も12回を数えてしまった。前回のちどり号製作記が6回に対して、ホジ3のボディサイズは約2倍だから計算どおり……って、んな単純なものかね?

画像

では、以下にまとめよう。

前半戦、下回りと動力にエネルギーを集中。

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その1。キット全容と「夏姿」について。(2018/11/21)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その2。地道なパーツ修正と、美しい点対称配置。(2018/11/22)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その3。ハンドレールノブの植え込みと平行四辺形と甘い予測。(2018/11/23)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その4。お顔の縦樋はリアリティとデフォルメの狭間で……。(2018/11/24)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その5。ディテール豊かなエンジン回りと、トラス棒のポカミス。(2018/11/25)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その6。メンテナンス性向上と急曲線対応を目論んだ動力の改造。(2018/11/27)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その7。カプラーの首振りに挑んで小細工するも……微妙な出来。(2018/11/28)

後半戦、塗装後の作業が多くて辟易。

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その8。いつになく真剣な塗装で特徴的なカラーリングを再現。(2018/11/29)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その9。溝を越えられないインレタ、30分硬化型の活躍。(2018/11/30)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その10。鬼のハンドレール接着を経て、ついに完成っ。(2018/12/01)

写真特集とおまけ。

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その11。色味に腐心した写真特集号。その9の答えも。(2018/12/02)

モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その12。動力調整について。集電ブラシと絶縁材の接触に注意。(2018/12/05)

なお、例のR50極小パイクを走ることは不可能。実験するまでもないが、念のため入線させて100%脱線することを確認した。ホジ3クラスのボギー車が無理なく走れる小型レイアウトも構想中だけれど、まぁオリン……大阪万博が開催される頃までに完成してるといいかもって感じぃ〜。


頚城鉄道 (RM LIBRARY (77))
ネコ・パブリッシング
梅村 正明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


頸城鉄道の新黒井駅舎は車両と同じくらい人気のあるストラクチャ。昔、雑誌に掲載された見事なスクラッチ作品を今でも覚えているよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、その12。動力調整について。集電ブラシと絶縁材の接触に注意。
< 21世紀の鉄道模型にあってなお動力の調整は深淵 = である調 > ...続きを見る
パワーリンゴ
2018/12/06 10:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モデルワーゲン 「頸城のホジ3」製作記、全12回のまとめ。 パワーリンゴ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる